見直しの目的

(1) 使用料
 @ 料金改定等の施設
 専用使用料  52施設
 (増額改定する室と減額改定する室を有する施設は,それぞれの区分の施設数に計上している。なお,施設数のカウントは資料7参照

   ・ 増額改定  44施設(改定上限率は1.2倍)
     神楽福祉センター(市民福祉館),農村地域センター,公民館,総合体育館,忠和公園体育館など
   ・ 減額改定   5施設(改定下限率は0.8倍)
     旭川市民生活館,近文生活館など
   ・ 無料化    1施設
     若者の郷テニスコート(夜間照明料は据置)
   ・ 有料化    1施設
     花咲スポーツ公園(軟式野球場)
   ・ 施設の廃止  1施設
     東鷹栖社会福祉会館


 個人使用料  25施設
   ・ 増額改定  7施設(うち3施設は小中学生利用料を無料に改正)
     いきいきセンター新旭川,近文市民ふれあいセンター(高齢者交流センター),
     花咲スポーツ公園(陸上競技場)など
   ・ 有料化 16施設
     忠和公園体育館,総合体育館,大雪アリーナ,花咲スポーツ公園プール,末広市民プール,
     花咲スポーツ公園スケート場,東部スケートリンク,彫刻美術館,博物館など
   ・ その他   2施設
      近文市民ふれあいセンター(温水プール)(高齢者の年齢見直し),
      忠和公園多目的コート(個人使用の利用形態の廃止)

 機械使用料   2施設 工芸センター,工業技術センター

 A 減免取扱改正の施設 27施設
  ア 社会教育団体や地域自治団体等が本来活動で使用するとき,使用料を免除から減額(5割)に改正
     (主な施設)地区会館,農村地域センター,公民館など

  イ 60歳以上の者が利用するとき,使用料を免除にしているものを70歳以上に引き上げる改正
     (主な施設)神楽福祉センター(市民福祉館)

  ウ その他
     (主な施設)旭川市生活館など

(2) 手数料
 @ 料金改定等の手数料 156項目
   ・ 増額改定  102項目(平均改定率は1.84)
     印鑑登録証明,身分証明,住民票の写し,建築物の確認申請,はかりの計量,
    保健所水試験検査,工芸センター試験検査など
   ・ 減額改定   12項目(平均改定率は0.72)
     工業技術センター試験検査,工芸センター試験検査など
   ・ 廃止      37項目
     工業技術センター試験検査,工芸センター試験検査など
   ・ 新設 5項目
     不在住・不在籍証明,自動車保管場所使用承諾証明など

(3) 改正効果額の見込み(試算)
 @ 既存使用料の改定      4,810千円
 A 無料施設の有料化     48,473千円
 B 減免取扱の適正化      6,400千円
 C 指定管理利用料金      3,241千円
 D 手数料の改定・新設    97,632千円
        @〜D 合計   160,556千円・・・ア
 E 先行実施分(嵐山PG)  24,000千円・・・イ
        @〜E 合計   184,556千円・・・ア+イ


使用料・手数料の見直しトップへ

財政課のトップページへ