旭山にゅーす・ぶろぐ

このページでは、しいくニュースやお知らせ、ブログなど「すべて」の情報を一覧で見ることができます。

下記の文字をクリックすると各テーマ毎の内容がご覧になれます。

2020年4月のすべての記事

onezooリモート企画「zoo at home」プロジェクト!

 「どうぶつがもっと好きになる。動物園がもっと好きになる。」をテーマにした動物園情報配信サービスアプリ「onezoo」。「私たちと動物たちを、ひとつの未来へ」がコンセプトのこのアプリを使うと、動物園内にて動物の音声ガイドや園内のデジタルマップ、スタンプラリーなどが利用できます。

 今回、全国の動物園と一緒に、家でも動物園を楽しめる企画を配信すべく、「こどもの日スペシャル」と題して時間も内容も拡大し、「史上初!家にいながら、動物園を回遊できる体験を実現」をテーマに、旭山動物園ライブを次の日時に行います。

 園長が園内を歩き、その映像を「onezooYoutube」でライブ配信し、ライブで動物を見ながら話をしたり、リアルタイムで質問したりすることも可能。インタラクティブでバーチャルな動物園巡りを開催しますので、是非ご覧ください。

onezoo

ライブ配信予定日

  • 5月5日 (火・祝)14:00~(1時間~2時間程度) 

one zooライブ配信URL

ttps://youtu.be/5hcN1avsAgk(新しいウインドウが開きます)

旭山動物園の「今」をインスタグラムを活用してライブ配信!

   夏期開園が延期となり、いつもの春とは違った光景の園内。

 それでも動物たちはやっぱり元気です。

 毎日、遊び、食べ、そして、時には喧嘩したりといつもと変わらぬ姿を見せてくれています。

 本園では、以前からインターネットやSNSを通じて情報を発信していますが、いつもと違う春を過ごす全ての人に、動物たちの「今」に触れて、その力強さや愛くるしさ、そして命の尊さを感じていただき、少しでも元気や癒やしの一部の糧となり、そして、来たるべき再開の時に、また笑顔で動物たちに逢いに来ていただきたいと願っているところです。

 つきましては、インスタグラムの旭山動物園公式アカウントにおいて、園長と飼育スタッフらによるライブ配信を行っておりますので、是非ご覧ください。

 配信日時や内容については、決まり次第、各SNSにてお伝えいたします。また、ライブ配信動画は後日、旭山動物園のYouTube公式アカウントでもご覧になれます。

ライブ配信アカウント

旭山動物園のインスタグラム公式アカウント

https://www.instagram.com/asahiyamazoo1/

●旭山動物園のYouTube公式アカウント

https://www.youtube.com/channel/UCMNKHK7MyNoWZlGhuej1SPw

旭山動物園各売店におけるプラスチック製レジ袋の削減・簡易包装の推進

旭山動物園では園内各売店と協力して、プラスチック製レジ袋の削減・簡易包装の推進を目指します。

実施店舗

ZOOショップ・キッチンCoCoLo、旭山動物園中央売店、あさひやまファームZOO、旭山動物園くらぶ正門・東門売店、テイルン・テイル、ガーデンテラス ライオン

 2021年3月までに売店プラスチック製レジ袋全廃

 2021年3月までに園内売店で配布しているプラスチック製レジ袋の全廃を目指します。

売店共通紙袋の製作

2020年夏期開園から各売店と協力して共通紙袋を製作しました。袋のデザインは北海道で人の手によって絶滅させられたエゾオオカミをモチーフとし、メッセージとして「For our only planet For all its life(すべての生命とたったひとつの地球のために)」を入れ、本園から世界にメッセージを発信したいと考えております。販売1枚当たり10円を環境保全活動団体に寄附いたします。

2

販売価格 1枚30円
販売場所 園内各売店
寄附 10円/枚を環境保全活動に寄付

売店で提供するレジ袋(紙・プラスチック)の有料化

2020年夏期開園から各売店が提供するレジ袋は紙製・プラスチック製を問わず有料化します。得られた収益は各売店の脱プラスチック化推進費用と環境保全活動への寄附に使われます。

販売価格 1枚5円~(大きさによる)
対象

園内各売店で配布するレジ袋(食品提供用等で一部例外があります)

収益 各売店の脱プラスチック化推進費用、環境保全活動に寄附

 実施協力(旭山動物園 各売店)

(一財)道北地域旭川地場産業振興センター、株式会社厚友会、株式会社谷口農場、NPO法人旭山動物園くらぶ、旭川物産販売株式会社、株式会社サッポロライオン

ゲンちゃん日記・令和2年4月「夏期開園に向け全力で準備中です」

ワオキツネザルの親子

(写真:ワオキツネザルの親子)

 ほんの数か月前には予想だにしなかった事態になっています。そういえば今年は、高病原性鳥インフルエンザの発生がないなと思いながら、ふと空を見上げています。新型コロナウイルス感染症に関しては、とにかく毎日安全に開園を続けることに主眼をおいて対応しています。

 飼育員に感染者が出た場合、全員が濃厚接触者になってしまっては誰が動物たちの飼育をするのか。飼育員は、代わりがきかない業務としてはトップクラスではないかと思います。少なくとも、全員が濃厚接触者にならない環境を整え、緊張感を持って毎日を過ごしてい

ます。

 動物たちは、人の世界の出来事とは関わりなく今日この時を過ごしています。ユキヒョウやカバ、アムールトラの子は日々すくすくと成長し、旭山生まれのレッサーパンダの子たちは、各地の動物園に旅立って新たな生活を始めています。

 そんな中、リフォームが終わったサル舎で、ワオキツネザルの出産が続きました。ワオキツネザルは飼育頭数が多くなり、計画的に繁殖(バースコントロール)させる取組みを進行していました。まず双子が、次に1頭が誕生しました。まさか3頭も!と当惑するところですが、今回はなぜか素直にうれしくなりました。産まれた子は母親の胸にしがみつき、輪っかの縞模様の尻尾をヘビのように動かしています。後で産まれた1頭が、双子を産んだ母親にくっつき、3頭がひしめくように母親の胸にしがみついていました。後に産んだ母親の母乳の出が悪いのか、あるいは子育てに熱心になれないのかが原因のようでした。母親が奪い取ったのではなく、子が乗り移ったようです。生まれて10日ほどたちましたが、今のところ3頭は順調に成長しています。この手紙が届く頃は、閉園期間中。1年で一番忙しい時期を迎えているはずです。今年の夏期開園はどんな幕開けになるのか、とにかく前進思考で頑張ります!

令和2年3月15日 

旭山動物園 園長 坂東 元

2020年5月の壁紙カレンダーができました

2020年5月カレンダー

5月の壁紙カレンダーの動物はカバです。

 5月の壁紙カレンダーはカバです。


 カバは、陸上で暮らす動物の中ではゾウの次に体重が重く、体重は約2トンにもなります。

 一日のほとんどを水の中で過ごし、水に潜ることも得意で、体を沈めて水底を歩いたり、肺に空気を入れて浮かんだりと水中で自由自在に行動できます。

 また、水の中で交尾や出産・授乳・排泄(うんちやおしっこ)を行うなど、カバの生活には水が必要不可欠です。

 旭山動物園では2020年1月に旭子の子どもが誕生しました。本園でカバの子どもが無事に成長に至ったのは27年ぶりとなります。

 カバの子どもの成長の様子は、SNSや「しいくのぶろぐ」などでお伝えしていきますので、一般公開の日をどうぞ楽しみにお待ちください。


 WEBカレンダーのダウンロードはこちら。

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。
カレンダー2005_1280x1024(画像形式(JPG) 838キロバイト)
カレンダー2005_1366x768(画像形式(JPG) 714キロバイト)
カレンダー20051920x1080(画像形式(JPG) 1,294キロバイト)
カレンダー2005_1920x1200(画像形式(JPG) 1,420キロバイト)
カレンダー2005_2560x1440(画像形式(JPG) 2,123キロバイト)
壁紙2005_iphone(画像形式(JPG) 718キロバイト)

過去の壁紙カレンダー

過去のカレンダー
2020年4月分(ニホンザル)
2020年3月分(エゾシカ)
2020年2月分(ホッキョクギツネ)
2020年1月分(モルモット)
2019年12月分(シロフクロウ)
2019年11月分(ユキヒョウ)
2019年10月分(ベニイロフラミンゴ)
2019年9月分(イワトビペンギン)
2019年8月分(インドクジャク)
2019年7月分(エゾタヌキ)
2019年6月分(ワオキツネザル)
2019年5月分(ホッキョクグマ)
2019年4月分(ゴマフアザラシ)
2019年3月分(ライオン)
2019年2月分(シンリンオオカミ)

2019年1月分(イボイノシシ)

2020年旭山動物園ポスター&パンフレット

パンフレットは下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

各種外国語のパンフレットも用意しておりますので、どうぞご利用ください。

なお、配布するポスターはFSC森林認証紙、パンフレットは道産間伐材を原料とした用紙を使用しており、環境に配慮した取組を推進しています。

 ポスター  

     2020年ポスター

冬期パンフ
冬期パンフレット
パンフレット
夏期パンフレット

冬期パンフレット

日本語パンフレット

2020年冬期 日本語(PDF形式 2,516キロバイト)

英語・中国語(簡体字・繁体字)併記版パンフレット

2020年冬期 英語・簡体字・繁体字(PDF形式 2,848キロバイト)

英語・韓国語・タイ語 併記版パンフレット

2020年冬期 英語・韓国語・タイ語(PDF形式 2,543キロバイト)

夏期パンフレット

日本語パンフレット

2020年夏期 日本語(PDF形式 4,918キロバイト)

英語・中国語(簡体字・繁体字)併記版パンフレット

2020年夏期 英語・簡体字・繁体字(PDF形式 4,508キロバイト)

英語・韓国語・タイ語 併記版パンフレット

2020年夏期 英語・韓国語・タイ語(PDF形式 4,547キロバイト)

ホッキョクグマの「イワン」がとくしま動物園へ移動します

ホッキョクグマイワン
移動することになった「イワン」

 ホッキョクグマの「イワン」がとくしま動物園へブリーディングローンにて移動することとなりました。「イワン」は2000年12月20日ロシア生まれの19才のオス個体です。

 移動日は現在未定ですが、決まりましたらまたお知らせしたいと思います。

 なお、新たなホッキョクグマのオスとして姫路市立動物園の「ホクト」が来園する予定です。

 こちらも移動日は現在未定となっていますが、決まりましたらお知らせしたいと思います。

え

夏期開園の延期に伴うパスポートの取扱いについて

パスポート(動物園及び科学館共通)の有効期限につきましては、利用した日から1年間としておりますが、現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休園させていただいているところであり、その有効期限の延長について検討中です。

つきましては、パスポートをお持ちの方で、休園期間中に有効期限が切れてしまった場合でも、破棄せずにそのままお持ちくださいますようお願い申し上げます。

なお、取扱いにつきましては、決定し次第、ホームページ等においてお知らせいたします。

【ご挨拶とカバの続報】

 4月7日、冬期開園が終わり3週間ほどのお休みをいただき夏期開園準備に入ります。

 新型コロナ対策に翻弄されたシーズン後半でしたが、こればっかりはしかたがありません。

 ただ園内に輝くみなさんの笑顔と子どもたちの歓声、そして動物たちの生き生きとした表情に変わりはなく、「大丈夫!頑張ろう」と強く思っています。

 たくさんのご来園、本当にありがとうございました。


 さて、1月に生まれたカバの赤ちゃんの続報です。

 日々順調に成育し、生まれた時の2倍になったと感じております。最近は旭子とのバナナ争奪戦が熱く、チビカバの成長に目を細める毎日です。冬期開園中に一般公開とはいきませんでしたが、この閉園期間中に屋内外の放飼場に慣らし、春の開園からは生でお見せできるよう進めていきます。

1

バナナゲット!

2

でも主食はお乳


 先の見えない状況の中、皆様の健康、そして無事開園を迎えられることを願い、スタッフ一同夏期開園に向けて準備を整えていきますので、開園した際はまた笑顔でお会いできればうれしいです。よろしくお願いいたします。

(副園長 かば館・フラミンゴ担当:中田 真一)

ワオベビー

 先日「しいくにゅーす」でお伝えしましたが、3月5日にワオキツネザルのナスカ(双子)とリン(1頭)が出産し、計3頭の赤ちゃんが生まれました。

 残念ながらうち1頭が死亡してしまったのですが、2頭はあいかわらずナスカのおなかにくっついています。


 3月9日からナスカがリンの仔も一緒に抱いて過ごし、赤ちゃんたちは交代でおっぱいを飲んでいるようでしたが、3月26日に1頭がナスカから離れてしまいました。

 ナスカは仔から離れずまた抱こうとしていたのですが、仔はうまく抱きつけずにいました。

 体が冷えてしまうので一度回収しましたが、ナスカはずっと気にしていていたので再度ナスカの元へ連れて行ったところ、仔がうまく抱きつけたのでそのまま様子を見ることにしました。

 一度は戻れたもののやはり衰弱していたようで、翌日の朝、亡くなっていました。


 解剖の結果、腸には便がありましたが胃に内容物はなく、おそらくおっぱいを十分に飲めず徐々に衰弱していったと思われます。

 3頭になってからの様子を見ていると、ベテラン母さんのナスカなら3頭同時に育てられるのでは、と期待していたのですが、亡くなった個体はほかの2頭と比べると少し小さく、成長するにつれてすこしずつ体格差ができ、飲み負けてしまったようです。

3頭くっついて

<3頭でくっついていたとき>


 最近は天気がいい日には外に出ていて、新しくできたヒーター付き出窓では至近距離でナスカ親子の姿もご覧いただけていました。

 生後1ヶ月を過ぎ、だんだんと大人たちが食べているものにも興味を持ってきているようです。また、おなかにくっついているだけでなく、ときどきおんぶの体勢にもなっています。

 昨年の春から担当になり、ワオの子育てをじっくり観察するのは初めてなので、これからどんなふうに成長していくのかが楽しみです。

 いまは春の休園期間なので、ワオたちの様子はSNSでお伝えできればと思っています。

ひなたぼっこ

<ひなたぼっこ>


カメラ気になる

<カメラも気になる?>

サル舎・北海道産動物舎担当:佐藤和加子

【トラの赤ちゃん成長中】

 2月1日にアムールトラのザリアが出産して、はや2カ月。3頭の子が順調に生育しています。

1


 当初は7頭もの子を出産しました。1頭は死産でしたが6頭が生存しており、異例なほどの子だくさんに、担当者としても喜んでいました。

2

 しかしその後、3頭が衰弱し死亡してしまいました。多産すぎて、それぞれが虚弱だったのかもしれません。

 残りは3頭。当初の喜びから一転、「彼らだけでも生き残ってほしい!」という焦りの気持ちに変わりました。

 死亡した子の亡骸は一頭だけ回収できましたが、ほかはザリアが食べてしまいました。

 残酷に感じる人もいるかもしれませんが、肉食獣が育児中に死んでしまった子を食べるのは、しばしば見られることです。

 亡骸が残っていれば腐敗し、生き残った子にまで悪影響があるかもしれませんし、天敵を引き寄せてしまうかもしれません。「子の死を悲しむより、今生きている子の命を最優先する」、厳しい野生を生きるため身に着けた合理的な習性というわけです。


 ザリアの懸命な育児もあり、3頭の子たちは順調に生育しています!

3

 子育ての様子は暗視カメラのモニターで来園者向けにも展示しております。

「なんだ白黒じゃん!カラーテレビ買うお金もないの?」なん言われることもしばしばですが(汗)、産室は本当は真っ暗。赤外線カメラで撮影しているため、色が映らないのです。悪しからず。(むしろハイテクなのですよ・・・)

4

「超ハイテクの」トラ産室モニター展示です!


 出産からこれまでの成長の様子を動画にも編集してみましたので、よろしければご覧ください。↓

www.youtube.com/watch(新しいウインドウが開きます)

 人間社会は色々騒がしいですね。そんな中でもトラの子たちは元気に育っています。

 目の前の出来事に動揺せず、今を生きることに集中するトラの母子。

 そんな彼らの生きざまから、私たち人間も学ぶべきものがあるのかもしれません。

 5月頃にはちびトラたちも巣から出て、みなさんにお披露目できるでしょう。

 そのころには人間の「巣ごもり」も解除され、たくさんの来園者でにぎわっていることを期待しましょう!

(もうじゅう館・フクロウ担当:大西 敏文)

2020旭山動物園パスポート販売!(4月1日から)

パスポート
2020旭山動物園
パスポート

令和2年4月1日から、2020 旭山動物園パスポートを販売しています。
今年度のデザインは「ブラッザグェノン」です!

(ブラッザグェノンを飼育しているサル舎が夏期開園からリニューアルしました。)
作画は、元旭山動物園飼育係のあべ弘士さんです

旭山動物園パスポートは、有効期間中であれば何回でも再入園できる、大変お得なパスポートです。
価格は1,400円(税込)です。
皆さんぜひご利用ください!

 【主な販売箇所】(4月1日より各所で発売開始)

動物園各門券売所(休園期間を除く)

株式会社厚友会売店

旭川市内各ホテル

販売箇所詳細はこちらでご確認ください。
※パスポートの有効期限は最初に利用された日から1年間です。なお、未使用のものに限り、過去の旭山動物園パスポートもご利用いただけます。

共通パスポートについて

2016共通パスポート
共通パスポート

旭川市科学館(サイパル)との共通パスポートも販売しております。
今年度から「エゾモモンガ」のデザインとなりました。

(こちらもあべ弘士さんの作画です。)
価格は2,230円(税込)です。
こちらもあわせてご利用ください。

【ゴマフアザラシ3頭の出産と仔1頭の死亡について】

 ゴマフアザラシのまめが3/21に、ぽちゃ丸が3/23にそれぞれ出産しました。

 どちらの仔も元気がよく、順調に生育中で泳いでいる姿もみられます。

 授乳も確認でき、母親たちも自分の仔をしっかりと世話しています。

 まめとぽちゃ丸は2年連続の出産・仔育てとなります。

1

↑ぽちゃ丸の仔

2

↑まめの仔

 昨年のまめの仔、あずきは生まれた当初から体が小さく、授乳を受けつつも、ミルクの量が少ないのか体重が増えていかないという状況があり、飼育員が補助的に給餌を行うという形をとりました。結果としてあずきは元気に育ち、今も成長中です。

 今年のまめの仔はあずきに比べサイズも大きく、授乳でしっかりミルクも飲めているようです。このままいけば、まめの仔、ぽちゃ丸の仔どちらも母親による自然哺育で育つことになりそうです。なお仔の性別はまだ確認できていないため不明です。


 まめとぽちゃ丸に続き、3/27の夕方にカムイも仔を出産しました。

 出産後すぐに自身の仔を認識し、寄りそい、他の個体が近づかないように守り、仔に授乳をうながすなどの行動が見られ、カムイにとっては10年ぶりの自然哺育が期待されました。

 3/28にもカムイの様子は変わらずあきらかに授乳する意思がみられたものの、仔の反応がにぶく、授乳が確認できませんでした。念のため、夕方に人工ミルクを与えて母親の元へもどしました。

 3/29朝、仔の呼吸に異常が認められたため、治療を開始しましたが、そのまま死亡しました。

 死因は胸部圧迫による肺の損傷と診断されました。原因としては他の個体が仔の上にのってしまった可能性が考えられます。

 カムイにとって「ちょぼ(6歳)」以来の生育が期待できる仔でしたが、残念な結果となってしまいました。

3

↑出産当日のカムイの仔

(くもざるかぴばら館・あざらし館担当:中野 奈央也)