第2期旭川市公共交通事業者等緊急支援金について(受付は終了しました。)

情報発信元 都市計画課

最終更新日 2021年2月1日

ページID 072228

印刷

第2期旭川市公共交通事業者等緊急支援金について(受付は終了しました。)

ご案内(路線バス事業者、法人・個人タクシー事業者用)(PDF形式 134キロバイト)

ご案内(福祉限定タクシー事業者用)(PDF形式 140キロバイト)

趣旨

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う北海道知事からの「感染リスクを回避できない場合、旭川市内における不要不急の外出を控える」要請等により、利用者の減少など大きな影響を受けている交通事業者に対して、事業の継続及び感染防止策の徹底に向けた支援を行うものです。

支援対象者

令和2年12月10日現在、道路運送法(昭和26年法律第183号)第4条の許可を受け、旭川市内に本店(個人事業者は住所)及び営業所(道路運送法に基づく事業計画で定める営業所)を置く路線バス、法人及び個人タクシー事業者(福祉輸送事業限定含む)で、今後も事業を継続する意思がある者。

ア 一般乗合旅客自動車運送事業者(路線バス)

イ 一般乗用旅客自動車運送事業者(法人及び個人タクシー)(福祉輸送事業限定は除く。)

ウ 一般乗用旅客自動車運送事業者(法人及び個人タクシー)(福祉輸送事業限定で、平成30年度又は令和元年度の事業における営業収入が120万円以上である者。ただし、令和2年度が事業初年度の場合は、同程度の収入がある者。)

※ただし、暴力団等に関与がないことが要件となります。

支援額

【1事業者当たり上限200万円】

支援対象者

支援額

法人事業者

(路線バス・タクシー事業者)

基本額 30万円

加算額 令和2年12月10日現在で各事業者が市内の営業所に配置する事業用車両※1台につき1万円

個人事業者

(個人タクシー事業者)

基本額 10万円

福祉限定タクシー事業者

基本額 10万円

※ 新型コロナウイルス感染症の影響を受けての期間を限定する休車の対象となっている車両を除く。

申請手続

申請書類

(1)旭川市公共交通事業者等緊急支援金交付申請書(様式第1号)【路線バス事業者、法人・個人タクシー事業者用】

 又は

 旭川市公共交通事業者等緊急支援金交付申請書(様式第2号)【福祉限定タクシー事業者用】

※手書きの場合は、ペン又はボールペンで記載してください。(消えるボールペンは使用不可)

様式第1号(路線バス・タクシー・個タク)(ワード形式 16キロバイト)

様式第1号(路線バス・タクシー・個タク)(PDF形式 58キロバイト)

様式第2号(福祉)(ワード形式 14キロバイト)

様式第2号(福祉)(PDF形式 45キロバイト)

記載例<様式1号>(路線バス・タクシー)(PDF形式 103キロバイト)

記載例<様式1号>(個タク)(PDF形式 110キロバイト)

記載例<様式2号>(福祉)(PDF形式 160キロバイト)

(2)事業の許可を示す事業許可証の写し

事業許可証の写しを提出してください。

※事業計画や運賃の変更認可書の写しは不可

※お手元にない場合は旭川運輸支局が発行する証明書の写しを提出してください。

(3)(福祉限定タクシー事業者のみ)営業収入が確認できる書類の写し

国土交通省に提出した平成30年度又は令和元年度、令和2年度の輸送実績報告書の写し(旭川運輸支局の受理印が押印されたもの)など

(4)その他市長が必要と認める書類

・誓約書兼同意書

申請書同様に記名、押印してください。

誓約書兼同意書(路線バス・タクシー・個タク)(ワード形式 11キロバイト)

誓約書兼同意書(路線バス・タクシー・個タク)(PDF形式 41キロバイト)

誓約書兼同意書(福祉)(ワード形式 11キロバイト)

記載例<誓約書兼同意書>(路線バス・タクシー)(PDF形式 56キロバイト)

記載例<誓約書兼同意書>(個タク)(PDF形式 57キロバイト)

記載例<誓約書兼同意書>(福祉)(PDF形式 62キロバイト)

・(個人事業者のみ)支援金の振込先の通帳等の写し

口座名義人、金融機関名、金融機関の店名、預金の種類及び口座番号が確認できるものを提出してください。

申請受付期間

令和2年12月19日(土)~令和3年1月29日(金)【必着】

※令和2年12月19日(土)、20日(日)は次のとおり臨時窓口を開設します。
【場所】旭川市6 条通10 丁目旭川市役所第三庁舎1階会議室

【受付時間】午前10時~午後3時

※窓口にお越しの際は、マスクの着用や手指の消毒など、感染拡大防止に御協力ください。

※年内に交付を希望される場合は、12月22日(火)までに申請書類一式を提出してください。

申請方法

持参又は郵送とします。郵送の場合、未着を防ぐため、配達履歴が確認できる方法(簡易書留等)をおすすめします。

<提出先>〒070-8525 旭川市6条通10丁目 第三庁舎3階

旭川市 地域振興部 都市計画課 支援金担当 

※送料は申請者側でのご負担をお願いします。

※裏面に差出人の住所及び氏名を記載してください。

要綱

第2期旭川市公共交通事業者等緊急支援金交付要綱PDF形式 77キロバイト)

Q&A

Q.支援金の使途に制限はありますか?

A.ありません。

Q.支援金は課税対象になりますか?

A.支援金は税務上は益金(個人事業者の場合は総収入金額)に算入されるものですが、損金(個人事業者の場合は必要経費)の方が多ければ、課税所得は生じないこととなります。所得税や法人税に不明な点などありましたら、所轄の税務署までお問合せください。

(福祉限定タクシー事業者のみ)

Q. 平成30年度と令和元年度、どちらの営業収入を記入したら良いですか?

A. 営業収入が120万円以上の年度であれば、どちらの年度でも構いません。

Q. 令和2年度の途中から事業を開始し、1か月平均で10万円以上の営業収入がありますが、年間の営業収入は120万円未満です。この場合支援金の対象となりますか?

A. 営業収入を得た期間が1年に満たない場合は、営業収入を実際の事業期間(月単位)で割った額を基に交付の可否を判断します。申請書に、国に届け出た「運輸開始年月日」を記入してください。

関連ファイル

お問い合わせ先

旭川市地域振興部都市計画課公共交通担当

〒070-8525 旭川市6条通10丁目 第三庁舎3階
電話番号: 0166-25-9851
ファクス番号: 0166-27-3466
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)