離乳食教室(前期)(平成28年1月18日)

情報発信元 保健指導課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 054336

印刷

離乳食教室(前期)を開催しました

1月18日(月曜日)に第二庁舎で離乳食教室前期を開催しました。
この教室は、4か月から7か月児のお子さんがいる保護者の方が対象で、毎回、勉強熱心なたくさんの保護者の方に参加していただいております。

託児室の写真

今回は、離乳食教室前期の様子を初紹介していきます!

12時45分 受付開始です。
右の写真は託児室です。
ここでおむつ交換や授乳ができます。
赤ちゃんはおんぶして一緒に参加することが可能なので、
開始前からにぎやかです。
保育士もおりますので、いろいろお手伝いさせていただきます。

13時15分 教室開始です。
エプロンと三角巾をつけて6階にある調理実習室へ移動します。
まずは、栄養士から離乳食についての講話です。
講話では、5~6か月、7~8か月の離乳食をすすめる上でのポイントや、ほうれん草と人参を5~6か月、7~8か月、9~11か月の形態に調理したものを実際に試食していただきます。
また、手軽に調理できるコツをデモンストレーションします。

栄養士の講話写真

14時 調理の説明を聞いた後、さっそく調理開始です。
グループ内で協力しあい、5~6か月のメニューを2品、7~8か月のメニューを2品の計4品を作っていきます。

調理実習の写真 調理実習の写真 調理実習の写真 調理実習の写真 調理実習の写真 調理実習の写真

途中、赤ちゃんが泣いても、大丈夫。
講話、調理中でも自由に出入りしていただき、授乳やおむつ替えをしていただいて構いません。
お子さんがぐっすり眠ってしまったら、託児室で保育士に見ていてもらうことができます。
参加者は皆さん、子育ての大変さがわかる仲間ですので、困った時はお互い様。みんなで協力し合いながら、調理していきます。

5~6か月のメニュー

  • 10倍がゆ(写真左下)
  • 白身魚のさつまいも煮(写真中央)
  • ほうれん草のスープ(写真右下)

5~6か月の離乳食の写真

7~8か月のメニュー

  • 全がゆ(写真左上)
  • とり肉とほうれん草のおかゆ(写真中央)
  • ふわふわどうふ(写真右上)

7~8か月の離乳食の写真

素材の味を活かしたやさしい味の離乳食が完成しました。
塩やしょうゆなど一切使用していない料理。大人には物足りなく感じるかもしれませんが、この味が、これから「食べること」を始める赤ちゃんの味覚を育てるために大切なのです。

15時30分 後片付けとアンケートを記入していただき、終了です。
アンケート結果より、「参考になったところは」の回答の一部をご紹介します。

  • レシピや作り方、見本などを知れてよかったです。
  • とろとろ具合を知りたかったので参考になりました。
  • 自分が作っていたものと違った。

この離乳食教室は、これから離乳食を始める方、もう始めているけども作り方などを確認したい方、ママ友を作りたい方など、様々な方が参加しています。
毎回、和気あいあい、にぎやかな雰囲気で行っておりますので、ご興味がある方は、ぜひお気軽にご参加下さい。お待ちしております。

次回は、3月14日(月曜日)に開催致します。
来年度の日程につきましては、ホームページまたは市民広報「あさひばし」でお知らせ致します。(R)

離乳食教室について

詳しく知りたい方は、離乳食教室をご覧ください。

食育を知る・体験するトップへ

お問い合わせ先

旭川市保健所保健指導課栄養係

〒070-8525 北海道旭川市7条通10丁目第二庁舎2階
電話番号: 0166-23-7816
ファクス番号: 0166-25-1151
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)