附属機関等の公募委員の募集

情報発信元 市民活動課

最終更新日 2020年2月20日

ページID 006108

印刷

公募を実施する附属機関等

募集中の附属機関等

現在、公募委員を募集している附属機関等は次のとおりです。

募集中の附属機関等一覧
機関名 募集期間
社会教育委員 2月20日(木曜日)から3月19日(木曜日)まで
市民協働推進会議 2月19日(水曜日)から3月19日(木曜日)まで

中園廃棄物最終処分場監視委員会及び廃棄物処分場環境対策協議会(廃棄物最終処分場監視機関)

2月17日(月曜日)から3月17日(火曜日)まで

募集中の附属機関

社会教育委員

審議(協議)

事項等

社会教育に関し教育委員会に助言を行います。
応募資格

次の要件を全て満たす方

  • 社会教育に関心がある18歳以上(令和2年5月1日現在)の方
  • 旭川市内に居住しているか、通勤通学している方
  • 原則として本市の附属機関の委員又は懇談会等の参加者に就任していない方
  • 本市の市議会議員及び職員でない方
募集人員

2人(原則として男女各1人)

委員総数

(公募割合)

15人(13%)

社会教育に関する専門性を確保するため。

任期

令和2年5月1日から令和4年4月30日まで

応募方法 社会教育課(6条通8丁目 セントラル旭川ビル7階)、市政情報コーナー(総合庁舎1階)、各公民館、中央図書館(常磐公園)、科学館(宮前1条3丁目)、博物館(神楽3条7丁目 大雪クリスタルホール内)、市ホームページにある応募用紙に必要事項を記入の上、持参、郵送、FAX又は電子メールに添付して社会教育課に提出してください。
応募期間

令和2年2月20日(木曜日)から令和2年3月19日(木曜日)まで【当日消印有効】

選考方法
  • 応募用紙に記載された応募の動機と小論文の内容を審査し、選考します。(応募用紙は返却しません。)
  • 選考結果は応募者全員に書面で通知します。
報酬・謝礼等 会議1回の出席ごとに日額7,700円(所得税等を源泉徴収します。)

チラシ・

応募用紙

チラシ(社会教育)(PDF形式 81キロバイト)

応募用紙(社会教育)(エクセル形式 24キロバイト)

担当

社会教育部 社会教育課

電話:0166-25-7190

FAX:0166-25‐8210

Eメール:shakaikyoiku@city.asahikawa.lg.jp

附属機関等一覧に戻る

市民協働推進会議

審議(協議)

事項等

市民活動の促進及び協働の推進に関する事項について調査・審議を行います。
応募資格

次の要件を全て満たす方

  • 現に市民活動を行っている方又は市民活動や協働に関心がある方
  • 旭川市内に居住又は通勤通学している方
  • 令和2年6月1日現在、満18歳以上の方
  • 原則として本市の附属機関の委員又は懇談会等の参加者に就任していない方
  • 本市の市議会議員及び職員でない方
募集人員

2人(原則として男女各1人)

委員総数

(公募割合)

7人(28%)

任期

2年間(令和2年6月1日から令和4年5月31日まで)

応募方法 次の施設に設置されている所定の応募用紙に必要事項を記入し、持参、郵送、FAX又は電子メールで市民活動課へ提出してください。提出いただいた応募用紙は返却いたしませんので、あらかじめ御了承ください。
  • 市民活動課市民活動係(総合庁舎4階)
  • 市政情報コーナー(総合庁舎1階)
  • 旭川市情報コーナー(6条通14丁目 イトーヨーカドー旭川店1階)
  • 市民活動交流センター(宮前1条3丁目)
  • ときわ市民ホール(5条通4丁目)
  • 各支所
  • 各地区・住民センター
  • 各地域活動センター
応募期間

令和2年2月19日(水曜日)から令和2年3月19日(木曜日)まで【必着】

選考方法 応募者が募集人数を超えた場合は、市民活動・協働に関する作文(600字程度)を提出いただき、審査を行い決定します。

※作文を提出いただく場合は、応募者全員に文書で通知します。

報酬・謝礼等 会議1回の出席ごとに日額7,700円(所得税等を源泉徴収します。)

チラシ・

応募用紙

チラシ(協働)(PDF形式 155キロバイト)

応募用紙(協働)(ワード形式 27キロバイト)

担当

市民生活部 市民活動課 市民活動係

電話:0166-25-6012

FAX:0166-25‐6515

Eメール:shiminkatsudo@city.asahikawa.lg.jp

附属機関等一覧に戻る

中園廃棄物最終処分場監視委員会及び廃棄物処分場環境対策協議会(廃棄物最終処分場監視機関)

審議(協議)

事項等

廃棄物最終処分場の維持管理及び周辺地域の環境対策等について審議を行います。

応募資格

審議内容に関心があり、次の条件を満たす方

  • 江丹別地域以外の旭川市内に居住する満18歳以上(令和2年5月1日現在)の方。

※旭川市に通勤や通学している方を含む。

  • 原則として旭川市の附属機関の委員又は懇談会等の参加者に就任していない方。

旭川市の附属機関の委員又は懇談会等の参加者に就任されている方も応募は可能とするが、応募が募集人員を超えた場合は、就任されていない方を優先的に選考する。

  • 旭川市の市議会議員及び職員でない方。
募集人員

4人(原則として男女各2人)

委員総数

(公募割合)

  • 中園廃棄物最終処分場監視委員会15人(27%)
  • 廃棄物処分場環境対策協議会11人(36%)
任期

2年間(令和2年5月1日から令和4年4月30日まで)

応募方法 廃棄物処理課(総合庁舎8階)、市政情報コーナー(総合庁舎1階)、各支所に備え置いてある所定の応募用紙に必要事項を記入し、持参、郵送、FAX、電子メールで廃棄物処分場(江丹別芳野71番地)に提出してください。提出いただいた応募用紙は返却されません。
応募期間

令和2年2月17日(月曜日)から令和2年3月17日(火曜日)まで【必着】

選考方法

応募者が募集人員を上回った場合には、応募期間終了後に400字以内の作文により選考を行います。

なお、応募状況によっては、男女の割合が変更となる場合があります。

報酬・謝礼等 日額7,700円をお支払いいたします。(所得税等を源泉徴収します。)

チラシ・

応募用紙

チラシ(廃棄物最終処分場監視機関)(PDF形式 155キロバイト)

応募用紙(廃棄物最終処分場監視機関)(ワード形式 11キロバイト)

担当

環境部 廃棄物処理課 旭川市廃棄物処分場

電話:0166-59-4646

FAX:0166-73-2453

Eメール:syobunzyou@city.asahikawa.hokkaido.jp

附属機関等一覧に戻る

募集中の懇談会等

附属機関等一覧に戻る

備考

  • 詳細については、各機関の担当課にお問い合わせください。
  • 応募用紙は、各機関の担当課に提出してください。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民活動課市民参加推進係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-9101
ファクス番号: 0166-25-3381
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)