平成28年3月 「冬場の滑りやすい園内と新たな課題」

最終更新日 2016年3月15日

ページID 055739

印刷

冬の旭山動物園画像

役所的には年度末です。いろいろと大変な時期です。

旭川の人口が34万人を切ったニュースはやはりとは思いましたがショックは大きかったです。

動物園でこれだけたくさんの命を預かり続ける覚悟を問われてるように感じました。

分相応の中で背伸びをせず、丁寧に、地に足をつけ、前向きにチャレンジ、でしょうか。
それにしても2月は大雨、凍結、大雪とめまぐるしく天候が変わりました。

自然の力には、収まるまで何もできないのが現実ですね。

自然に対峙することが技術ではなく、受け流す発想も必要だと感じます。
こんな状態だったので、動物の放飼場もザクザクになったり、ガリガリ、デコボコに凍ったり、

ツルツルになったりと気を使うことが多くありました。あっ、もちろん来園者に対してもでした。

この冬は外国の観光客が明らかに多く訪れています。多国籍化も進んでいます。

多くはアジア圏の方ですが、暑い国の方が多いので雪道の歩き方を知りません。

今までなかったのですが、今シーズン初めて外国の方が園内で転倒したことが原因での

トラブルが続きました。僕たちには冬の雪は当たり前の自然現象ですから、

自動車を運転していて凍結路面でスリップ事故を起こしても、

道路管理者に補償させようとは思いませんよね。

でも南国のヒトにしたら雪はたとえば台風のような天災で、だから雪道で転んでケガをしたら

誰かが補償してくれるものだと考えるのかもしれないと感じました。

さらに病院にとなると救急車を手配するのですが、こちらで手配をするので

支払いも当然動物園がするものと勘違いを生みだしているのかもしれません。

ツアーでの来園者ならば添乗員の方にお任せできるのですが、個人で訪れる観光客が増えていますから、

ケガをした方も異国で心細いのも理解できるし、言葉の壁が誤解を生じていたりします。

せっかく来てくれたのにお互いに納得できないしこりを残すのは悲しいことです。

新たな課題です。旭山動物園は山の斜面にあります。自然の地形には逆らえません。

毎日数回路面のチェックをしてできるだけ滑らないように、滑り止めの砂利をまいたり、

ツルハシで細かくデコボコにしたりするのですが、雪が降り続いたり、

気温が急激に上がったりするといたちごっこになってしまうこともあります。

東門に上がる坂道も要注意です。

とにかく今年は日中の気温が上がることが多く、ここは札幌?と感じる日が多くありました。

すり足で歩いたくらいではテカテカにならない旭川の雪はどこに行ったのか!

と寒い冬が恋しくなる2月でした。