旭山にゅーす・ぶろぐ

【しいくにゅーす】一覧

このページでは「しいくにゅーす」の記事のみを掲載しています。

「しいくにゅーす」では飼育に関する様々な情報を紹介します。

2017年12月のしいくにゅーすの記事

アムールヒョウの双子の愛称が決定!&命名式を行いました(12月29日) 

本日、アムールヒョウの双子(オス・メス)の命名式をもうじゅう館前で行いました。

集合写真

(関係者で集合写真。※右から2人目が命名者の村本さん)


愛称はオスが「とわ(永遠)」、メスが「みらい(未来)」に決まりました!
この愛称は「アムールヒョウと旭山動物園が明るい未来であるように」との命名理由から名付けられました。

応募総数287通の中から、命名者に選ばれたのは、道内北見市在住の村本 紫織(むらもと しおり)さん。

命名式では、命名者の村本さんから愛称と命名理由が発表されて、命名プレートが当園の坂東園長に渡されました。
プレート 

(命名者の村本さん(右)と坂東園長)


また、命名者の村本さんには記念品として、NPO法人旭山動物園くらぶ理事長の森 禎宏(もり ただひろ)様から写真パネルなどの記念品が、当園からは、もうじゅう館の飼育担当が自ら作成した、記念のフォトブックがそれぞれ贈呈されました。

くらぶ

(旭山動物園くらぶ様から村本さんへ記念品の贈呈)

飼育担当

(飼育担当者から記念品の贈呈)

母子

(「とわ」と「みらい」)


今回、愛称がつけられた「とわ(永遠)」、「みらい(未来)」の2頭は、母ルナの愛情と支えによって順調に成育中です。これからも「とわ」と「みらい」の成長を温かく見守ってくださいね!

(なおアムールヒョウは、終日もうじゅう館で展示しております。)

関連記事

アムールヒョウの双子の命名式を行います(12月29日)

今年8月12日・13日に生まれたアムールヒョウの双子(オス1頭・メス1頭)の愛称募集を12月2日から12月10日にかけて実施したところ、応募総数が287通ありました。たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。そして、その中から厳正なる選考を行った結果、このほど愛称が決まりました。
つきましては、12月29日(金曜日)に命名式を実施しますので、皆さまぜひお越しください。

アムールトラ
母ルナと双子
ユキヒョウ
双子の様子

命名式について 

日時

 12月29日(金曜日) 午後1時から

場所

もうじゅう館 ユキヒョウ前

(※悪天時は、もうじゅう館アムールトラとヒグマ展示間スペースで実施します。)

その他

命名者(1名)の方には、旭山動物園並びにNPO法人旭山動物園くらぶ様より記念品が贈られます。

愛称

愛称については、当日、セレモニー内で命名者の方から発表いたします。

式次第

  1.  開会
  2.  命名者紹介・愛称発表
  3.  命名プレート引き渡し
  4.  記念品贈呈
  5.  園長あいさつ
  6.  記念撮影
  7.  閉会

2 関連記事(過去掲載情報)

レッサーパンダが移動します

レッサー
日本平動物園に移動する縞縞(ガオガオ)

 レッサーパンダの縞縞(ガオガオ、雄)が12月27日に静岡市にある日本平動物園に引っ越しするのでお知らせいたします。

 縞縞は2015年に父親のチャーミンと母親の渝渝(ユーユー)の間に第一子として生まれました。

 レッサーパンダは国内に約250頭が飼育されており、飼育園館が協力して繁殖に取り組んでいます。今回の移動も、縞縞の血統を考えた上でペアリングをするための移動になります。日本平動物園での繁殖成功のために頑張ってくれることと思います。

 

 縞縞の移動は12月27日予定のため、当園での展示は12月26日までになります。

 また、日本平動物園での展示予定については到着後の様子次第なので、日本平動物園のHP等を参照して下さい