食育ボランティア

情報発信元 保健指導課

最終更新日 2019年3月5日

ページID 001770

印刷

食育ボランティアってなあに

食育ボランティア制度は、栄養士や調理師、食生活改善推進員、農業生産者、食品流通・加工など「食育」に係るさまざまな分野で実践的・専門的知識を有する方々を「食育ボランティア」として登録し、地域における食育活動の場などにおいてボランティアとして取り組んでいただくことにより、食育の推進を図るものです。

食育ボランティアになるには

必要要件

  • 無償で「食育」ボランティア活動ができる方(団体を含む)
  • 市内在住あるいは在勤している方
  • 必要な専門知識や技術、経験をお持ちの方

(注意)名簿に登録されたすべての方に活動の要請がされるとは限りません。

食育ボランティア活動(募集)分野一覧表
登録分野 ボランティア活動の事例
食生活・食文化分野
  • 食生活改善の学習
  • 家庭料理等の指導
  • 食事作法・マナー・しつけなどの講話
  • 食文化に関する講話
  • 地域伝承料理等の調理実演・講話 など
健康管理・栄養分野
  • 食品の栄養成分やその摂取方法に関する講話
  • 食と健康づくりに関する講話
  • 生活習慣病予防の講 など
農業等生産分野
  • 米や野菜、果樹栽培等の講話、見学、体験
  • 地域農業に関する講話 など
食品(製造・加工・
流通)分野
  • 食品加工に関する講話、見学
  • 食品の流通に関する講話、見学 など
その他の食に関する分野
  • 食品の品質や安全性に関する制度等の講話
  • その他の食に関する事項

食育ボランティア応募用紙

旭川市食育ボランティア応募用紙(ワード形式 52キロバイト)

食育ボランティアに来てほしいときは

  1. 市にボランティア派遣の要請をする。
  2. 市が団体等からの申し込み内容をボランティアに連絡し、ボランティアの意向を申込団体に連絡する。
  3. ボランティアの内諾後、直接実施内容の打ち合わせを行う。この時、日時や内容、準備しておくもの、諸費等について事前に十分打ち合わせを行う。
  4. ボランティアは実施内容及び資料等について事前に市に報告する。
  5. 事業実施
  6. 申込団体は、事業の結果について市に報告する。

あさひかわ食育ボランティア登録状況

団体登録
団体名 経験・資格 ボランティア活動の事例
旭川食生活改善協議会 食生活改善推進員 手作りの媒体を使い、子ども達と考え、楽しみながら食への関心を深めるなど
旭川地方食品衛生協会 食品衛生指導員 食の安全・安心について、手洗いチェックなど
上川中部地域歯科保健推進協議会 歯科医師、
歯科衛生士など
  • 歯と口の大切な役割、虫歯・歯周病予防のための生活習慣について
  • 口腔機能の維持・向上(誤嚥・窒息の防止)について
  • ゆっくりよく噛んで食べることについてなど
個人登録
経験・資格など 活動可能な内容 活動の例
  • 管理栄養士
  • 栄養士
  • 調理師
  • 製菓衛生師
  • 歯科医師
  • 幼稚園教諭など
  • 対象者の年代に応じた食事や食育に関する講話
  • 家庭料理やお菓子、パン等の調理実習

料理教室講師(参加者へ食に関する講話、調理指導、調理補助)など

食育ボランティア派遣申込書

旭川市食育ボランティア派遣申込書(ワード形式 29キロバイト)

お問い合わせ先

旭川市保健所保健指導課栄養係

〒070-8525 北海道旭川市7条通10丁目第二庁舎2階
電話番号: 0166-23-7816
ファクス番号: 0166-25-1151
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)