感染症流行情報

情報発信元 健康推進課

最終更新日 2017年3月30日

ページID 054740

印刷

感染症流行情報

特に注意の必要な感染症についてお知らせします。

ジカウイルス感染症

テキサス州キャメロン郡において、現地の蚊による感染と疑われるジカウイルス感染症の感染例が新たに確認されました。妊娠中又は妊娠予定の方は可能な限り渡航をお控えください。

米国・テキサス州におけるジカウイルス感染症に関する注意喚起 外務省海外安全ホームページ

ジカウイルス感染症とは

ジカウイルスが感染することにより起こる感染症で、軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などが主な症状です。感染しても症状がないか、症状が軽いため気付きにくいこともあります。
ジカウイルスは、母体から胎児への垂直感染を起こすことがあり、小頭症などの先天性障害を起こす可能性があるとされています。

さらに詳しい情報については下記のページをご覧ください。

ジカウイルス感染症

梅毒

性交渉により感染する、性感染症のひとつです。

近年、全国的に発生数が増加しており、旭川市でも届出件数が増えています。平成29年7件、平成28年25件、平成27年6件、平成26年1件となっています。(平成29年3月30日現在)

症状や予防については下記のページをご覧ください。

梅毒について

E型肝炎

E型肝炎は、多くは豚やシカ・イノシシの肉の生食によって感染します。

旭川市内での発生件数は、平成28年度25件(平成29年3月30日現在)、平成27年度17となっており、平成26年度0件、平成25年度1件から大幅に増加しています。

症状や予防については下記のページをご覧ください。

E型肝炎について

お問い合わせ先

旭川市保健所健康推進課保健予防係

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 第二庁舎
電話番号: 0166-25-9848
ファクス番号: 0166-26-7733
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)