旭山にゅーす・ぶろぐ

このページでは、しいくニュースやお知らせ、ブログなど「すべて」の情報を一覧で見ることができます。

下記の文字をクリックすると各テーマ毎の内容がご覧になれます。

2020年6月のすべての記事

「旭山動物園だより」&「あさひやまどうぶつえんみにだより」の最新号を発行しました!

ユキヒョウ

(7月19日で1歳になるユキヒョウのユーリ。まだ子どもっぽい行動をしますが、
だいぶ大きくなり、顔つきもおとなびてきました)

先日、新しい「動物園だより」と「どうぶつえんみにだより」を発行しました。
「動物園だより」では、この夏に新しくオープンした3つの施設と今年生まれた仔どもの紹介をしています。
みんな元気に成長し、大きくなってきましたが、まだまだ仔どもです!

「どうぶつえんみにだより」は、今号で100号ということで、北海道の動物にスポットをあててみました。
ぜひ園内を回るときの参考にしてみてくださいね。

投稿者:動物図書館 北川裕美子

旭山動物園だより267号

内容: 2020夏・新施設に注目!/今年生まれの仔たちは元気いっぱい!

だより

「旭山動物園だより」はこちらからダウンロードできます(新しいウインドウが開きます)

 あさひやまどうぶつえんみにだより100号

内容:ほっかいどうのどうぶつ

   みに100

「あさひやどうぶつえんみにだより」はこちらのページからダウンロードできます。(新しいウインドウが開きます)

ジェンツーペンギンがふ化しました

ジェンツーペンギン親子
ジェンツーペンギンのヒナ(親の足もとにいます)

 ジェンツーペンギンが7年ぶりに屋内放飼場の巣で2羽自然ふ化しました。

 親は普段巣で伏せており、お腹の下にヒナは抱かれているので、なかなか見られませんが、親が体を起こした時や親がヒナに給餌をする時に、ヒナを観察することができます

8月1日~3日開催のサマースクールを中止いたします

 夏休み恒例の小学校5年生、6年生対象のサマースクールですが、開催日程の8月1日から3日が夏休みではなくなったことなどを考慮し中止といたします。

旭川市旭山動物園は、1967(昭和42)年7月1日に開園し、2020年(令和2)年7月1日に53回目の開園日を迎え、それを記念して次のとおり事業を行いますのでご案内します。

1 カバとアムールトラの子どもの愛称を募集します

令和2年1月16日に生まれたカバの子ども(メス)と、2月1日に生まれたアムールトラの子ども3頭(オス2頭とメス1頭)の愛称を募集します。

詳しくはこちらをご覧ください。

2 園内売店・食堂による記念特典

各売店・食堂において商品等購入された際に素敵なサービスをご用意しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

協力

ZOOショップCo・Co・Lo、ZOOキッチンCo・Co・Lo、旭山動物園くらぶ(正門売店・東門売店・パン小屋)、

株式会社厚友会(中央食堂・旭山動物園中央売店)、FarmZoo、GARDEN TERRACE LION、テイルン・テイル

3 「想いを形に!あにまる・ハッピー・コレクション」の設置

寄付付きの”ステキなアイテム”を選ぶことで野生動物たちが暮らしている環境を守ることに繋がります。

旭山動物園内にそんな”ステキなアイテム”を集め、寄付の成果を紹介するブースを作成します。

・場所 東門旭山動物園くらぶ横休憩所

4 バルーンアーチの設置

各門(正門・東門・西門)に、53周年を記念してバルーンアーチを設置します。

募集

令和2年1月16日に生まれたカバの子ども(メス)と、2月1日に生まれたアムールトラの子ども3頭(オス2頭とメス1頭)の愛称を次のとおり募集します。

1 募集期間

令和2年7月1日(水曜日)から7月12日(日曜日)までの12日間

2 応募方法

  • 今回の愛称募集は、新型コロナウイルス感染防止対策により、QRコードによる受付のみとさせていただきます。
  • カバの子どもの応募は、かば館内に設置してあるQRコードを読み取り、愛称、その愛称を考えた理由、応募者の氏名等を入力した後に送信し、受付終了となります。
  • アムールトラの子どもの応募は、もうじゅう館アムールトラとエゾヒグマ展示の間の観察場所に設置してあるQRコードを読み取り、3頭の愛称、その愛称を考えた理由、応募者の氏名等を入力した後に送信し、受付終了となります。
  • それぞれのQRコード読み取り場所には、子どもの近況を説明した看板を設置しますので、参考にしてください。

3 留意事項

  • 本園としては「実際にカバやアムールトラの子どもの様子を見て愛称を考えてもらいたい。」という思いより、来園者による応募に限定し、電話、FAX、郵便、Email等での応募受付は行いません。
  • 応募は1人1回です。

4 選考方法

  • 命名者はそれぞれ1名とします。
  • 愛称及び命名理由が同一のもので複数ある場合は、抽選を行い命名者を決定します。
  • 選考にあたっては、必ずしも一番多いものを愛称とするものではなく、命名理由を重点として選考します。
     

5 命名式について

  • 8月上旬に実施予定ですが、新型コロナウイルスの影響によっては実施しない場合もあります。命名式を行わない場合の公表の方法ついては現在検討中です。
  • 命名者には、記念品の贈呈を予定しております。
  • 命名式の詳細については、別途お知らせします。

6設置場所

かば募集
(かば館内)
トラ募集
(もうじゅう館アムールトラとエゾヒグマ展示の間の観察場所)

【続 シンリンオオカミ ヌプリとアオイの近況】

 3月のしいくのぶろぐでシンリンオオカミのヌプリとアオイのペアの交尾をお伝えしましたが、4月下旬の出産予定日を過ぎ、残念ながら今年は繁殖に至らずという結果になりました。

 交尾の後、アオイは産室にこもる時間が長くなるなど行動に変化が見られるようになりましたが、予定日が近くなってもお腹が大きくなる様子もなく、念のためレントゲン撮影をしましたが赤ちゃんの姿は写りませんでした。

 この時点で妊娠している可能性は極めて低いと判断しました。

 そのまま出産予定日を過ぎましたが、アオイは産室からなかなか出てきませんでした。むしろ産室にこもる時間がどんどん長くなり、そのうち与えた餌を産室の床材(木のチップ材)に埋めて隠すようになりました。

 妊娠期間を考えると出産の可能性は考えられなかったのですが、行動だけ見ると出産前の兆候に似ているため、念のため継続して経過観察することにしました。

 結局その状態は5月下旬まで続きましたが、徐々に外に出る時間が増え、6月に入ると餌も隠すことなくすぐに食べるようになりました。

 今ではすっかり普段の状態に戻り元気に過ごしています。

 今回のこの行動は偽妊娠というもので、実際には妊娠していないけどホルモンの変化によって妊娠時のような身体の変化や行動が現われる生理的な現象です。

 じつはアオイは昨年も同じ時期に同様の行動をしています。今回はしっかり交尾をしていたので期待をしていたのですが残念です。

今後アオイの出産は年齢的に厳しいですが、このままヌプリと仲良く暮らしてほしいと思います。

1

最近夏毛に生え変わりました

(おらんうーたん舎・オオカミ担当:佐橋 智弘)

2020年7月の壁紙カレンダーができました

2020年7月カレンダー

7月の壁紙カレンダーの動物はアビシニアコロブスです。

アビシニアコロブスはアフリカの中部から東部の森林に生息し、一日のほとんどを樹上で過ごします。

主に木の葉を食べることから「リーフイーター」と呼ばれています。

他のサルとは違い、葉を食べるための特殊な奥歯と、消化を助けるいくつかに分かれた胃を持っています。

旭山動物園では、2020年5月1日に子どもが生まれました。生まれたばかりの子どもは体が白い毛で覆われていますが、成長するにつれ大人と同じような全体的に黒い毛に生え替わり、白と黒の美しいコントラストが特徴となります。その美しさから密猟が行われ、絶滅が心配されています。

アビシニアコロブスはブラッザグェノンと同じ放飼場で同居しており、お互い適度な距離を保ちながらも、刺激し合い暮らしています。


 WEBカレンダーのダウンロードはこちら。

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。
カレンダー2007_1280x1024(画像形式(JPG) 660キロバイト)
カレンダー2007_1366x768(画像形式(JPG) 574キロバイト)
カレンダー2007_1920x1080(画像形式(JPG) 1,044キロバイト)
カレンダー2007_1920x1200(画像形式(JPG) 1,127キロバイト)
カレンダー2007_2560x1440(画像形式(JPG) 1,732キロバイト)
壁紙2007_iphone(画像形式(JPG) 564キロバイト)

過去の壁紙カレンダー

過去のカレンダー
2020年6月分(アムールトラ)
2020年5月分(カバ)
2020年4月分(ニホンザル)
2020年3月分(エゾシカ)
2020年2月分(ホッキョクギツネ)
2020年1月分(モルモット)
2019年12月分(シロフクロウ)
2019年11月分(ユキヒョウ)
2019年10月分(ベニイロフラミンゴ)
2019年9月分(イワトビペンギン)
2019年8月分(インドクジャク)
2019年7月分(エゾタヌキ)
2019年6月分(ワオキツネザル)
2019年5月分(ホッキョクグマ)
2019年4月分(ゴマフアザラシ)
2019年3月分(ライオン)
2019年2月分(シンリンオオカミ)

2019年1月分(イボイノシシ)

    令和2年7月1日から、両生類・は虫類舎の東側において(仮称)えぞひぐま館の新築工事を行います。

    工事に伴い、付近のエリアで通行出来ない園路がありますのであらかじめご確認ください。

    詳細は、こちらをご覧ください。

(仮称)えぞひぐま館完成イメージ図(画像形式(JPG) 8,763キロバイト)

LOGet!CARD(ロゲットカード)の配布について

    全国統一観光スポットカードである「LOGet!CARD(ロゲットカード)」が令和2年7月3日(金)から配布開始となり、第1弾では厳選された52種類のカードが発行されますが、旭山動物園がそのスポットになっています。

    ロゲットカードの詳細についてはこちら(新しいウインドウが開きます)

    旭山動物園では、スマートフォンアプリを使ったスタンプラリー「あさひやまどうぶつえんZOOクイズラリー(ショートコース)」をクリアした方に配布します。クイズラリーの参加にはアプリのダウンロードが必要です。

    配布場所は旭山動物園くらぶ正門売店、東門売店となります。

    ZOOクイズラリーの詳細についてはこちら

    旭山ロゲット
    ロゲットフライヤー

動物柄マスク販売場所のご案内

 園内の各売店で動物柄マスクを以下のとおり販売しています。ご購入される際の参考にしていただければと思います。

なお、商品に関するお問い合わせは、お手数ですが各売店に直接ご連絡ください。

旭山動物園中央売店

販売価格 1,320円(税込)

販売場所 あざらし2階

お問い合わせ先  0166-36-4190

厚友会
みずの

旭山動物園くらぶ正門・東門売店


販売価格 500円(税込)

場所   正門売店:ととりの村向かい

     東門売店:ちんぱんじー館横

お問い合わせ先 

               正門売店:0166-36-5181

               東門売店:0166-36-5171

くらぶ
くらぶ2

ZooショップCo・Co・Lo

販売価格 大人用 550円(税込) こども用 396円(税込)

場所   正門付近

お問い合わせ先 0166-74-7261 

こころ
こころ2

FarmZoo

販売価格 1,320円(税込)

場所   西門付近

お問い合わせ先 0166-36-0606

谷口
みずの

テイルンテイル

販売価格 小さめサイズ 350円(税込)  

     ふつうサイズ 390円(税込)

場所   東門2階

お問い合わせ先 0166-36-0088

テイルン
ているん2

ヒツジの毛刈りを行いました

 6月に入り、暖かく過ごしやすい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


 こども牧場では、ヒツジの毛刈りを6月9日に実施しました。例年は5月中に毛刈りを行っているのですが、毛刈り専用のバリカンにトラブルがあり、本来の予定から大きく遅れてしまった次第です。皆さんも、一大イベントの前には道具の下準備とメンテナンスを忘れないようにしましょう。


 さて、ヒツジは暑さに弱い生き物です。ほかの動物と異なり、夏と冬で毛が生えかわらないうえ、ヒトのように汗をかくこともできません。そのため、暑い季節が来る前に毛刈りをすることで、夏を乗り切ることができるのです。


 現在、こども牧場にはヒツジが2頭しかいないため、今年の毛刈りは1日で終わりました。羊毛は、皮膚を保湿したり、雨に降られてびしょ濡れにならないように油を多く含んでいるため、バリカンの刃がなかなか入っていかず大変でしたが、なんとかきれいに仕上がりました。

 こども牧場では、刈り取った羊毛をヒツジの放飼場のそばで展示しています。すっきり涼しいいでたちになったヒツジと合わせて是非ご覧ください。

毛刈り前
毛刈り前 もこもこ
毛刈り後
毛刈り後 すっきり!

こども牧場担当 堀川草太

クマタカのヒナがふ化しています

クマタカヒナ
巣に戻す前日の様子

 5月23日に、北海道産動物舎で飼育展示しているクマタカのペアの子がふ化しています。ここ数年、順調に自然繁殖しているペアだったこともあり、繁殖技術向上のため、人工ふ化した個体を巣内に戻し、親鳥に育すうさせる方法を試みました。

 4月7日、産卵した卵をすぐに採卵して孵卵器で管理、人工ふ化を行いました(採卵後、親鳥には擬卵を抱かせています)。ふ化したヒナは人工育すうし、安定してエサを食べるようになったことを確認したのち、5月28日午後に巣内に戻し、擬卵を回収しました。巣に戻して10分程度で親鳥が抱すうし、その後しばらくして給餌も確認できました。現在もヒナは順調に生育しています。

 人工ふ化した個体を親鳥に育すうさせることで、人に対する刷り込みを最低限に抑えられることから、今回の手法は、生育後のペアの形成や繁殖、動物園で繁殖した個体の野生復帰につながると考えます。今後も、ヒナの生育を見守っていきます。

動物園で並ばずに入園券を購入できます

  入園券購入に伴う混雑緩和と開園時のスムーズな入園を目的として、入園券を各所で販売しているところですが、新たに全国のコンビニ、旭川駅前のバス総合案内所券売機において、入園券の事前購入が可能となりました。また、Webサイト「アソビュー!」でもWebチケットを購入することができます。

※旭川市民の方は市民特別料金で入園できますので動物園でご購入ください。

入園券について

厚友会売店(旭川空港ビル店、旭川医科大学店、旭川圭泉会病院店を除く)

 詳しくはこちら(新しいウインドウが開きます)

  • 旭山三浦庭園連絡ゲート 詳しくはこちら(新しいウインドウが開きます)

●全国のセブンイレブン 詳しくはこちら(新しいウインドウが開きます)

  • 全国のローソン    詳しくはこちら(新しいウインドウが開きます)
  • 旭川駅前のバス総合案内所券売機

Webチケットについて

  • アソビュー! 

web(新しいウインドウが開きます)

おもてなし券(1泊2日券)について

旭川市内のホテル及び旅館に宿泊される方を対象とした2日間の入園券です。

販売場所はこちら(新しいウインドウが開きます)

 きたきつね

 5月2日にキタキツネのオス(推定で生後約3週間)を保護収容しました。

4月下旬、道端に1頭だけでダンボールに入ってすてられていた生後数日のまだ目も開いていない「仔犬」を拾って育てているという方がその「仔犬」を連れて動物園の事務所を訪ねてきました。

「犬用ミルクで順調に育っているのですが、もしかしたらキツネかもしれない」


「仔犬」をよく見てみたところ、鼻先がとがり、そこだけはキツネ色(体はもっと濃い茶色)でしっぽの先は白。ほぼ間違いなくキツネのこどもでした。

自然に帰すという選択肢はなく、また、個人で飼える動物ではありません。

動物園での飼育スペース確保の目処をつけ、保護収容することになりました。


現在は離乳し、順調に成長しています。

展示開始時期は未定ですが、日々の様子はSNSでお伝えできればと思っています。


それにしても、なぜキツネの仔がダンボールに入ってすてられていたのでしょうか…

き
(5月5日撮影)
きつ
(5月30日撮影)

                                 サル舎・北海道動物舎担当:佐藤和加子

閉園中の園内でも・・・

 皆さんこんにちは。はじめにこれだけは言わせてください。とうとう開園しました。皆さんに動物たちと会ってもらえる日々が待ちどうしかったです!


 さて、今年の春の閉園から臨時閉園にかけていつもの動物園の日常と最も違うところは園内の人の数です。コロナ禍で人がいなくなった街などに動物たちが出てきたというニュースを見聞きした方も多いと思いますが、やはり人の数が減った動物園内でもそうではないだろうか?という変化が見られました。


 変化その(1)、カラスの数が増え行動が大胆になりました。嬉しくはないですがこれが1番目立ちました。


 変化その(2)、野生のエゾリスが園内でも走っているのを見るようになりました。園外の森には生息しているので、人がいないのをこれ幸いと餌を探しにきたのでしょう。

園内にでたエゾリス

園内に入ってくるようになったエゾリス


 変化その(3)、園内には野生のエゾユキウサギが生息しているのですが、あまり人のこと気にせず姿を見せるようになっていました。

出没したユキエウサギ

昼間から出没するエゾユキウサギ


 これらの変化も人の数が元に戻ってくると以前の状態に戻ってしまうでしょう。でも、人がいなくなるということが他の生き物にとってどういうことか実感できる変化であり、人と周りの生き物の力関係を目に見えて捉えられる出来事でした。

 それに対して動物園の動物たちはどうかというと、あまり変化は無いという印象です。彼らは北海道の春をいつもどおり楽しんでいるなあという感想です。


 今後もコロナ禍で制限のある生活がしばらく続くでしょうが、、対策はしてありますのでせっかくの良い季節、動物園の動物たちに会いにきてください。


副園長・トナカイ担当:池谷優子

アムールトラ・カバの子どもの展示時間について

  • アムールトラの子ども:開園~13時ごろまで
  • カバの子ども(外放飼場での展示):13時半ごろ~閉園まで

※動物の体調等によっては、展示できない場合や展示時間の変更等がありますのでご了承ください。

カバトラ

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

来園される方への協力依頼事項

  • 熱や風邪の症状のある方は来園をお控えください。
  • 園内への入園の際は、手指の消毒及び消毒マットの通過をお願いします。
  • 来園中の発熱や体調がすぐれない場合は、園内中央のサポートセンターにお越しいただくか、近くのスタッフにお声がけください。
  • 動物の観察や食事の際は、他の来園者と一定の距離を確保いただくとともに、展示室内では、1歩離れるくらいの意識をお持ちいただき、混雑時はできるだけ立ち止まらずご覧ください。

動物園内での対策事項

各施設の取組事項

  • 園内設置の 自動ドア、トイレドア、休憩所ドア、排煙窓を常時全開して施設内を換気します(雨風により換気できない場合は当該施設を封鎖します。)。
  • 1~2時間おきに展示室及び休憩所等の屋内施設と屋内外に設置されている手すりの消毒を行います。
  • 各券売所、改札、休憩所、トイレに消毒用アルコールを配置します。
  • 各休憩所に飛沫感染防止用としてアクリル板を配置します。
  • 使用後の貸出用の傘、ベビーカー、車椅子を消毒します。
  • 園内トイレの便座除菌用スプレーを配置します。
  • 園内の屋内施設のゴミ箱は原則屋外へ移動します。

各種イベント等の取扱い

  • 開園式は実施しません。
  • 屋内外でのもぐもぐタイム、こども牧場ふれあい時間、なるほどガイド、ワンポイントガイドは当面の間中止します。
  • マイクロバス、シルバーシャトルの運行は当面の間中止します。
  • メロディーペットの配置を当面の間中止します。

ホッキョクグマの「ホクト」が来園しました

ホクト
来園した「ホクト」

 6月1日朝に、姫路市立動物園から「ホクト(オス)19歳」が来園しました。

 今回の移動は繁殖を目指しての移動となります。

 「ホクト」の展示については、新しい環境に慣れてからとなりますので、しばらくの間「ルル・サツキ・ピリカ(全てメス)」のみの展示となります。

(募集中)フラミンゴのぬりえ募集について

 旭山動物園では「フラミンゴのぬりえ」を募集します。

 台紙は下記からダウンロードお願いいたします。

 6月30日(火曜日)までに提出いただいた作品は8月1日から8月31日まで園内にて展示します。

 皆様のご応募をお待ちしております。

フラミンゴのぬりえ

(A4サイズでプリントしてください)

ダウンロートはこちらから

対象

未就学児(展示スペースの関係から限定させていただきます。)

募集期間

令和2年度6月30日(火曜日)まで

郵送または持参により東門管理事務所までご提出ください。

ぬりえ展

提出いただいた作品は「ぬりえ展」として園内に掲示します。

展示期間(予定)

令和2年8月1日(土曜日)から令和2年8月31日(月曜日)まで

展示場所

旭山動物園内(場所未定)

ぬりえ展

(昨年度のぬりえ展の様子です)