登稔窯 登稔と女房の暮らしの中での器店(旭川地域のクラフト情報)

情報発信元 工芸センター

最終更新日 2017年10月18日

ページID 062530

印刷

登稔窯 登稔と女房の暮らしの中での器店

旭山動物園より10キロメートルほど山に入ったぺーパンというところで、主に半磁器土のボディーに赤絵色絵の上絵付けで、四季の草花やユーモラスな物語絵、伝統文様の日常食器などを作っています。

登稔窯1

登稔窯3

登稔窯2



工房基本情報
製品分野

陶芸

業種 陶磁器製造小売
アクセス

〒078-1273

旭川市東旭川町米原586

電話(0166)76-2845

営業時間

午前10時から午後4時

(不定休)

工房見学・体験 見学可
事前に予約申込をお願いします。
ショップ・
ショールーム
ホームページ 登稔窯のホームページ(新しいウインドウが開きます)

サイト内の情報は随時更新するよう努めておりますが、各工房・店舗の事情により商品が品切れや廃番になる場合もあります。その場合はご容赦ください。
また価格や購入方法については各工房・店舗のサイトや連絡先までお問い合わせください。
各工房・店舗への電話でのお問い合わせは営業時間内にお願いいたします。

地図

Google マップに移動して表示する(新しいウインドウが開き旭川市のサイトを離れます)。

お問い合わせ先

旭川市経済観光部工芸センター

〒078-8801 旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号 旭川リサーチセンター内
電話番号: 0166-66-1770
ファクス番号: 0166-66-1776
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)