旭山にゅーす・ぶろぐ

【しいくにゅーす】一覧

このページでは「しいくにゅーす」の記事のみを掲載しています。

「しいくにゅーす」では飼育に関する様々な情報を紹介します。

2019年12月のしいくにゅーすの記事

アムールヒョウの「ルナ(メス)」が移動します

ルナ
移動するアムールヒョウの「ルナ」

 12月20日にアムールヒョウの「ルナ(メス)」がブリーディングローン(繁殖のための貸出)で東武動物公園に移動します。

 今回の移動は、旭山動物園で飼育している「ルナ」と「キン(オス)」のペアを解消し、東武動物公園の「アブス(オス)との新たなペアリングを試みます。これは新たな血統を創出し、アムールヒョウの飼育下での遺伝的多様性を確保するために行います。

 「ルナ」は旭山動物園で2017年に「トワ(オス)」と「ミライ(メス)」を出産・育児をした個体ですので、今後の繁殖に期待したいと思います。

アビシニアコロブス「カトリーナ(メス)」の死亡について

アビシニアコロブス
死亡した「カトリーナ」

 2019年11月24日にアビシニアコロブスのカトリーナが死亡しました。25歳でした。
 11月20日から体調を崩し、治療を行っていましたが死亡しました。
 血液検査と病理解剖の結果、重度の腎不全による尿毒症を発症していたものと考えられます。アビシニアコロブスの野生下での寿命は20年ほどといわれており、カトリーナは25歳と長生きした個体でした。