「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」について

情報発信元 クリーンセンター

最終更新日 2017年8月1日

ページID 062043

印刷

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」について

あ

東京オリンピック・パラリンピック競技大会のメダルを作成するために、携帯電話、スマートフォン、タブレットのリサイクルにご協力をお願いいたします!

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」とは?

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)が主催し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の約5000個の金・銀・銅メダルを全国各地から集めたリサイクル金属で作る国民参画型プロジェクトです。

このプロジェクトは、日本全国の国民が参加してメダル製作を行う国民参画形式により実施します。また、リサイクル金属をメダル製作に活用することで環境に配慮し、日本のテクノロジー技術を駆使することで、金の精錬におけるリサイクル率100%を目指します。過去にもメダルの原材料の一部としてリサイクル金属が含まれた例はありましたが、国民が参画し、メダル製作を目的に小型家電等の回収を行い、集まったものから抽出された金属でメダルの製作を行うプロジェクトは、オリンピック・パラリンピック史上、東京2020大会が初めてとなります。
今回の東京2020大会をきっかけに、持続可能社会の仕組みを作る取り組みです。

あなたの携帯電話や小型家電がメダルに生まれ変わる!

旭川市では、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参加し、市民の皆様がお持ちの使用済携帯電話・スマートフォン・タブレットの回収を実施することとしました。

回収された携帯電話・スマートフォン・タブレットは、国の認定事業者に引き渡して選別、破砕等の処理をした後、精錬事業者によってメダルの材料となる金・銀・銅へとリサイクルされます。

あなたの携帯電話や小型家電がメダルに生まれ変わる

メダル化の流れ

プロジェクトへの参加方法

回収ボックス
専用回収ボックス

市内の公共施設や民間施設16か所に設置している専用の回収ボックスに使用済の携帯電話・スマートフォン・タブレット入れてください。

お預かりした携帯電話・スマートフォン・タブレットから抽出した金属は、メダルの原材料となります。

回収ボックスの設置場所は小型家電回収拠点一覧」を御覧ください。

回収ボックスの対象品目

  • 携帯電話
  • スマートフォン
  • タブレット

注意事項

  • 一度回収ボックスへ入れた物は取り出すことはできません。
  • 個人情報が含まれる場合は、必ず消去してください。
  • 事業で使用した物は回収できません。
  • 本プロジェクトの対象になるのは、専用回収ボックスに入れられた物だけです。
    通常の小型家電回収ボックスに入れられたものは対象外です。
  • 本プロジェクトの対象とならない小型家電は、通常の小型家電回収ボックスを御利用ください。
    小型家電の詳細については
    「使用済小型家電の拠点回収」を御覧ください。

プロジェクトの実施期間

2017年8月から2019年春頃までを予定していますが、必要量が集まり次第、終了する場合があります。

関連サイト

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(新しいウインドウが開きます)

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

旭川市環境部クリーンセンター

〒078-8208 東旭川町下兵村3番地の5
電話番号: 0166-36-2213
ファクス番号: 0166-36-4239
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分(粗大ごみの受付 電話0166-36-2176 は、午前9時から午後5時) 土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く