市長随想(平成28年8月)

情報発信元 広報広聴課

最終更新日 2016年8月15日

ページID 058076

印刷

市長が、旭川のまち・人・物などについて思うことをお伝えします。

市長の写真
リオデジャネイロオリンピック柔道女子78キログラム超級で見事銅メダルを獲得した旭川市にゆかりのある山部佳苗選手の表敬訪問を受けました。(7月22日旭川市役所にて)

地域の活力向上に貢献できる旭川空港に

リオデジャネイロでのオリンピックが始まり、9月のパラリンピックまで熱戦が繰り広げられます。本市出身などゆかりの選手、また女子レスリングやウィルチェアーラグビーなど旭川で事前合宿を行った選手たちへの応援は特に熱が入ります。

現地までは飛行機で25時間以上かかりますが、日本から遠く離れたブラジルの地で活躍する選手の皆さんに、心からエールを送りたいと思います。

さて、今年は旭川空港が開港から50周年を迎えました。ブラジルまでの直行便はありませんが、東京などへの国内線をはじめ、中国や台湾へ直行する国際定期便も増え、今では年間110万人を超える方々に利用されています。

海に面していない旭川市にとって、空港が果たす役割は大きく、観光やビジネス客の移送手段としてだけではなく、物流の担い手としても私たちの生活を支えています。

来月には50周年を記念する行事を予定していますが、道北地域における人や物の玄関口として、機能や利便性をさらに高めるため、管理運営の手法や施設の在り方など検討を進め、引き続き多くの皆さんに愛され利用される空港として、地域の活力向上に貢献できるよう取り組んでいきます。

平成28年8月

旭川市長 西川 将人

過去の市長随想

お問い合わせ先

旭川市総合政策部広報広聴課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-5370
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)