春光台公園

最終更新日 2016年2月24日

ページID 004753

印刷

住所

旭川市字近文5・6線3号~5線5号

電話番号(代表)

0166-52-0694(指定管理者 旭川市公園緑地協会 春光台公園管理事務所)

ファクス番号

0166-55-0550(指定管理者 旭川市公園緑地協会)

受付時間

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)

春光台公園 総合案内板

Google マップに移動して表示する
(新しいウインドウが開き旭川市のサイトを離れます)

春光台公園 総合案内板

春光台公園 総合案内板(拡大)(画像形式(JPG) 264キロバイト)

主な施設

  • 市民の森
  • 冒険広場(フィールドアスレチック20基)
  • キャンプ場
  • 宝くじ遊園
  • 歩くスキーコース(5km)
  • パークゴルフ場
  • 文学の小径

環境学習広場

ミズバショウの観察デッキができました。ぜひご利用下さい。

春光台公園の沢筋には、約750メートルに渡ってミズバショウが自生しています。見ごろは4月下旬です。
デッキが出来たので、車椅子の方も安心してミズバショウを観察できます。

観察デッキの写真
観察デッキの写真(別角度)

春光台公園でのミズバショウ保全・復元の取り組みの紹介

生育数調査の様子の写真

4月
ミズバショウの生育数調査の様子です。定点観測を行い、個体数の変化を調査しています。
(年1回実施)
 

帰化植物の撤去作業の写真

6月・11月
オニシモツケや帰化植物(外国から入ってきた植物)であるオオハンゴンソウの撤去作業。
(年2回実施)
 

水をせきとめる様子の写真
水をせきとめる様子の写真(別角度)
つくられた湿地の写真
つくられた湿地の写真(別角度)

水を堰きとめ、広い範囲に水を回し新たな場所に湿地をつくってみました。種子が流れこみ、ミズバショウの生育区域が広がることを期待しています。

「春光台公園ミズバショウ保全・復元検討会」の問合せ先

旭川市公園みどり課 管理緑化係 電話0166-25-9705(直通)
活動に興味のある方は、お気軽に問い合わせください。

展望広場

展望広場の写真

春光台公園は、旭川市街地をとりまく嵐山、近文台から続くなだらかな丘陵地にあります。展望広場からは、旭川市街地や大雪連峰への眺望を楽しむ事ができます。

寄生木の碑広場

寄生木の碑広場の写真

このあたりは、明治30年代に旧陸軍第七師団を中心にしてまちが開けました。その第七師団見習士官だった小笠原善平をモデルとした小説「寄生木」を書いた明治の文豪・徳富蘆花は、小説の舞台である春光台を訪れ歩いたとされています。
「環境学習広場駐車場」から、園路の整備が完了し、「ミズバショウ観察デッキ」から「展望広場」から「寄生木の碑広場」までは、車椅子での通行が可能になりました。