シロテテナガザル

最終更新日 2016年3月25日

ページID 056062

印刷

動物の解説

学名Hylobates lar

英名White-handed Gibbon

分類ほ乳綱 霊長(サル)目 テナガザル科

サイズ体長:45~60cm
体重:5.3~5.7kg

寿命約25年

展示場所てながざる館

シロテテナガザル

生息地

シロテテナガザル生息地(画像)

タイ、マレー半島、スマトラ北部

体毛には様々な色がありますが、顔の周囲、手足が白いことが特徴です。
長い腕、他の指から大きく離れた手の親指を持ちます。そして、手で枝を交互に握りながら、体を振って枝から枝へ腕渡り(ブラキエーション)をします。
旭山動物園では、木やロープを遊び道具として設置しおり、それらを使って遊んでいる様子が見られます。また、施設の壁に沿って棒が突き出ており、その棒を使って「うんてい」のような動きは必見です。スピードと身軽さにぜひ注目してください。