史跡等表示板 底無沼・立岩伝説の地

情報発信元 文化振興課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 000210

印刷

17 底無沼・立岩伝説の地

史跡等表示板

アイヌの人たちは、数多くの物語を口承で受け継いでいる。これらの物語に関わる場所や岩などが石狩川河畔には多く残されている。この底無沼と立岩に関わる物語として、コタンの妖刀の話と若い二人の悲恋の話が残っている。また、山の上、東海大学の敷地には、チャシが残っており、この付近は、アイヌの人たちとつながりの深い場所である。

現在の状況 表示板のみ有

所在地

旭川市神居町忠和223-1
道道旭川 多度志線
水神龍王神社入り口

地図

Google マップに移動して表示する(新しいウインドウが開き旭川市のサイトを離れます)。

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 社会教育部文化振興課文化振興課

〒070-0036 旭川市6条通8丁目セントラル旭川ビル7階
電話番号: 0166-25-7558
ファクス番号: 0166-25-8210
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)