ウイルス性肝炎進行防止対策・橋本病重症患者対策

情報発信元 健康推進課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 004069

印刷

北海道では、ウイルス性肝炎(B型・C型)の肝硬変への進行や肝がんの発生の防止、重症である橋本病患者の治療支援のため、認定基準を満たしている方に「医療受給者証」を交付し、それぞれの課税状況に応じて医療費を給付しています。
旭川市保健所では市内にお住まいの方(住民登録されている方)について、受給者証の交付申請等を受け付けています。

ウイルス性肝炎進行防止対策・橋本病重症患者対策
各事業名 対象者

ウイルス性肝炎進行防止対策医療給付事業(肝炎治療特別促進事業)
ウイルス性肝炎(B型・C型)の根治のためインターフェロン治療を受けている方
インターフェロンフリー治療を受けている方
核酸アナログ製剤治療を受けている方
(治療予定の方を含む)

詳細については、北海道のホームページ(肝炎治療特別促進事業)(新しいウインドウが開きます)でご確認いただくか、担当までお問い合わせください。
ウイルス性肝炎進行防止対策・橋本病重症患者対策医療給付事業 ウイルス性肝炎(B型・C型)の治療を受けている方(肝炎治療特別促進事業の対象になる方を除く)及び橋本病重症患者
詳細については、北海道のホームページ(ウイルス性肝炎・橋本病の対策について)(新しいウインドウが開きます)でご確認いただくか、担当までお問い合わせください。

お問い合わせ先

旭川市保健所健康推進課健康推進係

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 第二庁舎3階
電話番号: 0166-25-6315
ファクス番号: 0166-26-7733
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)