【リヒト】

最終更新日 2018年4月3日

ページID 063733

印刷

【リヒト】


 ユキヒョウのリヒトは大森山動物園へ無事到着しました。
 リヒトのこれまでの生い立ちを、写真で振り返ってみましょう。

リヒト1
 2016年5月5日。はじめまして!リヒトです。


2

3
 2016年6月15日。展示訓練中。リヒトを「出待ち」する来園者もいました。


4
 2016年6月16日。体長測定。まるで無抵抗。


5
 2016年7月30日。ちょっとユキヒョウらしくなってきた。


6
 2016年9月3日。保定できる限界に近い大きさに。
 


7
 2016年11月26日。ジーマとの体格差が少なくなってきた。


8
 2017年11月23日。上の写真から一年後。精悍な表情に。



 YouTubeの旭山動物園公式ページでも、リヒトの動画をいくつか公開しています。
 そちらのURLも、あらためてご紹介しておきましょう。

誕生の瞬間 https://youtu.be/VDwOXgn7ZGs
 ジーマがぐるぐる回り、遠心力でポーンと誕生!

22日齢 https://youtu.be/a07tXo829dw
 子を目視で確認。サッと確認したらすぐジーマを戻していました。

46日齢 https://youtu.be/3yuHnck8l5o
 まるまる太ってカブトガニのようなフォルムに。

6月 展示訓練中 https://youtu.be/aTAMbgtnB5s
 落ちるんかい!まだ2カ月齢だもんね。

6月16日の保定 https://youtu.be/Qdpi1_8VJc8 

 動画の日付、正確には6月16日です。

9月19日の保定 https://youtu.be/RY0Y8SmUgBE
 生後5か月。かなり大きいですが、この段階でもほとんど無抵抗でした。


 リヒトは「ユキヒョウの子がいかに急成長するか」を、ジーマは「ユキヒョウがいかに愛情深く子育てするか」を、私たちに教えてくれました。
 人智未踏の中央アジアに生息する美しき肉食獣の生態に、少しだけ触れられたような気がします。
 

 そんなリヒトももうすぐ2才。表情にはわずかに幼さが残っていますが、すでに体重は両親より重くなっています。

 人間の世界もちょうど新年度。4月から新生活をスタートする方もおられるでしょう。
 リヒトもまさに新生活のスタートです!

 リヒト!今までありがとう!
 そして翔け!“光”輝く未来へ!!
(もうじゅう館担当:大西 敏文)