灼熱の昆虫観察会!

最終更新日 2016年8月22日

ページID 057863

印刷

灼熱の昆虫観察会!

 8月7日、旭山自然観察会「虫と友だちになろう」を開催しました。
この日の旭川はこの夏一番の暑さで気温35度の中、親子総勢23名のにぎやかなイベントとなりました。
 まずはみんな一緒に草原で虫取りです。ちびっこは暑さも忘れチョウやバッタ、キリギリス、トンボたちを追いかけます。そのあと木陰の下で捕まえた虫を見ながら、バッタとキリギリスの見分け方をお勉強。チョウやセミ、トンボのお話があって、次なる虫は砂場に穴がたくさんあるところへ…名前は知ってるけど姿は見たことないでしょう!「ありじごく」です。生の「ありじごく」を見ながらの詳しい解説は大人も子供も興味津々!この会一番の盛り上がりでした。最後はアリの行列を見ながら実験をして終了です。
 暑かったので早めに終わらせるつもりでしたが、何か楽しくなっちゃって(自分が)終了時間を少し過ぎてしまいましたが、参加者の方も楽しそうに虫とふれあい、たくさんのことを学び「虫と友だちになれた」と思います。とても楽しい夏のひと時でした。

 
アリジゴク

アリジゴクって?

 

解説中

解説中!

キリン・飼育担当主査:中田真一