旭山にゅーす・ぶろぐ

【お知らせ】一覧

このページでは「お知らせ」の記事のみを掲載しています。

「お知らせ」ではイベントなどタイムリーな情報を紹介します。

2017年1月のお知らせの記事

2017年2月の壁紙カレンダーができました

2月カレンダー

 2月のWEBカレンダーの動物はシロフクロウです。

  

 今月のカレンダーは「シロフクロウ」です。写真は、毎年2月に開催される旭山動物園の人気イベント「雪あかりの動物園」の期間中に撮影されたものです。今年は2月7日~12日に開催。園内ではたくさんのキャンドルが灯り、いつもとは違った冬の夜の動物達を観察することができます。

 野生のシロフクロウは北極圏のツンドラ地帯に生息し、北海道に渡来することもあります。

 オスは純白で、メスは黒や褐色の細かな斑点があるのが特徴です。極寒地での体温保持の為、足の指先まで羽毛が生えています。体が白いので冬になると雪景色の中に溶け込んでしまいます。

 平成28年の夏期開園からシロフクロウ舎の網を細く張り替えたので、とても見やすくなりました。

 冬のシロフクロウをぜひご覧くださいね。

WEBカレンダーのダウンロードはこちら

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。

【800×600】  
【1024×768】  
【1280×1024】
【1280×800】  
【1366×768】  
【1680×1050】

 

過去のカレンダーはこちらからご覧ください
2017年1月分(ニワトリ(ポーリッシュ))
2016年12月分(エゾタヌキ)
2016年11月分(レッサーパンダ)
2016年10月分(シンリンオオカミ)
2016年9月分(ヨーロッパフラミンゴ)
2016年8月分(シロテテナガザル)
2016年7月分(アムールトラ・ユキヒョウ)
2016年6月分(アビシニアコロブス)
2016年5月分(シマフクロウ)
2016年4月分(レッサーパンダ)
2016年3月分(オオタカ)
2016年2月分(エゾユキウサギ)

 

「旭川市旭山動物園開園50周年記念事業ロゴマーク」が完成しました

 旭山動物園50周年ロゴ

※上記はサンプル画像のため、「SAMPLE」の文字が入っています。

旭川市旭山動物園は、今年7月1日に開園50周年を迎えます。

これを記念して、この度「旭川市旭山動物園開園50周年記念事業ロゴマーク」を作成しました。

・ 

このロゴマークは申請により、どなたでも御利用いただけます(使用に当たっての諸条件あり)。

皆さまに広く御利用いただければと思います。

使用を検討される方は広報担当までお問合せください。

旭山動物園開園50周年記念事業の実施について(平成29年4月29日公表分)

デザインコンセプトについて 

 旭山動物園のコンセプト「伝えるのは、命」というメッセージを表す動物として、当園で飼育している「シンリンオオカミ」をモチーフにデザインしました。

 このデザインには、日本で初めて人の手により絶滅させた動物がエゾオオカミだったことから、オオカミという生き物を通して、野生動物との共存や環境保全について、当園の50周年を節目に少しでも考えてほしい、という思いを込めています。

 そして全体的には、記念すべき節目となる50周年が一目で分かるようなシンプルなデザインとしました。

開園50周年記念ロゴマークの使用について

使用申請書について

ロゴマークを使用する際は、使用申請書を提出していただく必要があります。

また、申請書の提出に当たっては、「使用要綱」及び「基本デザイン使用マニュアル」の内容を承知いただいた上で、御利用願います。

使用要綱

基本デザイン使用マニュアル

旭山動物園50周年ロゴ使用マニュアル
 基本デザイン使用マニュアル

 

 基本デザイン使用マニュアルをご覧になりたい方は、下記のリンクをクリックして閲覧してください。

 基本デザイン使用マニュアルに記載されていない事項に関してご質問のある方は動物園の広報担当までお問合せください。

旭川市旭山動物園開園50周年記念事業ロゴマーク 基本デザイン使用マニュアル(PDF形式 656キロバイト)

提供可能なファイル形式について

提供可能なファイル形式は aipdfjpgとなっております。

問合せ先

旭川市旭山動物園

広報担当

電話:0166-36-1104