ディスポーザについて

情報発信元 水道局総務課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 008432

印刷

「ディスポーザ」ってなあに。

生ゴミを捨てている様子
ディスポーザの説明

「ディスポーザ」(生ゴミ粉砕機ともいう。)とは、台所で発生する生ゴミを細かく砕いて水と一緒に下水道管へと流す機械のことをいいます。生ゴミを簡単に処理できるといわれていますが、これを使用することにより、下水道管が詰まったり、下水処理場の処理にも支障をきたし、掃除等の維持管理に多くの費用がかかることから、下記のような認定した製品以外は、設置を認めておりません。このようなことから、旭川市では台所で発生する生ゴミについては、従来どおり燃えるゴミとして出していただくようお願いしています。

設置可能なディスポーザはないの。

ディスポーザ排水処理システム

最近、開発・販売されている 「ディスポーザ排水処理システム」(国土交通大臣等が認めたもの)は、ディスポーザに 専用の排水処理設備 を備えたシステムであることから、下水道管へ流れる水質が下水道施設に大きな影響を与えることなく、接続できるようになっています。

ディスポーザ排水処理システムを設置したいのですが。

排水設備設置申請の手続が必要となります。なお、申請書類には、ディスポーザの認定書または評価書(国の関係機関等で発行しています)の添付が必要です。くわしい内容につきましては、下記担当にお問い合わせください。

問い合わせ先

サービス課給排水係

電話番号

0166-24-3165