チンパンジーの「キーボ」の訃報

最終更新日 2021年12月26日

ページID 074465

印刷

チンパンジーの「キーボ」の訃報

 12月26日の朝、チンパンジーの「キーボ(オス)」が死亡しました。53歳でした。

 数年前から筋肉も落ち、行動も緩慢になるなど、老化は進行していました。
 ここ数日、急速に衰弱が進行したため、寝室での隔離飼育としていました。隣の寝室で群れのメンバーが見守る中、26日朝、死亡していました。

 解剖の結果、内臓等に異常は認められず、老衰と診断しました。

 「キーボ」は、1968年8月30日多摩動物公園生まれで、1975年2月10日におびひろ動物園から来園しました。ここ数年は、群れの中でもひっそりと暮らしていましたが、他のチンパンジーからは慕われている存在でした。これまでに10頭の子孫を残しました。

夏のキーボ
今年の夏の「キーボ」の様子
昨日のキーボ
昨日(12/25)の「キーボ」