災害に便乗した詐欺について

情報発信元 交通防犯課

最終更新日 2018年9月12日

ページID 064918

印刷

過去、災害に便乗した詐欺事案が全国的に報告されており、関係機関でも警戒を強めております。

市民の皆さまもご注意いただくとともに、周りの方にも注意喚起の呼びかけをお願いいたします。

相談窓口

  • 北海道警察(旭川)

 旭川の警察では「#9110番(警察相談窓口)」以外にも、通常の「110番」で詐欺に関する

 相談を受け付けています。

  • 経済産業省北海道経済産業局消費者相談室

 011-709-1785(相談専用)

 月曜日から金曜日(祝祭日・年末年始を除く)10:00~12:00/13:00~16:15

過去の震災時に見られた事例

  • 市、公的機関等を装い、寄付や募金を求める。
  • 息子をかたり、「職場で集めた義援金をなくしたのでお金を準備してほしい」と現金を求める。

 (振り込め詐欺)

  • 「仮設住宅に入っている人を老人ホームに入れたいので名義を貸してほしい」と言い、承諾すると、

 後日、「名義貸しは犯罪」と言って解決金を求める。(名義貸し詐欺)

  • 架空の震災補助金をかたり、リフォームの勧誘を行う。

詐欺に関するチラシ

お問い合わせ先

旭川市防災安全部交通防犯課

〒070-8525 旭川市6条通10丁目 旭川市第三庁舎1階
電話番号: 0166-25-6215

メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)