平成30年4月からの保育料等の一部が変更(軽減)となりました。

情報発信元 こども育成課

最終更新日 2018年7月4日

ページID 061819

印刷

旭川市では、平成30年6月に関係条例の改正を行い、保育料の軽減を実施しました。

保育料の軽減は、平成30年4月に遡って適用し、軽減内容につきましては、次のとおりとなります。

1 1号認定を受けて認定こども園、新制度に移行した幼稚園を利用している方

  ひとり親世帯等以外の第1子目の保育料を4,000円、第2子目の保育料を2,000円減額しました。

認定

区分

対象となる

保育料階層

保育料の軽減の内容

1号認定

B1階層

第1子:10,300円→6,300円

第2子: 5,150円→ 3,150円

※B1階層の多子軽減における子どもの人数のカウント方法は、生計を一にする子どもを対象とし、年齢は問いません。

2 従来型の幼稚園を利用している方

・市民税所得割額が77、100円以下の世帯の第1子と第2子を対象として幼稚園就園奨励費補助金を増額(保護者負担を軽減)しました。

対象となる世帯区分 幼稚園就園奨励費補助限度額

市民税所得割額77,100円以下の世帯

第1子 139,200円 → 187,200円

第2子 223,000円 → 247,000円

関連記事

お問い合わせ先

旭川市子育て支援部こども育成課保育給付係

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 旭川市第二庁舎5階
電話番号: 0166-25-9845
ファクス番号: 0166-26-5722
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)