軽自動車税の課税免除の対象範囲の拡大について

情報発信元 税制課

最終更新日 2019年2月8日

ページID 065777

印刷

障がいのある方に対する軽自動車税の課税免除の対象範囲を拡大します。

旭川市では、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳及び療育手帳をお持ちの方で、一定の条件を満たす場合は、軽自動車税を免除しています。

平成31年度から対象の範囲を拡大し、精神障害者保健福祉手帳及び療育手帳をお持ちの方本人が運転する場合も課税免除の対象になります。

課税免除の対象は次の表のとおりです。

(以下の表は、音声読み上げに対応していませんので、ご了承ください。)

taisyousyaitiran

詳しい要件については、税制課諸税係までお問い合わせください。

手続に必要なもの

  1. 障がい者手帳
  2. 車検証
  3. 運転をする方の運転免許証
  4. 印鑑(軽自動車税の納税義務者のもので、スタンプ印は不可。)

手続場所

旭川市総合庁舎2階17番窓口 税務部税制課諸税係

関連ファイル

関連記事

お問い合わせ先

旭川市税務部税制課諸税係

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-5604
ファクス番号: 0166-27-2146
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)