動物図書館の2月上旬の出来事

最終更新日 2016年2月24日

ページID 055240

印刷

動物図書館の2月上旬の出来事

6日から11日まで行っていた雪あかりの動物園があっという間に終わりました。
雪あかりの動物園では紙芝居を行ったり、限定のおりがみえほんを製作しました。

紙芝居は1日2回実施しましたが、どの回も大人の方の人数が多く、大人の方にも楽しんでいただけたのではないでしょうか。
今年は新たなイベントも多く、イベントの告知などもさせていただきました。

紙芝居

おりがみえほんは、初めて出張おりがみえほんを行いました。なんと初めて複数の動物が登場するおりがみえほんとなりました。オオカミ・ホッキョクグマ・レッサーパンダ・フクロウが登場しましたね。

出張おりがみえほんは、かば館1階のキリン観察テラスで行いましたが、たくさんのお客様にお越し頂き中にはツイッターやフェイスブックで事前に見て作りに来られた方もいて嬉しかったです。

最終日は机もイスも足りなくなるなんてもことも起きました。
予想を上回るお客様にお越し頂き本当によかったです。

お越し頂いた方々、本当にありがとうございました。
おりがみえほん

そして12日(土曜日)には2月の絵本の読み聞かせを行いました。
今回は解説を獣医師の池谷が、実際の動物の頭の骨を前にお話をしてくれました。
骨からわかる動物のエサの食べ方や頭の筋肉のつき方などとてもためになるお話が聞けました。

読み聞かせ
読み聞かせ

来月は3月12日(土曜日)午前11時~行います。

次回の絵本は「ペンギンほっきょくへいく」と「いのちのいれもの」の2冊!
今年度最後の読み聞かせとなります。ぜひお越しください。

後期読み聞かせ日程表(PDF形式 247キロバイト)

また12日から過去のおりがみえほんをほぼ全て作れるようになりました。

オオカミ・エゾシカ・ペンギン・アザラシなどたくさんの種類を準備しています。
こちらもぜひ作りに来てくださいね!

種類

【投稿者 大西 美希】

関連ファイル