市長随想(平成28年12月)

情報発信元 広報広聴課

最終更新日 2016年1月20日

ページID 059037

印刷

市長が、旭川のまち・人・物などについて思うことをお伝えします。

市長の写真
12月27日から全国高校ラグビー大会(東大阪・花園ラグビー場)に出場する旭川工業高校ラグビー部の訪問を受けました。(平成28年12月12日旭川市役所にて)

旭川の冬を盛り上げる地域資源として、雪を活用していきます

平成28年も残りわずかです。振り返ると、今年も様々な出来事があり、あっという間の1年でした。

さて、今年は例年より早くからまとまった量の雪が降りましたが、国内でも有数の寒冷地である本市では、年間で500センチメートル以上の降雪量となります。初雪が降る10月頃から4月頃まで、1年の約半分は雪に接して生活することになり、冬タイヤへの履き替えや雪かきなど負担も少なくない一方で、雪国だからこその楽しみもたくさんあります。

市内にはパウダースノーを楽しめるスキー場もありますし、旭山動物園の見どころの1つであるペンギンの散歩は、積雪を上手に活用した行動展示です。また、本市の冬を代表するイベントとして親しまれている旭川冬まつりやバーサーロペット・ジャパンには、市民をはじめ国内外から毎年多くの方々が訪れ、冬ならではのにぎわいを生み出しています。

先日、市役所を訪れたタイからのお客様が、積もった雪にとても感激していたのが印象的でした。時に厄介者でもある雪ですが、重要な地域資源の1つとしてしっかりと活用しながら、これからも旭川の冬を盛り上げていきたいと思っています。

平成28年12月

旭川市長 西川 将人

過去の市長随想

お問い合わせ先

旭川市総合政策部広報広聴課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-5370
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)