史跡等表示板 旭川戸長役場跡

情報発信元 文化振興課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 000208

印刷

15 旭川戸長役場跡

史跡等表示板

明治24年から永山にあった旭川村の戸長役場は、明治26年、道庁令で旭川に移され、初代戸長 本田 親美 が2条10丁目で事務取扱を行っている。明治27年、この場所に最初の役場の建物が建てられ、10月1日に移転した。当初は、神居、神楽、鷹栖、東川の役場を兼ねていたが、明治33年、旭川町役場となり、明治38年には3条8丁目に移転している。

現在の状況 表示板のみ有

所在地

旭川市2条通8丁目左
道道交差点植込

地図

Google マップに移動して表示する(新しいウインドウが開き旭川市のサイトを離れます)。

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 社会教育部文化振興課文化振興課

〒070-0036 旭川市6条通8丁目セントラル旭川ビル7階
電話番号: 0166-25-7558
ファクス番号: 0166-25-8210
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)