トピックス 旭川市食品衛生
監視指導計画
食品関係の
営業許可
食中毒 食品の安全 食品に係る
化学物質
表示 お問い合わせ

食品中における化学物質



食品添加物

ここではQ&A方式で食品添加物について解説します。

★食品添加物Q&A
食品添加物ってなに?
食品添加物とは,食品の製造・加工の過程において保存や加工の目的で使われるもののことをいう。
これらの添加物については,原則,厚生労働大臣が指定したもの以外の製造,輸入,使用,販売等は禁止されていて,この指定の対象には合成品だけでなく天然物質も含まれるんだ。
  ※代表的な添加物
 甘味料 食品に甘味を付ける
(例:カンゾウ,ステビア)
 着色料 食品を美化し魅力を増すために着色する
(例:カラメル,クチナシ)
 保存料 食品の保存性を向上する
(例:亜硝酸塩,ソルビン酸)
 増粘安定剤 食品に対する粘性を与える又はその調整を行う
(例:キサンタン,グァー)
 酸化防止剤 酸化現象による食品の変質を防止する
(例:ビタミンC,ビタミンE)
 調味料 食品の味覚を向上又は改善する
(例:アミノ酸,核酸)
 乳化剤 食品に乳化,分散,浸透,起泡等の目的で用いるもの
(例:サポニン,レシチン)
 
添加物の使用方法などについて,何か決まりはあるの?
添加物については,安定した製品を確保するために,また,過剰摂取により人体に影響が生じることがないように,品目ごとあるいは対象となる食品ごとに規格や基準が定められているんだ。
規格 添加物の純度や成分について最低限遵守すべき(守るべき)項目を示したもの
基準 添加物をどのような食品に,どのくらいまで加えてよいかを示したもの
 
どんな対策がとられているの?
旭川市では,食品衛生監視指導計画に基づき,市場に流通する食品について
収去検査を実施している。
検査の結果,使用の認められていないものが検出された場合や,認められていてもその量が基準値を超えている場合には,その食品の販売を禁止したり,製造者に対し指導を行ったりするんだ。
また,輸入品については,国(検疫所)などによる収去検査が行われているよ。
収去検査 検査を目的として,食品の必要最小限度量を無償で採取し,規格基準等に違反していないかどうか検査することを言います。収去検査の実施状況については,旭川市食品衛生監視指導計画の中で公表しています。
 
もっと詳しく知りたいな!
厚生労働省のHPにさらに詳しい情報が載っているから参考にしてみてね。


▲このページのTOPへ



残留農薬,動物用医薬品,
飼料添加物(ポジティブリスト制)

ここではQ&A方式で食品中の残留農薬・動物医薬品・飼料添加物について解説します。
★食品中の残留農薬等Q&A
食品には農薬や動物用医薬品が残留しているって聞いたけど?
一般に,農畜水産物の生産には害虫の駆除や病気の予防・治療を目的として農薬や動物用医薬品,飼料添加物(農薬等)が使用されているんだ。
でも,これらの農薬等は使用基準を守って使用する限り,人の健康を損なうほど食品に残留することはないから過度に心配することはない。
 
食品に含まれる農薬等について,何か規制はあるの?
農薬等は,@残留基準があるもの,A残留基準がないもの,B厚生労働大臣が指定するもの(対象外物質)に分けられ,対象外物質を除くすべての物質が食品衛生法による規制を受ける。この制度をポジティブリスト制度というよ。
@残留基準があるもの 基準値を越えて農薬等が残留する食品の販売等は禁止されています。
A残留基準がないもの 物質ごとの基準はありませんが,一律基準(0.01ppm)を越えて農薬等が残留する食品の販売等は禁止されます。
B対象外物質 カリウムや鉄など,人の健康を損なうおそれがない物質については,食品衛生法による規制は受けません。
 
どんな対策がとられているの?
旭川市では,食品衛生監視指導計画に基づき,
市場に流通する食品について収去検査を実施している。
検査の結果,使用の認められていないものが検出された場合や,認められていてもその量が基準値を超えている場合には,その食品の販売を禁止したり,製造者に対し指導を行ったりするんだ。
また,輸入品については,国(検疫所)などによる収去検査が行われているよ。
収去検査 検査を目的として,食品の必要最小限度量を無償で採取し,規格基準等に違反していないかどうか検査することを言います。収去検査の実施状況については,旭川市食品衛生監視指導計画の中で公表しています。
 
もっと詳しく知りたいな!
厚生労働省のHPにさらに詳しい情報が載っているから参考にしてみてね。


▲このページのTOPへ



その他

ここではQ&A方式で食品中のその他の化学物質について解説します。

★食品中の残留農薬等Q&A
野菜や魚にはもともと化学物質が含まれているって聞いたけど?
自然界には水銀やカドミウムなどさまざまな化学物質が存在していて,そこで栽培・収穫・採取される農畜水産物には,多少なりともこれらの化学物質が含まているんだ。
多くの場合,その量は微量でさほど心配する必要はないが,化学物質を多く含む土壌で栽培された食品を摂取する場合や妊娠している人が魚を摂取する場合などは注意が必要だ。
 
どんな対策がとられているの?
食品中の化学物質については,国レベルでの調査研究が進められていて,この結果をもとにさまざまな対策がとられている。現在,旭川市独自の取り組みはないが,関係機関からの情報を衛生検査課のホームページや各種メディアを通じて市民のみなさんにお知らせしているんだ。
   
もっと詳しく知りたいな!
厚生労働省のHPにさらに詳しい情報が載っているから参考にしてみてね。


▲このページのTOPへ




 旭川市保健所衛生検査課 食品保健係                
〒070-8525 旭川市7条通10丁目第三庁舎保健所棟1F
TEL 26-1111(内線2973) FAX 26-8201       
E-mail:eiseikensa@city.asahikawa.hokkaido.jp