旭川の野外彫刻 野外彫刻について

情報発信元 文化振興課

最終更新日 2017年3月27日

ページID 000485

印刷

野外彫刻について

旭川は「彫刻のまち」として知られており、買物公園や橋をはじめとして市内の各所で彫刻作品を見ることができます。
旭川市内で最初に野外に彫刻が設置されたのは1961年(昭和36年)で、その野外彫刻の第1号は、新田実の「青年像」(設置場所 6条通9丁目市役所前)でした。
それ以来40年以上の時を経て、現在、市内には多くの彫刻が設置されています。平成13年12月からは、専門家や学識経験者などによって組織する「旭川市野外彫刻設置・管理検討会議」において、野外彫刻の配置についての検討がすすめられています。
また、市内の各界の代表からなる、旭川彫刻フェスタ実行委員会による「旭川彫刻フェスタ」が毎年開催されています。「旭川彫刻フェスタ」は彫刻をもっと市民に親しんでもらい、彫刻を生かした地域づくりが行われるように平成12年から開催しているもので、公開制作や彫刻教室などを実施しています。公開制作した作品は市内の野外彫刻として設置され、市民に親しまれています。

旭川市所有の野外彫刻
作家 野外作品点数(71点)
中原悌二郎賞受賞作家 19点
旭川ゆかりの作家 28点
旭川彫刻フェスタ作家 13点
その他の作家 11点

一覧から探す(作家五十音順)

地図から探す

旭川野外彫刻たんさくマップ

旭川市内に設置されている野外彫刻の作品や設置場所などをわかりやすく紹介した

『旭川野外彫刻たんさくマップ』を下記のリンクより掲載しています。

『旭川野外彫刻たんさくマップ』

関連記事

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 社会教育部文化振興課中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館事務所

〒070-0875 北海道旭川市春光5条7丁目
電話番号: 0166-46-6277
ファクス番号: 0166-46-6288
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)及び12月30日から1月4日までを除く)