転出届(旭川市から市外へ引っ越すとき)

情報発信元 市民課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 006574

印刷

転出届

届出期間

新しい住所に住み始める日の14日前から届出できます。

受付窓口

市民課(6条通9丁目 総合庁舎1階市民課5番窓口)または各支所
各支所の所在地はこちら

市民課では毎週木曜日の午後7時まで窓口開設時間を延長しています。

神楽支所では毎月第1土曜日の午前9時から午後1時まで市民サービスセンターを開設しています。

(補足)窓口で転出届を出せない場合は、転出証明書を郵送で請求できます。

郵送で転出届をする場合はこちら

届出に必要なもの

(注意)窓口で住民異動届の記載が必要です。

  • 窓口に来られた方の、運転免許証・個人番号カード・保険証等本人確認書類

本人確認とは?

  • 別世帯の代理人が届出をされる場合は委任状

委任状ダウンロード(PDF形式 92キロバイト)   委任状記載例(PDF形式 223キロバイト)

(注意)国民健康保険証介護保険証各種医療受給者証印鑑登録証(青色または緑色のカード)などをお持ちの方は、回収しますのでお持ちください。

(補足)個人番号カード・住民基本台帳カードをお持ちの方が転出届をする場合は、転入届の特例の適用を受けるため、転出届出後、転出証明書の交付を受けることなく、転入先の市区町村に個人番号カード・住民基本台帳カードを持参して、転入届を行うことになります。ただし、転出予定又は転出日(新しい住所に住み始めた日)から14日以内に届出をする方に限ります。また、電子証明書は転出により失効しますので、転入届出時に再度電子証明書を利用する場合は、転入先市区町村で改めて申請する必要があります。
詳しくは届出時に窓口でお尋ねください。

その他の手続き

児童手当

受給事由消滅届の提出が必要です。受給者の印鑑を持参してください。

問い合わせ先

子育て助成課

(7条通10丁目 第二庁舎5階 電話番号 0166-25-6446)

保険証・医療受給者証

(補足)保険証の交付を受けている方や医療費の助成を受けている方は、それぞれ保険証や受給者証をお返しください。
なお、後期高齢保険証をお持ちの方で、道内の市区町村へ転出される方については、保険証は返納せずそのままお持ちください。転入手続き後、新住所へ新しい保険証が届きますので 、受け取られましたら、古い方の保険証を転入地の役場へお返しください。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-6204
ファクス番号: 0166-24-6967
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く。) 毎週木曜日は午前8時45分から午後7時まで(ただし国民年金業務を除く。)