【介護事業所向け】外国人介護福祉人材育成支援協議会への令和2年度参加意向調査について

情報発信元 長寿社会課

最終更新日 2020年1月15日

ページID 068226

印刷

外国人介護福祉人材育成支援協議会への令和2年度参加意向調査について

外国人介護福祉人材育成支援協議会より、令和2年度の参加希望事業所に係る調査があったことから、旭川市内で参加を希望する事業所を取りまとめます。

以下の記載内容を御確認の上、令和2年度の参加を希望される場合は、期日までに調査票を提出してください。

外国人介護福祉人材育成支援協議会

協議会の目的

この協議会は、自治体、介護福祉士養成施設、福祉施設等が一体となり、介護福祉士の資格取得を目指す外国人留学生の育成を支援し、卒業後に地域の介護事業所への就業へつなげることを目的とし、東川町が中心となって設立された団体です。

外国人介護福祉人材育成支援協議会規約(PDF形式 541キロバイト)

会員区分

協議会への参加は、参加する自治体が域内で参加を希望する福祉施設等を取りまとめて申し込むこととされています。

協議会の参加に係る会員区分は、「正会員」「準会員」「賛助会員」とされています。

  • 正会員:志願者に奨学金を貸与することを決定した自治体及び福祉施設等
  • 準会員:志願者が配置されなかった福祉施設等で、補充のための学生を配置される福祉施設等
  • 賛助会員:協議会の趣旨に賛同し、将来正会員になろうとする自治体及び福祉施設等
旭川市の参加状況

本市は、今後の介護人材確保支援策の検討の一環として、令和元年度より「賛助会員」の区分で参加をしています。

このため、市内で参加を希望される事業所につきましても「賛助会員」での参加となります。

「賛助会員」と協議会の関係は協議会からの情報提供等に止まり、外国人留学生とのマッチング等はありません。

なお、今後の「正会員」としての参加は未定であることをご承知おきください。

会費

賛助会員としての参加に当たっては、1事業所当たり5000円の年会費の負担が必要です。(令和元年度現在)

令和2年度参加希望事業所調査

令和2年度から賛助会員としての参加を希望する事業所につきましては、次の要件等を御確認いただき、運営法人において取りまとめの上、調査票を期日までに提出してください。

参加意向調査票(エクセル形式 14キロバイト)

申込要件

  • 旭川市内に所在する介護サービス事業所・施設であること。(訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具、住宅改修、居宅介護支援を除く)
受入施設としての要件

協議会の役員会において、正会員として外国人留学生を受け入れる施設の要件が次のとおり決定されています。

本市は現在賛助会員としての参加ですが、協議会への参加を検討するにあたってはこれらの点にも留意してください。

  • 処遇改善加算を取得し、介護職員の給与等の改善を実施していること。
  • 社会福祉士介護福祉士養成施設指定規則第5条第14号に規定する介護実習施設等であること。
  • 当該協議会により配置される外国人留学生の給与(通勤手当、住居手当、扶養手当を除く)について、初年度を除き最低250万円とすること。

提出期限

令和2年1月28日(火曜日)

提出先

旭川市福祉保険部長寿社会課地域包括ケア推進係

電子メール chojushakai@city.asahikawa.lg.jp

ファックス 0166-29-6404

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課地域包括ケア推進係

担当:中岡

電話 0166-25-9797

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-9797
ファクス番号: 0166-29-6404
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)