旭山にゅーす・ぶろぐ

【お知らせ】一覧

このページでは「お知らせ」の記事のみを掲載しています。

「お知らせ」ではイベントなどタイムリーな情報を紹介します。

2021年8月のお知らせの記事

2021年9月の壁紙カレンダーができました

2021年9月カレンダー

9月の壁紙カレンダーの動物はオオコノハズクです。

9月のWEBカレンダーの動物はオオコノハズクです。

オオコノハズクは、体長24センチくらいの小型のフクロウで、頭についた羽角と赤みの強い橙色の目が特徴です。

北海道には主に夏鳥として渡って来ますが、日本各地に生息しており、平地から低山の森林で繁殖します。

ネズミ類のほかにカエルや昆虫類、クモなども捕食します。


 WEBカレンダーのダウンロードはこちら。

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。
カレンダー2107_16:9(画像形式(JPG) 1,678キロバイト)
カレンダー2107_16:10(画像形式(JPG) 1,888キロバイト)
壁紙2107_iphone(画像形式(JPG) 578キロバイト)

過去の壁紙カレンダー

過去のカレンダー
2021年8月分(アビシニアコロブス)
2021年7月分(インドクジャク)
2021年6月分(ワオキツネザル)
2021年5月分(エゾモモンガ)
2021年4月分(フラミンゴ)
2021年3月分(オオワシ)
2021年2月分(キングペンギン)
2021年1月分(エゾユキウサギ)
2020年12月分(キタキツネ)
2020年11月分(レッサーパンダ)
2020年10月分(カバ)
2020年9月分(ブラッザグェノン)
2020年8月分(ホッキョクグマ)
2020年7月分(アビシニアコロブス)
2020年6月分(アムールトラ)
2020年5月分(カバ)
2020年4月分(ニホンザル)
2020年3月分(エゾシカ)
2020年2月分(ホッキョクギツネ)
2020年1月分(モルモット)

旭川市がまん延防止等重点措置の地域指定を受け、8月20日から9月12日までの期間、本園は開園していますが、5,000人を上限に入園者制限を行っています。

上限を超えた場合は、入園を一時制限します。その際は、30分程度お待ちいただくことになります。

昨年の8月下旬から9月中旬にかけて(GoToトラベル実施期間中)の来園者は、平日で1,000人~2,000人台、土日祝日では、2,000人~4,000人台でした。

来園者及び園内滞在状況の実績についてお知らせしますので、来園の際の参考にしてください。

なお、平日については混雑が予想されないため、このお知らせは、9月12日までの土日祝日のみ掲載します。

来園者及び時間別滞在者状況
来園者数 11時00分 12時30分 14時00分
8月21日(土) 1,899人 550人 500人 400人
8月22日(日) 2,121人 707人 706人 491人

※園内滞在者は、11時から13時頃が1番のピークを迎える傾向にあります。

旭山動物園障がい者夜間特別開園について(中止としました)

旭川市がまん延防止等重点措置の措置区域に指定されたことに伴い、9月11日に開催を予定していました標記の事業につきましては中止とさせていただきます。

御参加を予定されていた皆様には大変申し訳ございませんが、御理解のほどよろしくお願いいたします。

旭川市が8月20日付けで、まん延防止等重点措置の措置区域に指定されましたことに伴い、本園の営業を次のとおりとさせていただきます。

御理解と御協力をよろしくお願いします。

なお、8月26日までは通常開園し、翌27日から9月12日までの期間は臨時休園させていただきます。

今後の状況によりましては、変更する場合もありますので、本園ホームページ又はSNSで御確認いただくか、直接、お電話にてお問合せください。

新着情報

  • 来園者数及び園内滞在者状況(土日祝日)を掲載します(8月22日更新) 詳しくはこちらをご覧ください。

1 適用期間

令和3年8月20日(金)から9月12日(日)まで

※まん延防止等重点措置期間

2 営業について

(1)通常通り開園します

開園を9時30分、閉園を17時15分(最終入園16時)として時間の短縮等は行いませんが、もぐもぐタイムやなるほどガイドなどの園内ガイドや、動物のふれあいは行いませんので、御承知おきください。

(2)入園者制限を行います

園内の滞在者の上限を5,000人とし、入園者数と退園者数を集計し、上限を超えた場合は、入園を一時制限します。その際は、30分程度お待ちいただくことになります。

昨年の8月下旬から9月中旬にかけての来園者は、平日で1,000人~2,000人台、土日祝日では、2,000人~4,000人台でしたが、園内が密にならない環境を確保するため、園内滞在者の上限を設定させていただきますので、御理解と御協力をよろしくお願いします。

3 新型コロナウイルス感染防止対策

(1)新北海道スタイル

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ご来園される皆様には、「新北海道スタイル」に基づいてご協力をお願いします。

新北海道スタイル(PDF形式 241キロバイト)

(2)ご来園される方へのお願い

  • 熱や風邪の症状のある方はご来園をお控えください。
  • 園内への入園の際は、手指の消毒及び消毒マットの通過をお願いします。
  • 館内ではマスクの着用をお願いします。
  • 来園中の発熱や体調がすぐれない場合は、園内中央のサポートセンターにお越しいただくか、近くのスタッフにお声がけください。
  • 動物の観察や食事の際は、他の来園者と一定の距離を確保いただくとともに、展示室内では、1歩離れるくらいの意識をお持ちいただき、混雑時はできるだけ立ち止まらずご覧ください。

(3)園内での対策

各施設の取組事項

  • 屋内展示施設の排煙窓を常時全開にして施設内を換気します。
  • 展示室及び休憩所等の屋内施設と屋内に設置されている手すりの消毒を定期的に行います。
  • 各券売所、改札、休憩所、トイレに消毒用アルコールを配置しています。
  • 各休憩所に飛沫感染防止用としてアクリル板を配置しています。
  • 使用後の貸出用の傘、ベビーカー、車椅子を消毒します。
  • 園内トイレに便座除菌用スプレーを配置しています。
  • 授乳室やトイレなどに光触媒による抗菌処置を施しています。
  • 主な屋内展示施設にイオンクラスター除菌装置を設置しています。
  • 主な屋内展示施設にCO2センサーを設置し、施設内における混雑状況を可視化しています。

各種イベント等の取扱い

密集・密接につながるイベント等は中止とします。

  • 屋内で実施するガイドは当面中止。
  • 屋外で実施するもぐもぐタイム、なるほどガイド、動物のふれあい、ワンポイントガイドは当面中止。
  • 記念撮影サービス、飴細工、イベント的な商業行為の当面中止。

園内飲食店・売店での取組

  • 酒類の販売(土産品は除く)は当面中止。

混雑状況時の対応について

  • 開園時刻における正門券売所・改札での行列発生時には、間隔を空けて行列整理できる空間を確保します。
  • 屋内展示施設の混雑状況を把握し、案内スタッフが入館者に事前にアナウンス及び入館制限を行います。 

4 パスポートの有効期限について

2021年5月17日から6月20日まで臨時休園となりましたので、対象となるパスポートをお持ちの方はその期限を延長します。詳しくはこちら

「おじいちゃん、おばあちゃんと夜の動物園に行こう」について(中止としました)

旭川市がまん延防止等重点措置の措置区域に指定されたことに伴い、9月19日に開催を予定していました標記の事業につきましては中止とさせていただきます。

御参加を予定されていた皆様には大変申し訳ございませんが、御理解のほどよろしくお願いいたします。

(仮称)えぞひぐま館ができるまで part5~施設の全景が見えてきました~

 進捗率50%

 地上部分の工事に移り変わって早2ヶ月。

 どんどん型枠が作られ、コンクリートを流すという作業が続き、あっという間に施設の全景が見えてきました。

 今回は完成模型と照らし合わせながら館内の工事の状況を紹介していきます。

 『(仮称)えぞひぐま館ができるまで』のトップページはこちら

全景の移り変わり(ちんぱんじー館屋上から撮影)

7月

 7月の様子

 1階部分の壁などの部分が終わり、天井部の鉄筋が組まれました。

8月

 8月の様子

 2階部分の型枠と鉄筋が組まれました。

 館内部分の大がかりなコンクリート工事は一段落します。



館内入口~屋内放飼場までの通路部分の様子

入口
模型入口

(1)館内入口部分の様子(右の写真:完成模型)

 型枠などが外れ、館内入口部分(右側)が姿を現しました。左側は小さいですが、第3放飼場があります。


通路
模型通路

(2)館内通路の様子(右の写真:完成模型)

 右側には大きな窓が3つあり、外の放飼場を眺めることができます。


通路2
模型通路2

(3)館内通路の様子(右の写真:完成模型)

 (2)を通り過ぎると、今度は左側には大きな窓が3つあり、滝とせせらぎが流れる場所を見ることができます。


放飼場
模型放飼場

(4)外放飼場の様子(右の写真:完成模型)

 外放飼場の一番高い部分からの眺めです。タンチョウ舎やエゾシカの森、オオカミの森を見ることができます。ヒグマだけがこの景色を見ることができます。


放飼場2
模型放飼場2

(5)来園者側からの様子(右の写真:完成模型)

 手前が高さ約4mのモートがあり、檻なしでヒグマを見ることができる場所です。手前から奥にかけて、どんどん高さがあがっていく施設になります。


現在までの工事の状況説明(完成予想図から)
完成予想図5

 今回は完成予想図の番号がついている場所を紹介してきました。

 今回はここまでとなります。これからはいよいよ残っている池がある部分の工事が始まります。同時に型枠なども外れていくと思います。施設内部もまだ紹介できていない場所もあるので、型枠など外れたら紹介してきていたいと思います。

『(仮称)えぞひぐま館ができるまで』のトップページはこちら