令和3年度旭川市高齢者施設等感染症対策研修事業実施団体等の追加募集について

情報発信元 長寿社会課

最終更新日 2021年9月6日

ページID 073465

印刷

令和3年度旭川市高齢者施設等感染症対策研修事業について

新型コロナウイルス感染症の流行下において、高齢者施設等に従事する職員が感染症対策の知識を深めるとともに、介護サービスを提供する事業者間の連携を促進することを目的とした研修事業に対して、予算の範囲内において旭川市高齢者施設等感染症対策研修事業補助金交付要綱に基づき補助します。

募集期間は、令和4年1月31日(月)までです。

応募状況により募集期間の途中で終了する場合があります。

要綱(PDF形式 94キロバイト)

1 補助対象及び募集団体数

補助対象

(1)主に旭川市内の介護サービス事業所・施設等によって構成される協議会や連絡会等の団体

旭川市老人福祉施設協議会、旭川市老人保健施設協議会など

(2)上記以外に、主に旭川市内の介護サービス事業所・施設等を運営する5者以上の事業者(法人)によって構成される任意のグループ

※代表となる1事業者(法人)に、申請手続等をしていただきます。

1つの事業所・施設が参加できるのは、1団体又は1グループのみです。

研修内容

新型コロナウイルス感染症対策を十分に行った上で、講義及び演習を組み合わせて、次の目的を達成するための研修であることが補助対象の要件です。

ア 新型コロナウイルス感染症に関する知識を深める。

イ 情報交換やグループ討議により事業所等の連携を促進する。

※令和3年度内に事業を完結する必要がありますので、令和4年2月までには研修を終える計画としてください。

受講対象者

介護サービス事業所・施設等に勤務する職員

募集団体数

6団体(グループ)

※先着順とします。

2 補助対象経費

研修の実施のために必要な報償費、旅費、需用費、使用料及び賃借料を補助対象とします。

具体的には、講師謝礼金、講師招へいのための旅費、テキスト作成のための用紙代、研修会場の使用料

3 補助金交付額

1団体及び1グループあたり 30万円を上限額とします。

※申請は1回に限ります。

4 補助金交付までの流れ

 高齢者施設等感染症対策研事業補助金交付の流れ(PDF形式 76キロバイト)

  • 提出された申請書類を審査し、交付決定を行います。
  • 研修会開催後に、提出された完了の報告を審査し、補助金の額を確定します。
  • 請求書により振込先口座を確認後、指定の口座に補助金を振り込みます。  

※概算払いが必要な場合には、担当までご連絡ください。

申請時に必要な書類 

交付申請時(エクセル形式 33キロバイト)

・(1)から(4)までを、事前連絡の上、郵送又は窓口(総合庁舎2階14番)に提出してください。

(1)補助金交付申請書(様式第1号)

(2)事業計画書(様式第2号)

(3)事業予算書(様式第3号)

(4)補助金交付申請額算定調書(様式第4号)

記載例については、こちらを確認してください。

報告時に必要な書類

実績報告時(エクセル形式 38キロバイト)

・(1)から(5)までを、郵送又は窓口(総合庁舎2階14番)に提出してください。

(1)補助事業実績報告書(様式第10号)

(2)事業実績書(様式第2号)

(3)事業決算書(様式第11号)

(4)補助金交付精算額算出調書(様式第12号)

(5)添付書類

  ・研修資料

  ・当日の写真

  ・支出証拠書類(領収書等)

※補助金の額決定後には、請求書(様式第16号)の提出が必要です。

記載例については、こちらを確認してください。

請求時に必要な書類

請求書(エクセル形式 15キロバイト)

記入例については、こちらを確認してください。

5 実施団体等募集期限

令和4年1月31日(金)までに申請時に必要な書類事前連絡の上、郵送又は窓口(総合庁舎2階14番)に提出してください。

6 問い合わせ・申請先

旭川市6条通9丁目 旭川市役所総合庁舎2階

旭川市福祉保険部長寿社会課地域包括ケア推進係

電話:0166-25-9797

FAX:0166-29-6404

Eメール:chojushakai@city.asahikawa.lg.jp

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-9797
ファクス番号: 0166-29-6404
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)