旭山にゅーす・ぶろぐ

このページでは、しいくニュースやお知らせ、ブログなど「すべて」の情報を一覧で見ることができます。

下記の文字をクリックすると各テーマ毎の内容がご覧になれます。

2016年12月のすべての記事

2017年1月の壁紙カレンダーができました

1609カレンダー

 1月のWEBカレンダーの動物はニワトリ(ポーリッシュ)です。

  

 2017年の新年を飾る動物は、今年の干支「酉」にちなんだニワトリの「ポーリッシュ」です。

 ポーリッシュはポーランドで観賞用に作られたニワトリで、華やかな頭の飾り羽がとても綺麗で鮮やかな色をしているのが特徴です。

 旭山動物園では「ポーリッシュ」と「白色レグホン」の2種類のニワトリを飼育していて、冬に「こども牧場第2」の屋内で展示、夏期にはこども牧場で展示を行っています。

 オスは素敵な飾りバネを持っており、メスはオスに比べると小柄で羽の鮮やかさも控えめな印象です。

 時折「ニワトリのなるほどガイド」を行っており、ニワトリの生態についても飼育員が紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 私たちの暮らしに馴染み深いニワトリの事をお立ち寄りの際にはぜひ観察してみて下さい!

 ニワトリ(ポーリッシュ)

ポーリッシュ

 ニワトリ(白色レグホン)

白色レグホン

WEBカレンダーのダウンロードはこちら

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。

【800×600】  
【1024×768】  
【1280×1024】
【1280×800】  
【1366×768】  
【1680×1050】

 

過去のカレンダーはこちらからご覧ください
2016年12月分(エゾタヌキ)
2016年11月分(レッサーパンダ)
2016年10月分(シンリンオオカミ)
2016年9月分(ヨーロッパフラミンゴ)
2016年8月分(シロテテナガザル)
2016年7月分(アムールトラ・ユキヒョウ)
2016年6月分(アビシニアコロブス)
2016年5月分(シマフクロウ)
2016年4月分(レッサーパンダ)
2016年3月分(オオタカ)
2016年2月分(エゾユキウサギ)

 

今年も1年お世話になりました!

あっという間に師走を迎え、今年も残すところあと数日となりました。本当に早いですね…


さて、12月10日(土)に絵本の読み聞かせを行いました。

今回は「だいすき しぜん うさぎ」と「しろくまくんのクリスマス」の2冊です。

読み聞かせの後には、中村獣医師がこども牧場にいるカイウサギを図書館に連れてきてくれ、参加された方とふれあいタイムがありました。また「だいすき しぜん うさぎ」では、ウサギの赤ちゃんからの成長の様子が描かれていますが、中村獣医師の担当動物でもあるレッサーパンダの赤ちゃんの成長の様子も写真を見ながら解説していただきました。参加された皆さん、楽しんでいただけたでしょうか?

読み聞かせの様子   解説の様子

      絵本の読み聞かせの様子       レッサーパンダの赤ちゃんの写真を見ながら解説中


次回の絵本の読み聞かせは年明けの1月14日(土)11時からとなっています。お正月にちなんだ絵本を読む予定です!皆様のお越しをお待ちしています。

               来月の読み聞かせの絵本

                   1月の読み聞かせはこの2冊!

そしてお知らせですが、小学生を対象に1月25日までの期間で動物読書感想文を募集しています!冬休みにゆっくり本を読み、読書感想文を書いてみませんか?たくさんのご参加お待ちしています!

詳しくはこちらをご覧下さい。


今年もたくさんの方に動物図書館に足を運んでいただき、ありがとうございました!

旭山動物園は12月30日~1月1日は休園期間となり、1月2日より開園します。動物図書館も2日より通常通り開館しています。暖かい格好でお越し下さい!

それでは皆さん、良いお年をお迎え下さいね。
                                  (投稿者:昆野優子)

フンボルトペンギンが移動しました

 12月14日、フンボルトペンギンのNo.32(オス)とNo.37(メス)が稚内市にあるノシャップ寒流水族館に繁殖のため移動しました。

 両個体とも旭山動物園生まれで、2016年1月には産卵もしています。ノシャップ寒流水族館での繁殖に期待しています。

フンボルトペンギン

輸送箱の中のNo.32と37
 

ゲンちゃん日記・平成28年12月「11月、想定外の雪に翻弄される日々」

トラ親子

(写真:雪の中でくつろぐアムールトラの母子)

 さてとんでもない11月でしたね。この時期雪が降っても数日で消えますが、あれよあれよと降り続けました。ベタ雪と夜中の冷気で獣舎の網に着いた雪が凍りその上にさらにベタ雪が積もり…疲れました。11月上旬の一週間の休園期間は開園中には行えない工事を集中的に計画するのですが、予期せぬ大雪で動物園も業者さんも思わぬ支出がかさみ大変でした。秋の閉園期間中に行う落ち葉拾いも行えず春の閉園期間の作業が今から思いやられます。


 冬期開園が始まり、まさかこのまま根雪はないだろうと思っているのですが、日中雨が降っても夜中は凍結、みぞれが降ったり雪が降ったり3月みたいな天気です。本州や海外からのお客さんは当然夏靴で、園内のツルツル路面が動物を見るどころではなくしてしまったりしています。かといってまだまだペンギンの散歩を始められるほどの根雪ではありません。今日から始めますといえる状況ではまだまだないので、散歩できる日はその日の都合でやろうかと話しています。そもそもペンギンの散歩はペンギンのために行っているのだからできる日はやって、安定してできるようになったら公表すればいいと考えています。さてこの原稿をUPする頃にはどうなっているでしょうか?(※ペンギンの散歩は12月10日から正式開始となりました。)

 初めての雪にもかかわらずはしゃいでいるのは今年生まれたアムールトラ、ユキヒョウ、レッサーパンダの子供たち。やはり寒冷地系の動物たちは雪が似合います。
 何かと問題の多いキリンのゲンキ。閉園期間中に放飼場を仕切る改装をしました。これでゲンキも結も運動不足になることなく別居できるようになりました。ゲンキは首を前に倒して結いの後を追って歩く、方向転換することがなくなり、前肢の跛行も見られず肩はいい状態を保っています。来年にはペアリングも考えていますが、その時までにゲンキには万全の状態になって欲しいと思っています。
 カバの旭子もまだ体は小さいですがすっかり大人の体型になって来ました。カバも来年にはペアリングかと考えています。

 とにかくこの雪がこのまま根雪になるようなことになると記録的な出来事になるのでしょう。 冬は慣れているはずですが、想定外の雪には翻弄されます。除雪の契約や作業の手順や…地球は僕たちに何かを訴えているのかなとふと感じたりした初冬になりました。 

NHK「こんにちは!動物の赤ちゃん2016」で旭山動物園の動物達が登場・紹介されます(12月24日・全国放送)

NHK「こんにちは!動物の赤ちゃん2016」で、旭山動物園において今年誕生したアムールトラの双子(オス・ソーン、メス・ナージャ)とユキヒョウの子(オス・リヒト)が登場・紹介されます。ぜひご覧ください!

トラ双子

アムールトラの双子(写真は今夏撮影のもの)

放送日時等

ペンギンの羽でブックマークを作ろうを行いました。

 12月10日にペンギンの羽でブックマークを作ろうを行いました。14名に参加頂きました。まずはじめにぺんぎん館でペンギンを観察し、ペンギンの羽の機能についての解説を行いました。ぱっと見るとペンギンの体はつるんとした皮膚のようですが、実は細かい羽がびっしりと生えているのです。この羽には防水性と保温性があり、水中を泳いで魚を捕まえるために必要なのです。次に、ぺんぎん館のバックヤードでブックマークを作りました。キング、ジェンツー、イワトビの3種類のペンギンの羽から好きな羽を選んでラミネートで封入して出来上がりです。最後にはみんなで記念撮影も行いました。

ブックマーク1

羽がずれないようにそっと置きます

 

ブックマーク2
できあがったらお気に入りの色のリボンを結んで
 

ブックマーク3

出来たー!

ぺんぎん館・獣医師:佐藤伸高 

「旭山動物園だより」&「あさひやまどうぶつえんみにだより」最新号を発行しました!

小学校中学年以上~大人向けの「旭山動物園だより」と、小学校低学年向け「あさひやまどうぶつえんみにだより」の2種類の最新号を発行しました。
旭山の”今”を伝えるタイムリーな情報やクイズなどが楽しめますよ!
ぜひご覧ください !!

旭山動物園だより235号

春に生まれた仔たちが初めての「冬」を元気に過ごしています

旭山動物園だより235号

旭山動物園だより235号(PDF形式 1,051キロバイト)

あさひやまどうぶつえんみにだより 68号

内容:エゾユキウサギ

 あさひやまどうぶつえんみにだより68号

あさひやまどうぶつえんみにだより68号(PDF形式 707キロバイト)

バックナンバー

「旭山動物園だより」「あさひやどうぶつえんみにだより」のバックナンバーはこちら(「資料・統計」のページへ)

シンリンオオカミのメス「カント」の死亡について(12月5日)

12月5日、バックヤードで飼育していたシンリンオオカミのメス(愛称カント)が死亡しました。

カントは、2012年4月24日に旭山動物園で生まれた個体です。

12月5日の午前中に活力の低下と重度の下痢を確認し、午後から麻酔下での検査を行いました。検査の結果、開腹手術が必要と判断しました。この際、子宮蓄膿症を認めたため、子宮を切除しました。術後、麻酔が覚める際に呼吸が停止し、心肺蘇生を試みましたが死亡を確認しました。

解剖の結果、重度の消化管の障害を認めたため、子宮蓄膿症の悪化が死因につながったものと診断しました。

カント

死亡したシンリンオオカミのメス「カント」

旭川大学短期大学部の学生さんによるクリスマスイベントが行われます(12/17、12/18) 

旭川大学短期大学部幼児教育学科・椎名ゼミナールの学生さんによる、お子様向けのクリスマスイベントが行われます。

旭山動物園では3回目(夏実施分を合わせると4回目)となるこのイベント。動物達が繰り広げる楽しい世界をご覧いただけます。

今回は影絵劇と大型絵本劇の2本が上演されます。

いずれも学生さんによる手作り感あふれる内容となっていますので、お子様だけではなく、大人も楽しむことができますよ。

また、ご来場のお子様にはプレゼントもありますよ!

ぜひ皆さんお越しください。

クリスマス表
(イベントチラシ・表)
クリスマス裏
(イベントチラシ・裏)

※クリックすると拡大します。

開催日

平成28年12月17日(土曜日)、12月18日(日)の2日間
開場 12:30 開演 13:00

会  場

旭山動物園内 学習ホール2F

上  演

  • 影絵劇「夢みるあいだに・・・」
  • 大型絵本劇「Niceな恩返し~サンタさんへの贈り物~」

※2つ続けて上演します(約40分)

観覧料

無料(別途入園料がかかります)

問合せ

旭川大学短期大学部・椎名(電話0166-48-3121)