JAL「旭山動物園開園50周年記念」特別塗装機が就航しました(11月8日)

最終更新日 2017年11月8日

ページID 062781

印刷

JAL「旭山動物園開園50周年記念」特別塗装機が就航しました(11月8日)

502

(11月8日・JAL旭川関係者の方々と坂東園長)


JAL(日本航空)は、この度旭川市旭山動物園が今年開園50周年を迎えたことを記念し、11月8日より旭山動物園開園50周年記念事業ロゴマークを施した特別塗装機を全国で就航いたしました。

JALは、2007年よりJAL北海道キャンペーン対象ツアー参加の特典として、旭山動物園と札幌・旭川市内のホテルを結ぶ無料バス「JAL旭山動物園号」の運行を開始しており、開園50周年となる今年は、旭川空港のJAL出発カウンターで、旭山動物園の可愛い動物たちのぬいぐるみを展示しているほか、5月5日の「JALこいのぼりフライト」でのタイアップ、10月の国内線機内エンターテイメント「パックンマックンのなるほど日本!旅サーチ」で旭山動物園を紹介するなど、節目の年を盛り上げる取り組みなどをいくつも行っていただいており、心からから感謝申し上げたいと思います。

【プレスリリース】 JAL「旭山動物園開園50周年記念」特別塗装機を就航(PDF形式 182キロバイト)

特別塗装機の概要

運航期間

 2017年11月~2018年6月下旬予定。

 ※旭川空港初乗り入れは、11月8日(水) JAL555便(東京(羽田)-旭川)となり、当日は坂東園長ほか当園職員が旭川空港を訪れ、JAL旭川スタッフの皆様と共に、特別塗装機・出発便に搭乗される方々へ、記念品配布を行いました(写真)。

配布1
 
配布2
 
 

機材

 ボーイング767-300型機(機番:JA8976)

デザイン 

 機体後方の「旭山動物園開園50周年記念ロゴマーク」とともに「JALは旭山動物園を応援しています」のメッセージが表示されています。

JAL50th

501
(実際の様子・2枚・11月8日撮影)
5000