アフリカタテガミヤマアラシ

最終更新日 2016年5月25日

ページID 056691

印刷

動物の解説

学名Hystrix cristata

英名African Porcupine

分類ほ乳綱 げっ歯(ネズミ目) ヤマアラシ科

サイズ体長:60~83cm 
体重:13.0~27.0kg

寿命約12~15年

展示場所小獣舎

アフリカタテガミヤマアラシ

生息地

アフリカタテガミヤマアラシ生息地(画像)

アフリカ中部~北部

 背中には長くてがんじょうな、白色と黒色の円筒状の剛毛で全身がおおわれています。尾は短く、先っぽは細い茎状の基部をもち、先端が開いた中空のとげの房です。尾を振ると「ガラガラ」という特徴的な音がし、侵入者に対しての警告音となります。
 ヤマアラシは、穴を掘る習性があり、旭山動物園では「ヤマアラシトンネル」を作り、その中にヤマアラシが安心していられるような場所があります。外でヤマアラシが見あたらない場合は、トンネルの中をのぞいてみてください。きっと団子のようにかたまっていますよ!