衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査について

情報発信元 選挙管理委員会事務局

最終更新日 2017年10月10日

ページID 062577

印刷

10月22日(日曜日)は衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査の投票日です!!

(北海道選挙管理委員会のページにリンクします)
 

旭川市の投票所で投票できる方

日本国民で次の要件を備えていることが必要です。

  • 平成11年10月23日までに生まれた方
  • 平成29年7月9日までに旭川市の住民基本台帳に登録されている方
  • 禁錮以上の刑に処せられているなどの欠格条項に該当しない方
  • 旭川市に引き続き3箇月以上住民票があり、市外へ転出後4箇月以内で、新住所地の選挙人名簿に登録されていない方

投票所整理券

投票所整理券は、4名連記となっておりますので、投票日には切り取り線から切り離して本人が投票所へ御持参ください。
また、この投票所整理券がなくても選挙人名簿に登録されていれば投票できますが、この場合、本人であることを確認できるもの(免許証・保険証等)を御持参願います。
投票所整理券には、期日前投票宣誓書を印刷しておりますが、期日前投票を行うときに使用するものであり、投票日当日(10月22日)に投票される場合には記入の必要がありません。
投票所整理券を紛失した場合や10月10日までに届かない場合などは、選挙管理員会にお申し出ください。

投票用紙に「小選挙区」は候補者氏名を、「比例代表」は政党名を記載願います

衆議院議員総選挙は、「小選挙区」と「比例代表」の2種類の選挙が行われます。

  • 投票の順序は、「小選挙区」を先に、「比例代表」を後に行います。
  • 「小選挙区」の投票用紙には候補者氏名を、「比例代表」の投票用紙には名簿届出政党等の名称又は略称を記載して投票します。

最高裁判所裁判官の国民審査も行われます。

  • 国民審査の投票用紙は、衆議院議員比例代表の投票用紙と同じ場所で交付し、記載所も同一箇所となります。投票する際は、衆議院議員比例代表の投票用紙は、比例代表と表示された投票箱に、国民審査の投票用紙は、国民審査と表示された投票箱にそれぞれ別々にお入れ下さい。
  • 国民審査の投票用紙には

やめさせた方が良いと思う裁判官・・・その氏名の上の欄に×を書く
やめさせなくて良いと思う裁判官・・・何も書かない

本人確認のお願い

投票所では本人確認をさせていただきます。不正な投票を防ぎ、皆様の権利を守るため御協力をお願いいたします。

期日前投票について

投票日当日、次の理由で投票できない方は期日前投票ができます。

  • 仕事などに従事する方(例えば自営業、出張、地域行事の役員など)
  • 冠婚葬祭などの予定のある方
  • 御自分の投票区の区域外に出かける方(例えばレジャー、旅行、買物など)
  • 病気やけが、身体の障害などのため、歩行が困難な方
  • 天災や悪天候により投票所に到達することが困難な方

期日前投票の手続き

期日前投票をされる方は、投票所整理券に印刷されている「期日前投票宣誓書」に御本人が住所、氏名等を御記入の上、整理券と併せて御持参いただくと受付が早く済みます。

期日前投票ができる期間・場所等

  • 期間 10月11日(水曜日)から10月21日(土曜日)(土曜・日曜も投票できます。)
期日前投票ができる期間・場所等
場所 時間
  • 選挙管理委員会事務局(7の10第2庁舎6階)
  • 神居支所(神居2の9)
  • 永山支所(永山3の19)
  • 東旭川支所(東旭川北1の6)
  • 神楽支所(神楽3の6)
  • 東鷹栖支所(東鷹栖4の3)
午前8時30分から午後8時00分
  • 江丹別支所(江丹別町中央)
  • 西神楽支所(西神楽南1の3)
午前8時30分から午後5時00分
  • フィール旭川7階(1の8)
午前10時00分から午後7時30分

不在者投票について

投票日当日、次の理由で投票できない方は不在者投票ができます。

  • 病院や老人ホームなど(北海道選挙管理委員会が指定した施設)に入院又は入所中の方
  • すでに他の市町村に転出している方(6月22日以降転出した方で旭川市の選挙人名簿に登録されている方)や長期出張等で投票日当日旭川市にいない方などは、旭川市選挙管理委員会宛てに不在者投票宣誓書兼請求書で投票用紙を請求し、後日送付された投票用紙等を現在お住まいの市町村選挙管理委員会に持参して不在者投票ができます。

詳細は、「期日前・不在者投票」をご覧ください。

郵便等による不在者投票について(お持ちの身体障害者手帳や戦傷病者手帳、介護保険の被保険者証をご確認ください)

下記123のいずれかの要件に該当する方は、あらかじめ郵便等投票証明書の交付などの手続きを行うことで、自宅等から郵便で投票することができます。

要件
番号 条件

1

身体障害者手帳をお持ちの方は、次に該当する方

  • 両下肢、体幹、移動機能障害が1級又は2級の方
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害程度が1級又は3級の方
  • 免疫、肝臓の障害が1級から3級の方
2 戦傷病者手帳をお持ちの方は、次に該当する方
  • 両下肢、体幹障害の程度が特別項症、第1項症、第2項症の方
  • 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害が特別項症、第1項症、第2項症、第3項症の方
3 介護保険の被保険者証をお持ちの方で次に該当する方
  • 要介護状態区分が要介護5の方

*手帳などの記載では該当するかどうかわからないときは、旭川市選挙管理委員会にお問い合わせください。

ただし、上記123のいずれかに該当しても自書ができない方は、対象になりません。
なお、自書ができない方で、身体障害者手帳で上肢又は視覚の障害が1級、若しくは戦傷病者手帳で上肢又は視覚の障害が特別項症、第1項症、第2項症であれば、代理記載人の申請をすることで、代理記載による郵便投票ができます。
詳細は、「郵便等による不在者投票制度」をご覧ください。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市選挙管理委員会事務局

〒070-8525 旭川市7条通10丁目第二庁舎6階
電話番号: 0166-25-6513
ファクス番号: 0166-23-3727
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)