旭山にゅーす・ぶろぐ

このページでは、しいくニュースやお知らせ、ブログなど「すべて」の情報を一覧で見ることができます。

下記の文字をクリックすると各テーマ毎の内容がご覧になれます。

2021年2月のすべての記事

「うんち!」

 ※今回のブログでは、うんちの画像を使用していますので、あらかじめご了承ください。


 「突然ですが皆さん、うんちの絵を描いてみてください。」

 と言うと、おそらくこんなうんちを書く方が多いのではないでしょうか?

うんちの絵

ザ・うんち


 皆さんは実際にこんな形のうんち見たことありますでしょうか?

 少なくとも犬や猫のうんちでもあんな形のものは見たことないし、いや、まさか他の人はあんな形のうんちをしているのか?

 と、自分の中で長らくの疑問であり、これがうんちのイラストとして一般化されているのも不思議なものだなと思いながら日常を送っていました。

 念願のうずまき

念願のうずまき


 ついに、ついに、ついに発見しました。

 これはレッサーパンダのチャーミンがペレット(固形飼料)を食べた後のうんちです。

 毎日あるわけではなく、稀にこの形になるようです。

 最初に発見したときはとてつもなく感動しました。

 ただ、SNSにこんな画像を上げるとBANされかねないので、ブログだなと思い温めておいた写真です。


 さて、ここから真面目な話もしますが、レッサーパンダの『主食』は植物でありながら、消化器官は肉食の構造をしているので、植物をあまり上手に消化することが出来ません。

 また、人間のようにご飯とおかずを交互に食べるような食べ方もしないので、好きな物から順番にまとめて食べていきます。

 結果として、レッサーパンダのうんちは食べた物の種類ごとに未消化のものが混じった状態で排泄されます。

 例えば、竹のうんちは竹の繊維が混じっており、ふんわりと竹の匂いがします。

 リンゴのうんちはリンゴの実や皮が混じっており、甘い匂いがほのかにします。

うんちの写真

 左から、竹・リンゴ・ペレット


 そんなうんちを実際に見れるのがこちら。

大人気生うんち

大人気生うんち


 毎日その日出た新鮮なうんちを展示しているので、匂いも残っていることと思います。

 うんちというのはすごいもので、やんちゃ盛りのちびっ子から、おふざけが楽しい学生達、純粋に興味を持ってくれる大人の方まで、老若男女問わず興味を示してくれる展示物なんだなと深々と思います。


 もちろん我々飼育員にとっては貴重な情報源であり、動物のうんちでも健康状態をチェックします。

 うんちの中に寄生虫や血が混じっていないか。柔らかさや色。異物を飲み込んだときはきちんと排泄されているか。

 また、うんちからホルモン物質を調べたりと研究にも使われることもあリます。


 動物園に来た際も、「どうしてカバはうんちをわざわざ撒き散らすんだろう?」とか、「ヘビはうんちをどこから出すんだろう?」みたいに、何か一つのテーマを持って見て歩くと普段気にならない新しい気付きが発見できるかもしれませんね。


小獣舎・両生類・は虫類舎担当:鈴木達也

令和3年1月27日にオジロワシ1羽の衰弱個体が回収され、2月3日に高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)が検出されたことに伴い、回収地点の周辺10km圏内が野鳥監視重点区域に指定され、旭山動物園も区域内であることから、1月28日から2月26日までの期間、環境省指針及び旭山動物園高病原性鳥インフルエンザ対応マニュアルに基づく対策を行っておりました。

この度、2月26日24時をもって、野鳥重点監視区域が解除されましたことから、実施しておりました次の対策を解除し、2月27日から通常の開園となります。

解除内容

対象動物であるニワトリ・アヒル・ダチョウの展示

(1)ニワトリとアヒルの展示中止・観覧エリアの封鎖を解除します。

(2)かば館内のダチョウの展示中止・観覧エリアの封鎖を解除します。

ペンギンの散歩

ペンギンの散歩を再開します。

なお、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大、収束に向けての感染防止の観点から、人を動かす呼び水にならないことを主眼に、積極的な広報活動(開始時刻等)は行わないこととしております。

園内でも開始時刻の公表は行わず、場合によっては、閉園時間後の実施や、積雪状況等から中止する場合もありますので、ご理解くださいますようお願いします。

園内への進入車両のタイヤ消毒及び搭乗者の靴底消毒

人為的にウイルスが園内に持ち込まれることを予防するため、実施していました当該車両のタイヤ消毒と搭乗者の靴底消毒につきましては、解除とします。

なお、来園者の靴底の消毒は通年で行っておりますので、ご理解とご協力をお願いします。

イボイノシシの「ドゥニア」の訃報について

ドゥニア
死亡した「ドゥニア」

 2月23日夕方、イボイノシシの「ドゥニア(オス、6歳)」が死亡しました。


 2月16日の朝から体調を崩し、治療を続けていましたが、23日にはエサも食べることができなく、自力での移動もできず、23日の夕方に死亡しました。


 解剖の結果、心不全と診断していますが、内臓等も異常が見当たらず、病理解剖等で詳細を究明していくことになります。

2021年3月の壁紙カレンダーができました

2021年3月カレンダー

3月の壁紙カレンダーの動物はオオワシです。

3月のWEBカレンダーの動物はオオワシです。

オオワシはオジロワシよりもやや大きく、翼を広げると2m以上、体重も5キロ以上になります。

黒色の体に翼の一部や尾羽などが白く、大きな黄色い嘴を持っています。この一見派手な羽色も、枝に雪をかぶせた針葉樹の中に入ると保護色になり目立ちません。

個体数は5,000から6,000羽と推定され、開発による繁殖地の減少や鉛中毒などにより生息数が減少し、絶滅が危惧されています。

雪景色の中、白と黒のコントラストが鮮やかなオオワシを観察してみてください。


 WEBカレンダーのダウンロードはこちら。

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。
カレンダー2103_16:9(画像形式(JPG) 1,859キロバイト)
カレンダー2103_16:10(画像形式(JPG) 2,084キロバイト)
壁紙2103_iphone(画像形式(JPG) 702キロバイト)

過去の壁紙カレンダー

過去のカレンダー
2021年2月分(キングペンギン)
2021年1月分(エゾユキウサギ)
2020年12月分(キタキツネ)
2020年11月分(レッサーパンダ)
2020年10月分(カバ)
2020年9月分(ブラッザグェノン)
2020年8月分(ホッキョクグマ)
2020年7月分(アビシニアコロブス)
2020年6月分(アムールトラ)
2020年5月分(カバ)
2020年4月分(ニホンザル)
2020年3月分(エゾシカ)
2020年2月分(ホッキョクギツネ)
2020年1月分(モルモット)

【アフリカウシガエルの捕食】

 奇蟲ファンのみなさん、こんにちは!大西です。

 さて今回はアフリカウシガエルをご紹介しましょう。

1

 こう見るとコミカルな?表情をしています。大きなお口がキュート!

 しかし彼らの口が大きいのは「口に入るものなんでも食べてしまう」から。野生下では昆虫のみならずネズミや小鳥まで捕食するといわれます。獰猛な捕食者でもあるのですね。

 動物園では餌に何を与えているかというと・・・

2

 ジャジャーン!マダガスカルゴキブリです!!

 マダゴキは順調に繁殖しているので、増えた個体はウシガエルの餌とすることで、園内で生態系が成り立っているのです。

 ウシガエルが動いているところを見たことがある来園者の方はほとんどいないかもしれません・・・でも給餌の時は驚くほどのスピードでマダゴキを捕らえます。

 このたびウシガエルの捕食シーンを動画に収めましたので、アップします!

 ある研究によると、カエルが舌を伸ばす速度は秒速4000mだそうです。マッハ12に相当し、ジェット戦闘機の約4倍です。

大型種であるアフリカウシガエルの舌はマッハ12までは無いかもしれませんが「本気出したら素早い」というのはご覧いただけると思います。

「活き餌を食べるシーン」に抵抗がある方もおられるでしょう。でも、旭山で一貫して行っている「行動展示」や「もぐもぐタイム」。捕食も重要な行動の一つですし、餌イコール「他の動植物のいのち」です。いのちがいのちを食べるのは自然な事なのです。

 私たちは毎日を過ごす中でいのちを奪い「いただいている」ことを実感することがほとんどありませんから、「自分も毎日いのちを食べている」という当たり前の事を忘れてしまいがちですね。

 ちょっと衝撃的かもしれませんが、動物の能力、そして命の恵みへの感謝を感じていただきたく、こうした動画もアップしていきたいと考えています。

「どうしても見たくない」という方は視聴をご遠慮ください。

 ↓↓ご覧になりたい方はこちらをクリック!

youtu.be/pHc63pPF1Bk(新しいウインドウが開きます)<リンク先>【閲覧注意】アフリカウシガエルがマダガスカルゴキブリを捕食

(アフリカ水槽担当:大西 敏文)

ヤギの「かん太」の訃報について

かん太
死亡した「かん太」(昨年夏の様子)

 2月21日の13時30分頃、ヤギの「かん太」が死亡しました。10歳でした。

 2月21日の朝、小屋で起き上がれない状況で発見され、その後一度は自力で立ち上がりましたが、昼頃には倒れ込み、体を起こすこともできなくなり、その後死亡が確認されました。

 解剖の結果、老衰(歯の極度の摩耗と誤えん性肺炎)でした。

「旭山動物園だより」&「あさひやまどうぶつえんみにだより」の最新号を発行しました!

2月14日の朝、ほっきょくぐま館で、こんな光景を見かけました。
ホクトとピリカ
 プールでホクトとピリカが、水しぶきをあげながらじゃれあっていました。

なんとも微笑ましい姿ですね…。

だいぶ2頭の距離が縮まってきているようです。
ホクトとピリカ2

さて、先日新しい「動物園だより」と「どうぶつえんみにだより」を発行しました。

「動物園だより」では、アミメキリンの結の出産のニュースや
動物たちの雪の中のすごし方を紹介しています。

「どうぶつえんみにだより」では、冬にしか見られない
「ゆきのうえのあしあと」をいくつか紹介しています。

ぜひ、動物たちの観察をするときの参考にしてみてくださいね。

投稿者:動物図書館 北川 裕美子

旭山動物園だより274号

内容: アミメキリンの結が出産しました ほか

274

「旭山動物園だより」はこちらからダウンロードできます(新しいウインドウが開きます)

 あさひやまどうぶつえんみにだより107号

内容:ゆきのうえのあしあと

  107

「あさひやどうぶつえんみにだより」はこちらのページからダウンロードできます。(新しいウインドウが開きます)

ゴマフアザラシの「カムイ」の訃報について

カムイ
死亡した「カムイ」

 2021年2月18日にゴマフアザラシの「カムイ」(メス、20歳)が死亡しました


 あざらし館で飼育していたカムイは妊娠の可能性が高く、2021年3月末の出産を見込んでいましたが、予定より1ヶ月以上早い2月17日の午後に水中で陰部から胎子の頭が出ていることを確認しました。通常出産は陸上で行われること、時期が早いことから流産しかけていると判断し経過を観察していましたが、同日中は胎子は出てきませんでした。

 2月18日の朝の段階では陰部からは膜状の組織のみが出ており、すでに流産したと判断し、カムイもやや元気のない状態でしたが、同日12時頃水中で死亡した状態で発見しました。


 解剖の結果、胎子は子宮内に残っており、胎子が入った子宮が捻転(途中でねじれている状態)していたことから、流産過程の前後で子宮捻転を起こし胎子を排出できなかったと考えられました。死因は子宮捻転によるショック(急性循環不全)と診断しました。


 <カムイの来歴>

 2000年春 幼獣の状態で保護

 2001年6月13日 釧路市動物園から来園

 旭山動物園では3頭の子が成育

【ヘコんでるわー。】

 皆さんこんにちは。今年の冬はいかがお過ごしでしょうか?

 今回は冬のペンギンたちの様子をお知らせしたいと思います。

1

 この写真はぺんぎん館の放飼場。外の地面を写したものです。黒っぽくなってる所、この部分は雪(氷に近い)がヘコんでるんですけど、何のヘコみかというと・・・

 ジェンツーペンギンが腹ばいで寝ていた跡なんです。

2

 これは砂利の上ですが、イメージとしてはこんな感じ。

 すっかり体の形に雪がとけてますねー。

3

 最近のキングペンギンは、日中比較的外に立っている事が多いうえに、動かない!!なので足型のヘコみがいっぱいできます。

 少し暖かい日はペンギンの足の模様までハッキリ。(ブツブツ キャー>*0*< )

4

この足型がハッキリ残ります

 私たち人間だってはだしで雪の上に立てば足型にヘコんでいくでしょうが・・・ねー!!

まずやりたくないですねー。サムイ。

ペンギンって足冷たくならないの?なんて声も聞こえてきますが大丈夫!それに暖房がきいている。自由に出入りできる放飼場もあるので、寒かったり冷たかったりすればそちらへ移動すれば良いのです。まあつまりは自らの意思で外に居るってことですね。

ジェンツーペンギンの場所はヘコみが深くなったりするので、同じ場所に何度も来てるんでしょうね。お気に入りの場所なのかしら?

私はフンボルトペンギンと同じで暖かい方が良いので、早く春になる事を願っています←切実

(ぺんぎん館担当:木下 友美)

ゲンちゃん日記・令和3年2月「安心して見守れる母親の結」

ki

(きれいな顔立ちをした、結の子)

 早くも1月中旬です。相変わらず霧の中で過ごしているような日々で、時間だけが過ぎていきます。今は平穏に冬期開園を続けることに専念します。来園者数は、直近では対前年比約85%減が続いていますが、最近は、近郊に住む子供
連れの方が目立つようになりました。子供たちの笑顔に、ほっとさせられます。それにしてもスタッフの感覚が現在の状況に急速に慣れてきており、土日に1日700人くらい入園者がいると「今日は結構たくさん来ていたね!」となります。色々と考えなければならないことが山積みですが、今はこれでいいのだと納得するようにしています。
 さて、報告が遅くなりましたが、昨年の暮れにアミメキリンが誕生しました。母親の結にとっては、2度目の出産です。3年前の初産の時も落ち着いていましたが、2回目も安心して見守れる母親ぶりです。子も順調に成長しています。春までは室内での飼育になりますが、小走りできるくらい広さのある寝室で元気に過ごしています。父親のゲンキが屋外放飼場に出ていくと、結も外に出たいそぶりを見せていて、初産の時と比べるとリラックスした様子です。子は雄で、出生時に寝ていた角はきれいに立ち、鼻筋の通ったきれいな顔立ちです。親ばかなのは承知ですが、どんな子が生まれても旭山の個体が一番器量よしに見えてしまいますね。
 昨年は、1月のカバ誕生に始まり、12月のアミメキリン誕生で暮れ、とても充実した1年でした。昨年生まれた子たちの成長を見守ることも、今年の楽しみになりそうです。 
 この手紙が届く頃には、雪あかりの動物園が終わっているはず。無事に開催できたでしょうか?そんなことを思いながら、来年度の予算資料とにらめっこしつつ、この手紙を書いています。

令和3年2月15日 

旭山動物園 園長 坂東 元

ヒトに近い類人猿?

 昨年11月に担当動物の変更があり、新たにオランウータンと北海道産動物の担当になりました、中野です。


 担当するオランウータンに(ちょっと)関わる話をしてみようと思います。


 オランウータンの仲間は分類上、我々ヒトに近い類人猿といわれる動物のひとつです。類人猿は他にチンパンジーの仲間、ゴリラの仲間、そして意外に思う方もいるかもしれませんが、テナガザルの仲間も類人猿です。類人猿(とヒト)に共通の特徴はいくつもありますが、一番分かりやすい点は尾が無いという部分です。これら類人猿はヒトに近い生物として知られていますが、よりヒトに近い順に並べていくとどうなるか。


チンパンジー
チンパンジー
ゴリラ
ゴリラ(台北市立動物園にて撮影)
オランウータン
オランウータン
テナガザル
テナガザル



 最も人間に近いのはチンパンジーの仲間(チンパンジーとボノボ)です。これは聞いたことがある方も多いと思います。次に近いのはゴリラの仲間です。その次に近いのがオランウータンの仲間で、その次がテナガザル科のサルたちです。この次までいくと、類人猿を通り越して尾を持ったサルたちになってきます。


 ではそもそも分類上、あるいは進化系統上、近いというのはどういうことかというと、それぞれの祖先を遡った時に共通の祖先に辿り着くのがより早い、ということです。これは家系図をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 例えば、自分と兄弟がいたとして、家系図を遡っていくと出会う共通祖先は親(父母)です。いとこならば、祖父母の所で出会い、はとこの場合は曾祖父母のところで出会います。自分に近いのは(親や祖父母などの直系の祖先を除くと)兄弟、いとこ、はとこの順になります。これを生物種という大きなスケールで考えたものが、分類上の「近さ・近縁さ」だと思ってください。(あくまでイメージの話ですが)

 ヒトの祖先とチンパンジーの祖先を遡っていくとどこかで共通祖先に辿りつくわけですね。そしてその共通祖先のさらに祖先を遡っていくとゴリラとの共通祖先に辿り着くということです。オランウータンはその次ですね。

 さて、ヒトに最も近い生物はチンパンジーの仲間とお話しましたが、これには条件がつきます。それは「現在の地球上に生息する」という点です。

 この条件をつけないのであれば、ヒトに最も近い生物は「ヒトの直接の祖先」となります。先ほどの家系図でいうところの「親」にあたる種ということですね。我々ヒト、現生人類に至るまで、たくさんの種の人類が生まれて進化してきました。もしかしたら現生人類よりも後に生まれた種の人類もいたかもしれません。当たり前ですが、これらの他の人類たちの方が、チンパンジーより我々に近いですよね。

 しかし現在の地球で最も近い生物はチンパンジーです。なぜか。答えは簡単で、現生人類以外は全て絶滅しているからです。残っていた他の人類も諸説ありますが約1万年前から2万年前くらいの間に全て滅びた(逆にいうとそのくらいの時期まではいた)と考えられています。我々は多様に進化した人類の中の唯一の生き残りなのです。そのため我々に最も近い現生生物は、近縁の滅びた人類たちを全てすっ飛ばして、類人猿のチンパンジーになってしまうんです。

 こう考えるとあんまりヒトとチンパンジーって近くないな、3番目に近いオランウータンならなおさら遠いな、という気がしてくるかもしれませんが、極めて多様な生物全体から見ると、やはりヒトと類人猿はものすごく近いと言えます。捉え方次第ですね。


 今回は少しややこしい話をしましたが、様々な生物の祖先を辿っていくのはとてもおもしろいです。興味が出た方は色々調べてみてくださいね。


オランウータン・北海道産動物(草食系・野鳥系)担当:中野奈央也