旭山にゅーす・ぶろぐ

【お知らせ】一覧

このページでは「お知らせ」の記事のみを掲載しています。

「お知らせ」ではイベントなどタイムリーな情報を紹介します。

2017年7月のお知らせの記事

2017年8月の壁紙カレンダーができました

5月カレンダー

 今月のカレンダーはニホンザルです。

 ニホンザルは日本で暮らしているサルの中でも最も寒い地域に生息するサルです。群れで行動し、通常数十頭で構成されますが、大きな群れとなれば数百もの群れになります。

 当園では「さる山」の改修工事を昨年度から行い、今年の4月29日から新しくなった「さる山」が公開されました。乗るとバネがしなり動く止まり木や、ロープに吊られた空中遊具などでは更に生き生きとしたサルの行動を観察できます。

 ちなみに、この写真は「夜の動物園」のさる山をここ数年に撮影したものとなっております。

 群れには新しい子も生まれており、小さな子ザルが遊ぶ姿も見られます。

 当園へお越しの際にはぜひさる山へお越しください。

WEBカレンダーのダウンロードはこちら

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。

【800×600】  
【1024×768】  
【1280×1024】
【1280×800】  
【1366×768】 
【1680×1050】

過去の壁紙カレンダー

 

過去のカレンダーはこちらからご覧ください
2017年7月分(トナカイ)
2017年6月分(オランウータン)
2017年5月分(アザラシ・ダチョウ)
2017年4月分(ホッキョクグマ)
2017年3月分(タンチョウ)
2017年2月分(シロフクロウ)
2017年1月分(ニワトリ(ポーリッシュ))
2016年12月分(エゾタヌキ)
2016年11月分(レッサーパンダ)
2016年10月分(シンリンオオカミ)
2016年9月分(ヨーロッパフラミンゴ)
2016年8月分(シロテテナガザル)
2016年7月分(アムールトラ・ユキヒョウ)
2016年6月分(アビシニアコロブス)
2016年5月分(シマフクロウ)
2016年4月分(レッサーパンダ)
2016年3月分(オオタカ)
2016年2月分(エゾユキウサギ)

 

「外来カエル特別展示in旭山動物園」を開催します(7月29日)

ヒキガエル

北海道内には、現在5種類の外来種のカエルが生息しています。このことで北海道内の自然にも影響が生じており、外来種がどのような影響を与えているのかを知らない人も多いと思います。今回、「外来カエル特別展示in旭山動物園~見て学ぼう!北海道のカエルたち・各地にひそむ外来種~」を行うことで、外来種のカエルについて多くの方に知ってもらい、今後の外来種の拡散予防と侵入防止を図り、監視の目を増やすことを目的としています(今回の展示&イベント旭山動物園と酪農学園大学の共催により実施します)。
どなたでも参加&ご覧できる楽しい内容となっています。皆さん是非お越しください!

日時 

平成29年7月29日(土)9:30~16:30

場所

旭山動物園内学習ホール2階

入場料

無料 ※別途入園料が必要

共催

旭川市旭山動物園 酪農学園大学

内容

生体展示

「ウシガエル」「トノサマガエル」「トウキョウダルマガエル」「ツチガエル」「アズマヒキガエル」

パネル展示

「外来種とは」「外来カエル類」「ネットワークの活動紹介や報告」「その他外来種」「まとめ」
 

カエルの鳴き声聞き比べコーナー

アカガエル

【在来種】アマガエル・エゾアカガエル と 【外来種】ウシガエル・トノサマガエル・トウキョウダルマガエル・ツチガエル・アズマヒキガエル の鳴き声を再生して聞き比べ 

特別イベント 

○13:00~13:30 カエル勉強会&カエルクイズ
 参加者&正解者に酪農学園シールをプレゼント!
○14:00~14:30 トノサマガエルタッチプール

○11:00~12:00、15:00~16:00 生き物お絵かきコーナー
 カエルをはじめとした様々な生き物の絵を描いて、完成した絵はラミネートしてプレゼント!
 

北極冒険家・荻田泰永さんと坂東園長による特別授業「北極&ボルネオ・地球をめぐる動物トーク!」を行います(7月23日)。※要事前申込 

7月23日(日)に北極冒険家・荻田泰永さんと当園の坂東元園長による特別授業「北極&ボルネオ 地球をめぐる動物トーク!」を園内学習ホールにて行います。

荻田さんが、北極で出会ったホッキョクグマや北極の他の動物たちについて、坂東園長が、ボルネオ島で出会ったボルネオゾウやオランウータンについてのお話をクロストークを交えながらそれぞれ行います。

普段なかなか聞くことのできない貴重なトークです。

なお、参加には事前申込が必要です。皆様、ぜひお申込みください。

荻田さん

北極冒険家・荻田泰永さん

北極1
北極圏(イメージ1)
北極2
北極圏(イメージ2)


 7月23日特別授業チラシ(PDF形式 1,272キロバイト)

主催

株式会社コープトラベル 協力 旭川市旭山動物園

日時

7月23日(日)午前10時00分~午前11時00分

場所

旭山動物園内 学習ホール2階

対象

どなたでも(定員50名)

参加費

無料(入園料が別途必要です)

申込先

株式会社コープトラベル

電話:011-851-7411
【営業時間】月-金/10時~18時 土/10時~15時 日・祝/休み

申し込み詳細はこちらです

応募締切

7月22日(土)まで ※空きがあれば当日参加可能です。

 

旭川大学短期大学部の学生さんによる、お子様向け演劇サマーイベントが行われます(7月16日・17日)

チラシ表
チラシ表※クリックでダウンロード可
チラシ裏
チラシ裏※クリックでダウンロード可

旭川大学短期大学部幼児教育学科・椎名ゼミナールの学生さんによる、お子様向けの演劇サマーイベントが行われます。

同短大・椎名ゼミが、旭山動物園でイベントを実施するのは今回で5回目です(過去4回のうち、1回は昨年7月にサマーイベントとして、3回は毎年12月のクリスマスイベントとして実施)。学生さん達が、手作りの舞台で、動物が繰り広げる楽しい世界を上演します。今回は2本の演目です。

いずれも学生さんによる手作り感あふれる内容となっていますので、お子様だけではなく、大人も楽しむことができますよ。

また、ご来場のお子様には学生さんからのプレゼントもありますよ!

ぜひ皆さんお越しください。

開催日

平成29年7月16日(日曜日)、7月17日(月曜日・祝日)の2日間  開場 12:30 開演 13:00

写真1

(写真はイメージです)

会  場

旭山動物園内 学習ホール2F

写真2

(写真はイメージです)

演  目

  • パペット劇場「あっちこっちサル山」
  • マジカルシアター「ヘーテカ ハテナ??アニマール

※2つ続けて上演します(約40分)

観覧料

無料(別途入園料がかかります)

後 援

旭川市、旭川市教育委員会

問い合わせ

旭川大学短期大学部・椎名(電話0166-48-3121)

 

今年も雨傘を寄贈していただきました。西門をはじめとした各門に置いていますので、お気軽に御利用ください。

 傘 傘1

この度、西門前で駐車場を営業されている「どうぶつえん西門前有料駐車場」様から、来園された皆様に役立ててほしいと300本超の雨傘を寄贈していただきました。

入園された皆様が快適に動物園でのひとときを過ごせるようにと、平成21年から毎年継続して、これまでに累計2、700本超の雨傘を寄贈していただいています。

皆様には既にお馴染みとなりました鮮やかなオレンジ色で、動物園及び開園50周年記念ロゴマーク、園内マップがプリントされた可愛い雨傘です。

西門をはじめとした各門に置いていますので、入園された皆様はお気軽に御利用ください。

また、「どうぶつえん西門前有料駐車場」様には、手洗い用消毒液や、西門トイレともうじゅう館トイレ、学習ホール前トイレに設置していますウォシュレットも寄贈していただき、皆様に御利用いただいております。

これらの多大なる御貢献に旭山動物園より深く感謝申し上げます。

どうぶつえん西門前有料駐車場のホームページはこちら

URL:http://www.zoop.jp

発泡スチロール協会主催「シロクマキャンペーン」によるお魚プレゼント&ステージイベントが行われます(7月15日)

お魚プレゼント

(昨年のお魚プレゼントの様子)


発泡スチロール協会では、地球温暖化により絶滅が危惧されるホッキョクグマを応援し、「STOP地球温暖化」のメッセージを発信するシロクマキャンペーンを全国で行っており、これに関連して、旭山動物園でも毎年ホッキョクグマへのお魚プレゼントを実施いただいております。

そして今年、シロクマキャンペーンが10回目の節目となることから、同じく開園50周年の節目を迎えた旭山動物園において、7月15日(土曜日)に同協会主催による記念イベントが開催されることになりました!

当日の記念イベントでは、ホッキョクグマへのお魚プレゼント贈呈式のほか、発泡スチロール大使の「ハッポウくん」(発泡スチロールを使った芸人さん)によるショー実験クイズなどが行われます。

皆さんぜひ来てくださいね。

日 時

平成29年7月15日(土曜日) 午前10時00分から午後3時30分頃まで

場 所

園内野外ステージ

  • ホッキョクグマへのお魚プレゼント贈呈式 (午前10時00分~)
  • ハッポウくんステージショー (午前11時40分~、午後1時00分~、午後3時00分)
  • 実験・クイズ(10時~15時・随時)

ほっきょくぐま館カプセル側放飼場

  • ホッキョクグマへのお魚プレゼント(午前10時30分~、午後1時30分~)

園内各所

うちわの配布(10時~15時・随時)

その他

イベントへの参加は無料です(ただし、別途入園料がかかります)。

このほか詳細は、発泡スチロール協会HPをご覧ください

オフィシャルグッズ「旭川市旭山動物園開園50周年記念誌」を販売中です!

記念誌

この度、旭山動物園の開園50周年を記念し、「旭川市旭山動物園開園50周年記念誌」を製作、7月1日の開園記念日よりオフィシャルグッズとして販売中です。

1967年の開園以降、旭山動物園で起きた様々な出来事を各年代ごとに紹介し、50年の歴史を振り返るとても詳しい内容となっています。

表紙を飾るのは、元旭山動物園飼育員のあべ弘士さんが描いたオオカミのイラストです。

また、飼育動物一覧なども掲載しており、とても読み応えのある一冊となっていますので、皆さんぜひお買い求めください。

記念誌について

価格

税抜本体価格:1、000円

販売場所

園内各売店にて販売中です(園内のみでの販売となります。)

旭山動物園を応援して、あなたの御名前を旭山動物園「“もっと夢”基金の木」に残しませんか!!(ふるさと納税対応)

 バナー

1 制度の趣旨 

旭山動物園「“もっと夢”基金の木」基金の木プレート 

旭山動物園では2007年に理想の動物園づくりを目指し、更なる夢を皆様の御支援御協力を頂きながら実現することを願い、「あさひやま“もっと夢”基金」を設立しました。個人の方や多くの企業・団体様からの多大なる御寄附を頂き、新たな展示施設の建設や動物の購入など、皆様と共に“夢”を具現化し、実現し続けています。

 「あさひやま“もっと夢”基金の木」は、開園50周年(2017年7月1日)を記念し、設置しました。
御寄附をいただいた方のお名前が刻まれた葉がつけられ、多くの皆様の思いが形に残り、この木の生長と共に旭山動物園は「命を伝え、未来へつなぐ」動物園として成長していきます。

「あさひやま“もっと夢”基金の木」は旭山動物園と共に歩んできた株式会社厚友会様からの寄贈により設置されたものです。

2 条件等

(1)寄附対象者

個人

(2)寄附金額

20,000円以上

(3)寄附に対する特典

     ア 寄附された方が御希望する氏名と日付、及び整理番号を刻印した葉型プレートを動物園内の基金の木へ取り付けます。
    イ 最初に入園した日から1年間何度でも入園可能な会員証をお送りいたします。
    ※「“もっと夢”基金の木」へ寄附された場合、旭川市の特産品等の贈呈はございません。

その他

(1)「“もっと夢”基金の木」への寄附の申込につきましては、別紙申込書を記載の上、旭山動物園に直接お送りください。

 ポータルサイト(さとふる・ふるさとチョイス)からの申込はできません。御了承下さい。
(2)「“もっと夢”基金の木」への寄附金は、その全額を「あさひやま“もっと夢”基金」に積み立て、動物展示施設の整備や動物購入に使われます。
(3)本制度に係る寄附は、ふるさと納税を含め、国等への寄附に該当することから、税法上の控除を受けることができます。

「“もっと夢”基金の木」のチラシ

チラシ表紙