食を育む料理教室“冬休みチャレンジクッキング”(平成29年1月11日、15日)

情報発信元 保健指導課

最終更新日 2019年3月5日

ページID 059063

印刷

食を育む料理教室”冬休みチャレンジクッキング”

平成29年1月11日水曜日と1月15日日曜日の2回、小学校1~3年生の親子対象に旭川産のりんごを使った料理教室を開催致しました。

今回は、「この教室で知ってもらいたいこと(目的)」として3つのことを参加者のみなさんと学びました!

1つめは、「旭川産のりんごについて知ろう!」です。

2つのりんごクイズで旭川産りんごについて学びました。皆さんもクイズにチャレンジしてみて下さい!

1問目 旭川ではどの位前からりんごが作られているでしょうか?

  1. 50年前果樹園のイラスト(りんご)
  2. 80年前
  3. 100年以上前

2問目 旭川で作られているりんごの種類は何種類でしょうか?

  1. 10種類
  2. 20種類
  3. 30種類以上

さあ、わかりましたか?答えは最後にお知らせします!

そして、普段あまりスーパーで見かけることが少ない3種類のりんごを食べ比べし、それぞれの食感・味の違いを知ることができました。

1月11日は、(左から)ぐんま名月、ふじ、静香
試食用りんごの写真
食べ比べしている写真食べ比べしている写真食べ比べしている写真

1月15日は、(左から)ぐんま名月、シナノゴールド、ふじ
試食用りんごの写真
食べ比べしている写真食べ比べしている写真食べ比べしている写真

その他、「りんごのQ&A」や「りんごが出来るまで」を写真やパネルで紹介しました。

2つめは、「りんごの色々な料理を知ろう!」です。

料理の写真
デザートの食材として使われることが多いりんごですが、この教室では5品の「食事」に変身しました!

  • りんごときのこの炊き込みご飯りんごのキャラクター
  • 豚肉のりんご巻き りんごソース添え
  • 小松菜とりんご炒め煮
  • さつまいもとりんごのサラダ
  • かぶとりんごの和え物

みなさんからのアンケートでは、りんごの切り方や加熱による食感の変化や、りんごのやさしい甘さや酸味が味付けのアクセントになることなど、たくさんの感想が寄せられ、新しい発見をしていただけたようでした!

最後、3つめは、「料理をする楽しさを知ろう!」です。

「子どもと料理をしたい」と思っている保護者の方や、「料理を作ってみたい!お手伝いしたい」と思っている子ども達でも、普段はなかなかお互いゆっくり向き合って料理をする時間がとれないこともあるかと思います。

教室で子どもたちは、「(レタスを)ちぎる」「(肉を)もむ」「まぜる」「巻く」「すりおろす」の作業を積極的にがんばりました!中には、保護者の方にサポートしてもらいながら、包丁を使って食材を切ることにもチャレンジしている子もいました!

 調理風景の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真調理の写真

「こんなに沢山のメニューを作れて楽しかったです。また参加したいです。」

「親子で楽しく参加させて頂きました。ありがとうございました。」

「いっぱいお手伝いできてうれしかった。またなんかつくりたいです。」

などなど、たくさんの「楽しかったよ」のメッセージをいただきました。

試食の写真 試食の写真試食の写真試食の写真試食の写真試食の写真

この教室をきっかけに、果樹園で旬のりんごを味わったり、一緒に献立を考えて食材をそろえたり、料理をしたり、「おいしいね」と一緒に食事を囲んだり、ひとつでも普段の食生活に取り入れていただけたらうれしく思います。

最後に、今回の教室は定員を超えてたくさんのお申し込みをいただきましたが、すべての皆様のご希望に添えず、申し訳ございませんでした。謝罪のイラスト「女性」
これからも皆様のご意見を参考に、事業を進めて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
また、教室の参加者様から心温まるお手紙をいただき、ありがとうございました。(R)

りんごクイズの答え

1問目 100年以上前
2問目 30種類以上

食を知る・体験するトップへ

お問い合わせ先

旭川市保健所保健指導課栄養係

〒070-8525 北海道旭川市7条通10丁目第二庁舎2階
電話番号: 0166-23-7816
ファクス番号: 0166-25-1151
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)