ワオキツネザル

最終更新日 2016年6月18日

ページID 056963

印刷

動物の解説

学名Lemur catte

英名Ring-tailed Lemur

分類ほ乳綱 霊長(サル)目 キツネザル科

サイズ頭胴長:39~46cm
尾長:56~63cm
体重:2.3~3.5kg

寿命約15年

展示場所サル舎

ワオキツネザル

生息地

ワオキツネザル生息地(画像)

マダガスカル島
の南部

 長い尾には白地に黒の輪状の模様があり、顔がキツネのようにとがっていることから、名前がつけられました。現在は、生息地の開発などにより減少し、絶滅が心配されています。
 ワオキツネザルはサルの仲間でも原始的なサルであり、体温調節機能が十分に発達していません。そのため、1日のはじまりは、座ったまま両腕を広げ、朝日をたっぷり浴び体温を上げてから行動します。
 旭山動物園のワオキツネザルは、太陽の日差しが強いときには、両手を広げ日なったぼっこをしています。その顔はとても気持ちの良さそうな顔をしています。また、寒いときには、尾を体に巻き、団子のようにみんなかたまって寒さに耐えている姿も見られます。