旭川市の姉妹都市・鹿児島県 南さつま市

情報発信元 都市交流課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 053003

印刷

南さつま市

南さつま市の写真

提携年月日

2015(平成27)年5月3日

人口

36、370人(平成27年4月末現在)

面積

283.59平方キロメートル

市の概要

URL http://www.city.minamisatsuma.lg.jp/

鹿児島県薩摩半島南西部に位置し、日本三大砂丘の吹上浜があり、農・畜・水産物や加工品、焼酎・電子部品等の地場産業等の多くの資源に恵まれたまち。一大イベントである吹上浜砂の祭典の砂像「ノイシュヴァンシュタイン城」は世界最大の砂像としてギネスブックに登載された。

2020年(平成32年)には姉妹都市提携5周年を迎えます。

提携の経過

1997年(平成9年)2月に鹿児島県南さつま市(当時 加世田市)の吹上浜砂の祭典実行委員会委員長から旭川冬まつりの雪像制作の希望が寄せられ、以後、毎年南さつま市から制作隊が来旭、旭川鹿児島県人会の協力を得ながら雪像を制作し、冬まつりに合わせて市民訪問団が来旭しました。本市からは、平成9年7月に開催された吹上浜砂の祭典に旭川冬まつり実行委員会をはじめとする訪問団を派遣して以来ほぼ毎年参加しています。

交流を深める中で両実行委員会は平成20年2月に姉妹提携を行うとともに、両市は青少年交流(平成19、20年度)や短期間の市職員人事交流(平成21年度)を実施し友情の絆を深めてきました。

また、平成22年度から毎年「北の恵み 食べマルシェ」へ南さつま市の特産品等を出店するほか、平成24年2月には「災害時の相互応援に関する協定」の締結し、協力関係を強化するに至っています。

このような状況の中で、南さつま市から姉妹都市提携の提案があり、平成27年3月の旭川市議員協議会で了承を得て、同年5月3日旭川市長をはじめとする一行44名が南さつま市を訪れ盟約書に調印し、旭川市初の国内姉妹都市が誕生しました。

交流状況

姉妹都市盟約締結式

日 時 平成27年5月3日(日曜日) 10時00分から11時00分
会 場 吹上浜砂の祭典メインステージ(鹿児島県南さつま市)

 両市長による盟約書調印の写真

両市長による盟約書の調印

両市市旗交換の写真(旭川)両市市旗交換の写真(南さつま)

両市の市旗の交換

 旭川チカップニアイヌ民族保存会による演舞の写真

旭川チカップニアイヌ民族文化保存会による演舞

両市の姉妹都市盟約を記念したゆるキャラの砂像の写真

両市の姉妹都市盟約を記念したゆるキャラの砂像

姉妹都市提携交流合意書調印式

日時 平成27年9月21日(月曜日)10時00分から10時50分
会場 北の恵み食べマルシェ旭川駅前会場ステージ

平成27年5月の姉妹都市盟約締結を受け、両市長が今後の両市の交流の方針に関する合意書を取り交わしました。
また北の恵み食べマルシェ開催に合わせて南さつま市から代表団、郷土芸能団、マルシェ出店企業団等88名の訪問団が来旭しました。

両市長による交流合意書の調印の写真

両市長による交流合意書の調印

南さつま市郷土芸能の津貫中間豊祭太鼓踊りの写真

南さつま市郷土芸能の津貫中間豊祭太鼓踊り

関連記事

お問い合わせ先

旭川市地域振興部都市交流課

〒070-0031 旭川市1条通8丁目 フィール旭川7階
電話番号: 0166-25-7491
ファクス番号: 0166-23-4924
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)