地域デザインプロデューサー育成事業に係る公募型プロポーザルの実施について

情報発信元 産業振興課

最終更新日 2020年6月29日

ページID 070778

印刷

地域デザインプロデューサー育成事業に係る公募型プロポーザルの実施について

地域デザインプロデューサー育成事業について、公募型プロポーザル方式により受託候補者の選定を行います。

プロポーザル(企画提案)に参加される方は、公募文、実施要領を確認の上、参加表明書に必要な書類を添えて、期限までに提出してください。

業務名

地域デザインプロデューサー育成事業

事業目的

新型コロナウイルス感染症により経済・マーケットの在り方が世界的に大きく変わろうとする中、その変化を乗り越えていくために、デザインと経営の両面を踏まえ、製品・サービス・事業・地域等のプロデュースができる人材を育成する事業である。地域のデザイナーや支援機関、事業者に対し、デザインプロデュースの実践的な研修を実施することで、デザイン経営導入、本市の中小企業のブランド構築やイノベーション創出を図る。

業務内容

  1. 全体のカリキュラムの設計
  2. 対象者の募集
  3. デザインプロデュースの基礎研修及びワークショップに係る企画・運営
  4. 地域企業と受講者のマッチング及び実践研修受講者の選定
  5. デザインプロデュースの実践に係る企画・運営
  6. 報告会の開催

その他詳細は実施要領をご確認ください。

履行期間

契約締結日から令和3年3月31日まで

参加表明書の提出(申請受付を締め切りました。)

提出期限 令和2年7月22日(水曜日) 午後5時(期限厳守)まで

提出方法 持参又は郵送による(提出期限までに必着)

提出場所 旭川市経済部産業振興課

〒078-8801 旭川市緑ヶ丘東1条3丁目1−6旭川リサーチセンター2階

質疑に対する回答

受付日 質疑事項                  回答事項
7月31日

「プロポーザル実施要領」の第2(事業内容等)に関して:

質問1)

「実践研修のための地域事業者を2者程度選定し、受講者とマッチングを行い、

受講する希望者を選定する。1地域企業とのマッチング」とありますが、

地域事業者と地域企業は同義語でしょうか。

質問2)

実践研修のために、実践研修受入を希望する該当地域事業者の選定及び公募は、

別途旭川市が行うのでしょうか?或いは選定された事業者が行うのでしょうか?

回答1)

地域事業者と地域企業は同義語になります。

回答2)  

実践研修受入を希望する該当地域事業者の選定及び公募については、

本事業で選定された事業者の業務となります。

選定された事業者が実施する告知について旭川市も協力いたします。                  

7月31日

「プロポーザル実施要領」の第2(6)報告会の開催に関して;
質問1)「実践研修の報告会を旭川で開催する。 」とありますが、本事業で

選定された事業者が主催、会場の手配をするのでしょうか。また、その会合は

規模として何人ぐらいを想定すれば良いのでしょうか。
質問2)「実践研修受講者に対し専門家による助言をもらえる機会を設ける 」

とありますが、専門家の手配は、本事業で選定された事業者の業務の一環で

しょうか?また、業務の一環の場合、本事業で選定された事業者自らが、

旭川に専門家を招致する必要はありますでしょうか?(別の言い方をすれば、

オンラインでの助言あるいは、予め専門家の方にご準備いただいたコメント

や動画を報告会で公表する などの形式でも良いのでしょうか)

回答1)報告会の開催については、事業者が主催、会場の手配を行います。

規模は50人から100人程度を想定しています。

回答2)専門家の手配については、本事業で選定された事業者の業務の一環で

す。専門家の招致については、招致をしないでオンラインでの実施も可能です。

報告会で、受講者が発表した内容について、コメントや助言をいただく形を

想定しております。発表の仕方にもよりますが、予め専門家がコメント等を

準備した上での公表の場合、発表者からの質疑に答えられないことから、

当日の質疑に答えられる状態を確保してください。

 質問1)

「本事業とは別に旭川市による対象者の公募を行なうが、多くの募集を促す

ため、本事業の概要並びに必要性を周知するための事前オンライン

セミナーを開催する。」とあるが、オンラインセミナーの主催者は旭川市

でその部分を弊社が担うのでしょうか?もしくは弊社単独での開催でしょうか?

質問2)

本事業で短期間かつ確実な成果を出すべく、受講者25名の選定に参加させて

もらうことは可能でしょうか?

質問3)

実践研修のための地域事業者を2者程度選定とあるが、この地域事業者は

予め決まっているのでしょうか?もし弊社が選定する場合、旭川市からの

斡旋や推薦などサポートは貰えますでしょうか?

質問4)

地域事業者の選定は2者程度とありますが、実践研修の選定に関して、

地域事業者とのマッチングが2組以上発生させても良いでしょうか?

質問5)

25名の受講者から実践研修に進むメンバーの選定方法はカリキュラムの

項目としてご提案させていただくことは可能でしょうか?

 回答1)

オンラインセミナーについては、事業の概要並びに必要性の周知と言うこと

で受託者が実施します。受講者の公募については旭川市も協力するという

意味です。

回答2)

受講者の選定については受託者と一緒に実施いたします。

回答3)

地域事業者は、受託者と話し合いしながら決定します。実践研修のための

地域事業者に関する情報提供は可能です。

回答4)

2者程度なので2組以上発生しても問題はありません。

回答5)

実践研修に進むメンバーの選定方法については、カリキュラムの項目として

提案していただいてかまいません。 

関連ファイル

必要な書類は、こちらからダウンロードしてください。

お問い合わせ先

旭川市経済部産業振興課

〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号リサーチセンター2階
電話番号: 0166-65-7047
ファクス番号: 0166-65-7048
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)