旭川市公式ホームページこうほう旭川市民

文字のサイズ

このページの主な内容

旭川夏まつり

7月31日(木曜日)〜8月2日(土曜日)の3日間、買物公園やリベライン旭川パーク、さんろく界わいを会場に繰り広げられます。ぜひ、お楽しみください。

大雪さんろくまつり

内容 露店、ラーメンフェスティバル、ステージイベントほか
日時

開会式・アトラクション

内容 旭川観光顕功賞授与式ほか
日時 7月31日(木曜日)午後6時〜7時30分
場所 リベライン旭川パーク(石狩川旭橋河畔)
※観客席は例年の対岸に変更。

道新納涼花火大会

日時 7月31日(木曜日)午後7時45分〜8時45分
場所 石狩川旭橋河畔
※観客席は例年の対岸に変更。

市民舞踊パレード

日時 8月1日(金曜日)午後5時〜7時30分
場所 買物公園(7条〜宮下)

YOSAKOIソーランナイト

内容 上川中央支部のチームによる踊りの披露
日時 8月1日(金曜日)午後6時45分〜8時
場所 さんろくステージ(3の5)

ディスコナイト

内容 一般の方も参加できるフリータイムを実施
日時
場所 さんろくステージ(3の5)

大雪連合神輿

13団体約1,450人による練り歩き
内容 8月2日(土曜日)午後5時〜9時
場所 買物公園(7条〜宮下)〜昭和通(3条)〜さんろく界わい

烈夏七夕まつり

内容 山車の巡行や太鼓の披露
日時 8月2日(土曜日)午後5時〜10時
場所 昭和通(7条〜2条)
詳細 旭川夏まつり実行委員会(旭川商工会議所内 電話22・8413)

このページの先頭に戻る

旭川市・水原市姉妹都市提携25周年記念旅行の参加者を募集


今年、旭川市と韓国・水原市の姉妹都市提携25周年を迎えるに当たり、今後さらに交流を推進するため、水原市への記念旅行を実施します。旅行では、世界文化遺産の水原華城での華城文化祭の見学や市民との交流行事を予定しています。
とき・定員
参加費 9万8千円〜13万6千円(コースにより異なる)
応募期限 9月5日(金曜日)
詳細 旭川日韓友好親善協会(都市交流課内 電話25・7491)

このページの先頭に戻る

旭川版カタログギフトの出品者を募集

旭川産品を中心にしたカタログギフト「あさひかわの贈りもの」に掲載する、税込み5,000円相当の商品の出品者を募集しています。カタログギフトは、道の駅あさひかわ(神楽4の6)や観光物産情報センターの駅 naka(JR旭川駅東側)などで販売します。
対象 市内の企業
応募期限 7月31日(木曜日)
詳細 旭川市雇用創出促進協議会(電話62・2111)、旭川物産協会(電話62・1001)、経済交流課(電話73・9850)

このページの先頭に戻る

夏休み特別展エレメントサイエンス

様々な体験装置やゲームを通して、普段はあまり意識することのない元素の特性や、日常生活との関わりについて学びます。
とき 7月19日(土曜日)〜9月15日(月曜日)
ところ 科学館(宮前通東)
内容 宇宙誕生から地球形成までの元素、体や食物の元素の構成、身の回りの元素、新エネルギー、環境と元素の関わりほか
時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
※8月13日(水曜日)〜17日(日曜日)は午後8時まで開館(入館は午後7時30分まで)。
特別展入場料
高校生以上=600円(団体・前売り480円)
小・中学生=300円(団体・前売り240円)
※「高校生」は高校生と同年齢の方も含む。「団体」は同一料金区分の有料入場者20人以上。
※科学館パスポート、博物館・科学館、動物園・科学館の各共通パスポートでの入場不可。
※リンク・リンクミュージアムは当日の個人料金から50円引き。
詳細 科学館 電話31・3186

関連事業

エレメントワークショップ

内容 元素をテーマにした工作など
とき 7月19日(土曜日)〜9月15日(月曜日)
(サイエンスショーの実施日を除く)午前10時〜12時、午後1時〜4時(1人15分程度)
ところ エントランスホール
※内容は日替わり。

サイエンスショー「元素のふしぎな実験」

とき 7月20日(日曜日)、8月3日(日曜日)・10日(日曜日)・24日(日曜日)、9月14日(日曜日)午前10時から、午前11時から、午後1時から、午後2時から、午後3時から(各回20分程度)
ところ サイエンスシアター
その他 特別展入場券が必要

このページの先頭に戻る

夏の節電にご協力を


現在定着している節電の取組みを確実に行うよう、国から要請がありました。夏には、多くの家庭で午後8時頃に電気が大量に使われ、このうち、照明・冷蔵庫・テレビでの消費電力が約7割を占めています。明るさや温度設定を見直し、使用時以外は主電源を切ることで効果的な節電ができます。午後6時から8時を中心に、無理のない範囲で節電にご協力ください。
節電が必要な期間・時間 7月1日(火曜日)〜9月30日(火曜日)の平日・午前9時〜午後8時
※8月13日(水曜日)〜15日(金曜日)を除く。
詳細 新エネルギー推進課 電話25・9724

このページの先頭に戻る

図書館 のキャラクターの名前を募集

絵本作家・堀川真さんがデザインした図書館のマスコットキャラクターに名前を付けてください。たくさんのご応募お待ちしています。
応募資格 小学生
応募方法 市内の各図書館・分室にある応募用紙に記入し、7月19日(土曜日)〜8月24日(日曜日)に各カウンター
※最優秀賞・優秀賞の受賞者には、11月3日(月曜日)の図書館まつり会場で、記念品を贈呈。

中央図書館・夏休み月曜開館

とき 7月28日、8月4日・11日・18日午前10時〜午後5時
詳細 中央図書館 電話22・4174

このページの先頭に戻る

電気自動車などの普通充電器を設置

8月1日(金曜日)から、旭山動物園(東旭川町倉沼)正門前駐車場に、来園者のための電気自動車やプラグインハイブリッド自動車用の普通充電器を2基設置します。
開設時間 旭山動物園の開園時間内
料金 無料(一定期間後は有料)
詳細 新エネルギー推進課 電話25・9724

このページの先頭に戻る

IT企業のデジタライズが旭川に立地しました

大手自動車メーカーのシステム開発やスマートフォンのアプリ制作などを行っているデジタライズ(本社・愛知県)が、市内中心部に事業所を開設しました。6月16日に会見した同社の柴田幸彦社長は「自然災害による影響が極めて少ないことが、旭川を選んだ理由です。今後、技術者の採用と、雪氷を利用したデータセンターの構築を進めます」と話しました。同社の立地により、中部圏との関わりが深まり、旭川が安全性の高い拠点として浸透することが期待されます。
詳細 企業立地課 電話66・9115

このページの先頭に戻る

地域子育て支援センター「こまどり」を開設

同センターは、子育て中の方たちが交流や育児相談などに利用できる場所です。育児に役立つ講座や季節に合った工作教室などを実施しますので、ぜひ、ご利用ください。
開設時間・場所 毎週火〜木曜日午前9時30分〜午後3時30分・東鷹栖公民館(東鷹栖4の3)
詳細 子育て支援課 電話25・9128

このページの先頭に戻る

旭川が「地域活性化モデルケース」に選定されました

地域が直面している様々な問題の解決に向けた、市町村の独創的な提案を国が採択する「地域活性化モデルケース」の1つに、旭川の提案が選ばれました。市が提案したのは、高齢者をはじめ、誰もが心と体が健康で、生きがいを持って暮らせる都市「プラチナシティ」の構想です。今後、市では国の支援を受けながら、構想の実現を目指して中心市街地活性化やSORAの駅の整備、食品開発の促進など、「健康」と「食」に関わる取組みを進めていきます。
詳細 政策調整課 電話25・5358

このページの先頭に戻る

買物公園から旭川の未来を考える講演会

買物公園など市内中心部のまちづくりに関わる講演や、パネルディスカッションを行います。
とき 8月6日(水曜日)午後3時〜5時
ところ 旭川グランドホテル(6の9)
講師 建築家藤本壮介さんほか
詳細 政策推進課 電話25・5316

このページの先頭に戻る

高齢者等に安心カードを配布します

救急時等に役立てるため、かかりつけの医療機関名や緊急連絡先などを記入して、すぐ取り出せるよう冷蔵庫に保管しておくカードです。
対象 65歳以上の方、65歳未満で身体障害や持病などがある方
配布する物 安心カード・保管容器・冷蔵庫に貼る保管者ステッカー
申込先・配布方法 介護高齢課(6の9総合庁舎2階)にある申請書に記入して同課。決定した方には、窓口で配布
※各地区の民生委員にも相談可。
詳細 各地区民生委員、介護高齢課( 電話25・6457)

このページの先頭に戻る

犬の飼い方教室〜飼い犬としっかり向き合いましょう

飼い犬との生活をより良いものにするため、散歩方法を楽しく学びます。ぜひ飼い犬と一緒に参加してください。
とき 8月3日(日曜日)午後1時〜3時
ところ あにまある(7の10)
定員・講師 30人・家庭犬指導士上川裕子さん
申込 7月22日(火曜日)からあにまある 電話25・5271

このページの先頭に戻る

配偶者等からの暴力防止および被害者支援に関する基本計画の改定案について意見を募集

資料の配布場所 市政情報コーナー(6の9総合庁舎1階)、各支所・公民館、意見提出手続の他、政策調整課(総合庁舎9階)、子育て相談課(7の10第二庁舎2階)、第二庁舎・第三庁舎案内
資料の配布・意見の提出期間 8月1日(金曜日)〜9月1日(月曜日)
詳細 政策調整課(電話25・5358)、子育て相談課(電話25・9107)

このページの先頭へ戻る | こうほう旭川市民目次に戻る

このページの本文はここまでです

こうほう旭川市民7月号