旭山にゅーす・ぶろぐ

【しいくにゅーす】一覧

このページでは「しいくにゅーす」の記事のみを掲載しています。

「しいくにゅーす」では飼育に関する様々な情報を紹介します。

2016年4月のしいくにゅーすの記事

アムールトラの出産について(4月26日)

産室の様子
産室での「ザリア」と赤ちゃんの4/12の様子

 4月8日に出産したアムールトラの詳しい経過をお伝えいたします。

 生まれた赤ちゃんは全部で3頭になります。1頭目は午前8時26分、2頭目は約1時間後の午前9時40分ぐらいに生まれました。ただ3頭目は残念ながら死産という結果でした。

 担当の飼育員もビデオでの観察を続けており現在は、目が開き始めています。赤ちゃんの性別の判定は、ビデオからでは判断できませんので、まだ先になる予定です。

 旭山動物園では、アムールトラの生育が初めてのこともあり、とにかく慎重に見守っていきたいと思います。

 また、公開については、6月に入ってからと考えています。

 

 アムールトラの産室の様子(動画)はこちら(4月16日の様子)

シンリンオオカミとカナダヅルが引っ越しました

 4月14日に、シンリンオオカミの「ミナ(♀)」とカナダヅルが、鹿児島県の平川動物園へ引っ越しをしました。

 シンリンオオカミの「ミナ」は、2014年5月に旭山動物園でうまれた個体で、これから新しい地での繁殖を目指していきます。

 また、カナダヅルは1987年4月に恩賜上野動物園から来園した個体で、旭山動物園での展示スペースの問題、日本国内では平川動物園のみで飼育されていることから、今回の移動となりました。

 

  シンリンオオカミ「ミナ」
  シンリンオオカミの「ミナ」
 カナダヅル
  カナダヅル

アムールトラが出産しました

ザリア
アムールトラの「ザリア」

 3月末から産室で過ごしていたアムールトラの「ザリア」ですが、4月8日に出産しました。

現在もビデオで経過を観察し、赤ちゃんは授乳もしており、順調に成長をしていますが、

まだまだ安心できません。
 ザリアの出産は昨年に続き2度目で、昨年は育児放棄をしましたが、今回は育児を行っています。

 旭山動物園でのアムールトラの繁殖は、失敗に終わりましたが昨年が初めてのことでした。

 今回無事に生育できるよう細心の注意を払い見守っていきたいと思います。

 経過については、後日報告いたします。

前回のしいくにゅーすについてはこちら

トラック寄贈式及び感謝状贈呈式を行いました(4月2日)

寄贈式の様子
寄贈式の様子

 4月2日、ダイハツ工業株式会社様より、軽トラック「ハイゼット」を3台寄贈していただき、ダイハツ工業株式会社へ感謝状を贈呈しました。

 今回の寄贈は、ダイハツ工業株式会社様に旭山動物園が中心となって取り組んでいる「ボルネオへの恩返しプロジェクト」活動の理念に共感をいただいたことから実現しました。ハイゼット3台は、旭山動物園、ボルネオ保全トラストジャパンを通して、マレーシア国サバ州野生生物局に寄贈され、サバ州(ボルネオ島)でボルネオゾウの救助活動などで活躍します。

 そして将来のボルネオ島の動物たちの未来へつながっていきます。

現地での状況は相変わらず厳しい状況ではありますが、様々な方々の応援を力にし、ボルネオへ恩返しをし続けていきたいと思います。

 寄贈された軽トラックは今後、今月末にボルネオ島へ向け出発をし、来月中には到着する予定です。

ボルネオへの恩返しプロジェクトについてはこちら