ひとり親家庭相談

情報発信元 子育て助成課

最終更新日 2019年1月28日

ページID 004690

印刷

ひとり親家庭相談

ひとり親家庭等に関すること

ひとり親家庭が抱える悩み、経済的なこと、就労支援など自立支援に関すること、母子福祉資金等貸付金の相談等を受け付けています。

電話 0166-25-9107

住所 旭川市7条通10丁目 第二庁舎5階

時間 月曜日~金曜日 午前8時45分~午後5時15分(祝日、年末年始は除く)

講演・イベント情報

  1. 無料法律相談
    • 日時 平成30年6月25日、7月25日、9月25日、11月26日、平成31年1月25日、3月25日
    • ひとり親家庭の父親・母親を対象に、養育費の取り決めや面会交流の問題、各種債務の返済や離婚に伴う相談(離婚前の方の相談も可能)等、自分では解決困難な事例について、弁護士による無料法律相談を行っています。

養育費・面会交流に関すること

  • 養育費・面会交流について
    子どもにとって、両親の離婚はとても大きなできごとです。
    子どもがこれを乗り越えて健やかに成長していけるよう、離婚をするときに親としてあらかじめ話し合っておくべきことに、「養育費」と「面会交流」があります。 

貸付金・給付金

母子家庭等自立支援給付金制度
  • 母子家庭等自立支援教育訓練給付金 
    就職するために有効な資格取得のため、指定された教育訓練を受講したひとり親家庭の母または父に教育訓練給付金を支給します。
  • 母子家庭等高等職業訓練促進給付金
    専門的な資格取得を容易にするため、ひとり親家庭の母または父が養成機関で1年以上修学する場合に、一定期間、高等職業訓練促進給付金を支給します。
ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業
母子福祉資金等貸付金制度

ひとり親家庭の母または父が技能を習得するための資金や、その扶養している児童の修学資金などを貸し付けます。

生活支援

  • 母子家庭等日常生活支援事業
    疾病、出産、看護や就職活動等で、一時的に日常生活に支障をきたしている母子・父子・寡婦家庭に、支援員を派遣して家事援助をしたり、支援員宅等で児童を預かったりします。
    (補足)事前に登録が必要です。

就労・就業支援

母子家庭等就業・自立支援センター

母子家庭等就業・自立支援センター

ひとり親家庭等を対象に、就業に関する相談やセミナー、就業支援講習会の開催、無料職業紹介、無料法律相談などを実施しています。

  • 母子・父子自立支援プログラム策定
    児童扶養手当受給中のひとり親を対象に面接・相談を実施し、就業に向けて個々のケースに応じた自立支援プログラムを策定します。

学習支援ボランティア事業

  • 土曜スクールみのり
    ひとり親家庭の小学2年生から中学3年生までを対象にした学習支援教室(個別指導塾)です。北海道教育大学旭川校の大学生ボランティアがお子様それぞれのペースに合わせて指導を行います。学習方法の指導や試験対策を行うことにより、ご家庭での学習習慣を身につけることを目指します。

パンフレット

ひとり親家庭等自立支援事業のご案内(PDF形式 756キロバイト)

関連記事

お問い合わせ先

旭川市子育て支援部子育て助成課

〒070-8525 北海道旭川市7条通10丁目
電話番号: 0166-25-6446

メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)