あさひかわ応援寄附金(ふるさと納税)のお知らせ

情報発信元 税制課

最終更新日 2016年7月7日

ページID 007928

印刷

寄附の方法

クレジットカード等での寄附を希望される方

さとふる イメージ

クレジットカード、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、コンビニエンスストア、ペイジーでの寄附が可能です(寄附金額によってご利用いただける方法が異なります)。

ふるさとチョイス イメージ

クレジットカードでの寄附が可能です。

上記以外の方法での寄附を希望される方

郵便局の払込取扱票での寄附が可能です。

寄附申出書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、旭川市税務部税制課まで提出してください。

寄附申出書のダウンロード

ご入金

申出書でお選びいただいた使いみち(基金)の担当課・施設から払込取扱票を送付いたしますので、お近くのゆうちょ銀行又は郵便局の窓口で払い込みください。

寄附金受領証明書の送付

払込の確認ができましたら、寄附いただきました使いみち(基金)の担当課・施設から寄附金受領証明書を送付します。税の控除を受けるためには、確定申告又は住民税の申告の際に寄附金受領証明書を添付する必要がありますので、その時まで大切に保管してください。

手続きの流れ 寄附の申出又は電子申請、お振り込み、受領書の送付

税の控除

個人の方が旭川市に対して寄附を行った場合、寄附金のうち2千円を超える部分について、一定の限度額まで住民税と所得税が控除されます。なお、住民税は寄附を行った年の翌年度分の住民税から、所得税は寄附を行った年分の所得税から控除されます。詳しくはお住まいの自治体にお問合せください。

控除を受けるための手続き

確定申告

住民税及び所得税の控除を受けるには、所轄の税務署で確定申告を行っていただく必要があります。その際には、旭川市が発行する「寄附金受領証明書」または「払込取扱票の受領証」が必要です。

確定申告はイータックス(新しいウインドウが開きます)でも可能です。

ただし、確定申告の必要のない方で、住民税の寄附金税額控除の適用を受けようとする方は1月1日現在お住まいの市区町村の住民税担当課で住民税の申告を行ってください。

なお、ふるさと納税制度は、個人が都道府県や市区町村へ寄附をした場合における税控除の制度です。

法人が旭川市へ寄附した場合についての法人税の特例措置などについては各地の国税局または税務署にお問合せください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度

確定申告の必要がない給与所得者等がより簡易に税控除を受けられる制度です。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用できる方
  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等である方
  2. ふるさと納税を行った地方団体が5以下である見込みの方
  3. 確定申告を行っていない方、または行う見込みのない方
  4. 特例申請書を提出されている方
ふるさと納税ワンストップ特例の手続き

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項をご記入のうえ、旭川市税務部税制課まで提出してください。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(PDF形式 249キロバイト)

平成28年1月1日以降の寄附についてはマイナンバーの記載が必要となり、次の確認書類の提出があわせて必要となります(1~3のいずれか)。

  1. マイナンバーカードの写し(両面)
  2. 番号通知カードの写しもしくはマイナンバーが記載された民票の写し+運転免許証等の写し
  3. 番号通知カードの写しもしくはマイナンバーが記載された住民票の写し+健康保険証及び年金手帳などの公的書類2点以上の写し

寄附をした後(特例申請書を提出した後)、氏名や住所に変更があったときは、特例が受けられなくなりますので、寄附をした翌年の1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例事項変更届出書」を提出してください。

寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書(PDF形式 223キロバイト)

個人情報について

電話、ファクスなどで収集した個人情報は、旭川市個人情報保護条例等に基づき適正に管理し、旭川市への寄附金(ふるさと納税)に係る事務手続き以外で利用することはありません。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市税務部税制課

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-5604
ファクス番号: 0166-27-2146
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)