【とんこも感激ぃ~!?】

最終更新日 2018年5月24日

ページID 064064

印刷

【とんこも感激ぃ~!?】
 

1


 某ハチミツ屋さんから、ハチミツを一斗缶で寄贈してもらいました。
 

2
 

 でも時間が経つと固まり「結晶化」しちゃいました・・・
 みなさんのご家庭でも、ハチミツを放置してたらガチガチに固まってしまったこと、あるんじゃないでしょうか。

 でもそんな時、ハチミツを元に戻す方法があるんです。
 それは・・・
「湯煎する」のです。
 ハチミツは15度以下になると結晶化してしまうので、それ以上に温度を上げてやるわけです。

3


 もうじゅう館裏には給湯器があり、75度のお湯が出ます。ハチミツをプラスチック容器に小分けし、じっくり湯煎すると・・・

4
 

 あ~らふしぎ!元どおり「シャバシャバな」ハチミツに復活します。
 ただしけっこう時間かかります。ガラス容器だと熱伝導が悪いので、プラスチック容器で湯煎するのがベストです。

5
 

 とんこも喜んで、べろり~んとハチミツをなめています。舌めっちゃ長っ!!

「でも時間が経てばまた結晶化しちゃうんじゃない?」と心配な貴方!
 ハチミツを結晶化させずに保存する裏ワザがあるんです。
 それは・・・

「冷凍庫で保存する」のです!
 ハチミツが結晶化する温度は5度~15度の間。家庭用冷凍庫で-10度~-15度ぐらいに冷やすと、ハチミツは結晶化することも無く、凍ってしまうこともありません。

6
 

 冷やすと水あめのように固くなりますが、このとおり問題なく使えます。
 ご家庭であれば、使う時だけ冷凍庫から取り出し、使い終わったらまた冷凍庫に戻す。これだけでOK!

1.ハチミツは冷凍庫で保存すれば結晶化しない
2.もし結晶化してしまったら、湯煎すれば元通りになる

 予めプラスチック容器のハチミツを買えば、結晶化させてしまった時に湯煎で戻しやすい、ともいえますね。 みなさんもぜひお試しあれ!
 飼育係はときに「カリスマ主婦」でもある!??

・・・スミマセン言い過ぎました。本当はネットで調べたニワカ知識なのでした。
 にしても、飼育係にはポリバレントな能力が求められます。

 とんこがハチミツをなめる様子を動画でご覧になりたい方はコチラ↓
www.youtube.com/watch
 ヒグマの意外なほど長い舌をご覧ください。

(もうじゅう館担当:大西 敏文)